So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

迷走中

 


西家スタート


東1局に積まれて


東2局は捌く必要があった。


そこからはいる、場況の精査こそが麻雀の思考のはじまりだ。


時間制限のある対局なので、積まれるとオーラスまで辿り着かない。


半荘の途中で、終局となること、そのことがたまらなく嫌だ。


個人的には、時間内にオーラスに辿り着けないゲームは


麻雀として成立していない、と考えている。


麻雀は、他家の親をいかに落とすか?がとても大切。


自分の親をいかに消化するか?ことよりも


とても大切なことなのだけれど、なかなかままならない。


 まだ、つかさ会の多くの仲間は、「麻雀が、半荘単位」のゲーム


であることがよく理解できていない。


親は積めばよい。


親には振らないほうがよい。


そのステージを越えることができていない。


親はメリットばかりではない。


親に振らないようにすることよりも


親に振らないようにしなければならない


局面をつくらないことのほうが大切だ。


最近、温度の高い参加者が数名いるので、


余計なことを口に出しそうになる。


麻雀は、ひとぞれぞれで!


他人の麻雀に口出しは、諸刃の剣で!


本気で厳しくやると、きつくてだれもついてこれない!


(自分もきついし)


そういう気持ちはマイナスで、だれもしあわせになれない、


ということは、もうイヤというほど思い知ったのに


それでも、気持ちのどこかで、


そういう麻雀を求めている。


一局、一打でもいい、全身全霊を賭けて挑みたい。


混じりけのない真っ白な麻雀。


楽しくはない。


楽しくはないけれど、何かの真実に近づいている


あのなんともいえない充足感と、高揚感。


そして、その日々こそを、楽しかった、と思う自分がここにいる。


あの呼吸すらままならない、緊張のなかのあの麻雀こそを


求めて止まない自分がいる。


何が本当なのか、自分でもよくわからない。


楽しいことが楽しいのか、


苦しいけれど、挑戦することが、結果楽しいのか?


わからないのだけれど。でも、


けれど、現地点では、仲良し麻雀や、楽しい麻雀が、


自分の麻雀の「本当でないこと」だけは間違いがなさそうだ。


でもね、自分の麻雀を強要したり、それ以外の麻雀を


否定した地点で世界は終わるから。


肯定の先に自分の麻雀を重ねたい。


でも、どうすればいいのか、わからない。


だから、ただ、現在は、


いつか起こるかもしれないレゾナンスを信じて


ひたすら静謐に、他人の麻雀を見つめることしかできないのだ。


 


 


 9vgofw8p554lkxy.jpg


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 

数は続けてくる [閑話休題]

 


一気通貫って、響きがまずかっこいい。


「イッツー」


とか、麻雀でしか使わない言葉だし、


なんか本当、麻雀わかってる空気ぱねえ。


麻雀を覚えて間もない頃は、


このイッツーって役を狙い続けていた時期もある。


けれど、慣れてくると、このイッツーっていう役の


使い勝手の悪さに具合が悪くなる日もある。


:::::::::::::::::::::::::::

東場。


3局かな?


わたくし、

西家。原点位。


南家がすこし点棒を持っているくらい。


5巡目くらいかしら?


ドラは、八ワン。


一一二五六七八九②③④77


このシャンテンに8ソウを持ってきました。


ここからであれば、二を切って



一一五六七八九②③④778
このパーフェクツイーシャンテンに構える。
そうそう、それがセオリーなのだ。
8ソウを引いた意味を考えれば、
6ソウ9ソウで和了しなさい、って教えてくれているのかも
知れないですし、おすし。
一二三五六七八九②③④77
よしんばこのテンパイになったところで
七が打たれたなら、それまで。
七を先に引いたなら、
一一二五六七八九②③④77
一一二五六七七八九②③④77
こんなテンパイになる可能性もある。
だから、裏目が三ワンだけ、という
一一五六七八九②③④778
このシャンテンに構えるべき。
なのだけれど・・・
そういうこととは別の感覚があって、
そんな当たり前のこととは別に、牌のあとさきを意識してしまう。
手順ならば、二切り。
ではなぜ、イッツー含みのシャンテンになっているのか、
ということ、マンズが安いということと、
いよいよになれば、食い仕掛けも効く、なんてことも合わせて
8ソウをたたき切る。
でも一番の理由は、牌の形。
これは、オカルトな理由になるのだけれど、
一一二五六七八九②③④77
三→四
もしくは、
四→三
と、順番にひけばよいだけ。
数は続けてくる。
それが、ツモ牌だったり、
他家からの手出しだったり、
とにかく、続けて出てくることが多いと思う。
色と数は繋がりやすい。
場に安い色、というのは、それだけ他家が使用してなく
尚且つ、牌山にいる可能性が高い可能性もある。
麻雀って、ツモに数が繋がっていることも多いから、
やや場に高いソーズ、よりも安いマンズを軸に。
6ソウ引いたり9ソウ引いたりするよりも、
はるかに簡単なイメージがある。
結局、四ワンを引き、三ワンで和了しました。





 ブレードランナー→http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

ピンフドラ1とイッツー [閑話休題]

 


ピンフドラ1は、だいたいリーチ。


競技だと、ダマのほうがいいかな?という気もするけれど、


ツモ和了でもかなった日には、もう、勝ち確定くらい、破壊力がある。


一発とか、裏ドラとかがあるルールなら、なおのこと、だ。


ピンフは噂によると、3割くらいは「裏ドラ」が乗るらしい。


赤ありだと、これはもう最強レベルのリーチになりますから、ええ。


簡単に言うと、


「ピンフドラ1は、いつもリーチ」


だから、

「ピンフドラ1を狙おう!」


ということです。ええ。


でもね、麻雀なんて「基本どおり」にいくことなんて、


そんなにない、と思うん。

:::::::::::::::::::::::::::

東場。


3局かな?


わたくし、

西家。原点位。


南家がすこし点棒を持っているくらい。


5巡目くらいかしら?


ドラは、八ワン。


一一二五六七八九②③④77


このシャンテンに8ソウを持ってきました。



 ブレードランナー→http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

イッツーと三色 [閑話休題]

 イッツーと三色


どちらも2役だけれど、そのポテンシャルは全然違う。


①複合できる手役


イッツーは


ホンイツとピンフとイーペーコー


三色は


チャンタとジュンチャンとピンフとイーペーコー


とタンヤオ


こうして比較をしてみると


イッツーは「色」が強い手役で


三色は、「数」が強い手役、というイメージ。


複合させることができる手役も、


(クイタンのあるルールであればなおのこと)


やはり三色のほうが有利である。


わたしは、例えばピンズであれば、


①と⑨2つの牌が手牌に組まれていて


連続が困難な分断された形の場合は、


①②③⑥⑦⑧⑨


こういうときは、チャンタをみつめるし


①と⑨が少ない形で連続している場合であれば


①②③④⑤⑥⑦


こういうときは、三色をみつめる。


イッツーは個人的には、とても難解な手役。


ピンフ軸で組むときに、見失わないように


注意をするくらいな感覚だ。




mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(1)  コメント(0) 

幼稚園からのチャンタ(再録) [麻雀レシピ]

みなさん、チャンタという役をご存知だろうか?


一発、赤、ありが横行する現行の麻雀ルール下において、


いまや絶滅危惧種、もしくは都市伝説となりつつある古役である。


実は、このチャンタ。


見落とさなければかなりの高確率でテンパイする。


4から6までの、牌の形に惑わされてみえにくくなっているだけなのだ。


例えば、 6巡目  


ドラも全く触ってくれない下記の形(ドラ⑥)


一七八九①②③⑨⑨⑨5788


カン6ソウのなんでもないテンパイである。


4ソウを引いて両面待ちでリーチ。


9ソウを引いて5ソウ単騎


その後⑦や⑧を引いてチャンタ三色という手筋もあるけれど、


ここでは、私は、カン6ソウのテンパイをとらない8ソウ切りを推奨したい。


8ソウを先切りして、5ソウ。


チャンタのにおいを消す逆切り。(8ソウ5ソウ)


一を引けば69ソウ待ち。


先に9ソウを引けば、一ワン単騎で渡り、⑦や⑧ツモの最終形を目指す。


一七八九①②③⑨⑨⑨789


七八九①②③⑦⑨⑨⑨789


他にも


六七八八八九①②③⑦⑧⑨北北


などの役なしの形も、そのままリーチへ行かずに


一度六あたりをはずし


七八八九九①②③⑦⑧⑨北北


七八九①②③⑦⑧⑨東東北北


などに組みなおしたい。


イーシャンテン戻しの価値に見合う高得点のリカバリー。


それがチャンタ、である。


いわゆる「奇跡の逆転ファイター」のような手役だ。


ちなみに「食い仕掛け」で、高得点の手役を組めるナンバー1はチャンタだ。


「チャンタは、愚形で遅い」、よく指摘されるチャンタの欠点。


これもその限りではない、と私は思う。 食い仕掛ければ3倍速だ。


みなさんも流局時にご自分の捨て牌を眺めてみていただきたい。


かなりの高確率でチャンタが捨てられていることに気づくだろう。


ちなみに以下の配牌は全てチャンタに仕上がっている。


過去の私のメモから。


●東3局 南家 ドラ⑦


一二四六⑤⑨1249東南北


↓ ①①⑦⑨123  チー 三二一 ポン999 で9巡目 3900点


9ソウポンからの牽制で、ピンズの下が安牌候補、そして、取れそうな牌になる。  


ドラの⑦を食い取り、充分形へ。


●オーラス親 ドラ① 32000点の二着目


一一二五六①③④⑨⑨899


一二三①①⑦⑧⑨89 ポン 九九九 14巡目 11,600点


これも、ドラを他家に意識させる仕掛けで、字牌などを打ちにくくさせ、追いつく。


場に5ソウが4枚見えた地点で7ソウ取りを決断。リーチ者より7ソウを拾う。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


そして、このチャンタとトイツががうまく絡むと黄金の一発が生まれる可能性もある。


チンロートー。


私の中では、字一色より和了しやすい役満との位置づけである。


みなさんも、ほんの心の片隅にでもチャンタを置いていただければ、


それだけで 私もチャンタも救われます。


ええ。


画像:「奇跡の逆転ファイター」といえばこのひと、「キン肉スグル」である。 20061113213638.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

マナー?って? [閑話休題]

 麻雀は、地元で覚えた。


完全先付け。


オーラストップ目が33300に届かない場合、西入りあり。


赤は3.


南場はノーテンでも親番は流れない。


つみ棒は、1本場1500点。


あと、捨て牌は6枚切りではなく永遠にヨコに続く


万里の長城タイプ。


関東に進学をして、フリー麻雀を覚えた私は、


その帰省した夏、その地元のルールの改変をはかる。


「クイタン?鳴いてタンヤオとか、何点や?500点か?」


「西入りなし、とか、33300なしのトップとか意味ないわ!」


「はあ?積棒300?そんなしみったれた点数ならいらんわ!」


と、非難ごうごうだったのだが、


捨て牌6枚切り。


「なんでや!」


と、友人たちは、かなりの剣幕。


「1段目は、前半、2段目は中盤・・・」


と説明をするのだけど、


牌を長く並べたい、という願望には叶わない。


もっと簡単にいうと6枚きりの麻雀など楽しくない、ということなのである。


どうして、おまえはそんな関東ルールでうちたいんや?


との純粋な問い。


よく考えてみれば、別に仲間内のセットだし、ルールなんて


みんなで決めればいいや、とすぐに思い直した。


麻雀の目的は、ひとそれぞれ。


同卓者が納得しているのであれば、


どんな所作で牌を握っても構わない、と私は思うのだ。


強打や引きツモ、小手返し。


打っている人間が楽しいのであれば、


本当に「それが何より」ではないだろうか?


勝手に麻雀とはこうあるべき、だなんて決め付けてしまうよりは


はるかに価値があるような気がしてならないのだ。


「発声しろ!」とか「牌山を前に出せ!」とか


マナーを強く主張するひとをみかけるけれど、


それって、そんなに偉そうに強要するべきことなの?と思う。


それよりも、いっしょに楽しく打とうよ!の気持ちが大事。


そのうえで、周りへの気遣いがあれば、それでいいじゃない?


マナーは、守らなければならないことはなくって、


気がつくと、身についているもの。


強要することもまた、一歩間違えば、マナ悪、ということにならないだろうか?




mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

チャンタ都市伝説 [TSUKASA会]

一発赤裏チップ有りの麻雀で


チャンタとか三色に拘っていては、まず勝てない。


⑥⑦⑨


からの⑥切り


①③④


からの④切り


どちらも最大の魅力である赤⑤の受けを拒否する手組だ。


赤有りのルールでそれは自殺行為。


以下再録です。


:::::::::::::::::::::::::::::::


K氏を、完膚なまでに・・・・ そう、心を折りたい。


ノーレートで心を折ることは、並大抵のことではできない。


もう、やだっ! って、思って欲しいのだ。


点棒的には、数千点、私が上回ってのオーラスだけれど、内容的には もう一撃くらわしたい。


そう思い配牌を取る。


南家 オーラス ドラ1 配牌 二七九①①⑨⑨4南南西西北


チャンタの神様!キタコレ! 第一ツモ⑨  打4


そして、ダブ南をポン。 西をポン。 ①①⑨⑨⑨七九  南南南ポン 西西西ポン


ダブ南チャンタのテンパイ。 できれば、①を鳴き、九を1に変えて、ドラの1単騎のハネマンにしたい。


続いて①ツモ ①①①⑨⑨⑨九 南南南ポン  西西西ポン 南をつもる。


4枚目。


リーチをかけることのできる親がいるのに、加カンが愚の骨頂。


でも私は、この4枚目の南をツモッた意味を考える。


①私は、完封勝利を目指したい!


②現在、2位のK氏との点差は微々たるもの。(安全マージンとはいえない)


③上家の親は、点棒ちょっぴり。1.2回和了されても、俺が振り込まなきゃそれでよい。


④これ、あれじゃない?フォーカンツ。その前兆演出。


私は、ポンをしまくる雀風のため、過去に2回、フォーカンツの経験がある。


この間も、4回カンできたし。  これは、天啓だろう!


いっけええええ! カン! 新ドラペロリン。 九 だが、期待の4枚目の西はK氏に切られる。


フォーカンツがなくなった。


・・・ だが、 ダブ南 ホンロートイトイドラドラ でバイマン。


その後、4枚目の①を持ってくる。 カーーーーーーーーーーーーん!


新ドラ ペロリン ⑧ これで、⑨をカンして、リンシャンでツモれば、トリプルだ。


けれど、私は、⑨のカンはやりすぎじゃない?と感じていた。


いまさらだけど受けの牌がなくなる。


フォーカンツであれば、晒し役満確定。


全員、降りるだろう、だが・・・ 冷静に考える。


もし、親や他家がリーチに来ても、⑨を切って3巡受けることができる。


このセーフティは捨てがたい。


他家が、「間違いなくオリた」と確信できる牌が打ち出されるまで、3カンツの⑨カンはない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 結果、和了できず。⑨も場に打たれず。


河を眺めて、ガックンチョになる。


あ、これ、ショウスーシーだったのか・・・


北が、自分の河にたくさん。


4巡目の北が早すぎた。


大きく、和了する気持ちがあり、あの配牌をもらっておきながら・・。


カン八の5200点、テンパイなど、とらねばよかった。


46二北④七 北六2③9五 三2北82九


①①①⑨⑨⑨9      南南南南 ミンカン 西西西 


アンカン ドラ1九⑧ トップではあったけれど、 なんだか、失敗した感の強い麻雀だったなあ。



tりぷる.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

宿痾 [閑話休題]

 


ない、と思っていても、ある、のが癖。


自分のクセなんて特にみえない。


そもそも人間、他人のことは見えるけれど


自分のことは見えにくいものなのだから。


聴牌のときに、ツモリ方が変わったり、


よい待ちのときは、ツモリ方が勢いよくなったり、


自分からみて危険な牌はこころなしか、強く切ったり、


なんかそういうクセ、というか、習慣は


なかなか直らないし、直せないものだ。


その昔、


「先生、テンパイのときにツモリ方がかわってしまって


テンパイがばれてしまって、ダマがダマにならないのですが


どうしたらよいでしょうか?」


と、訊ねたことがある。


ダマがダマにならない、なんて、ダマ、としての意味がない。


自分では、どうしても聴牌時は


わくわくが度を越して、ツモり方に影響がでてしまうのだ。


師匠は真顔で、


「ノーテンと思って切りなさい。」


と、教えてくださった。


そうか、テンパイであってもノーテンと思って切れば


テンパイということはばれないのか!


たしかに!


それで、試してみたけれど、全然ダメ。


テンパイなのに、ノーテンだなんて思えない。


結局、対策としては


①モーパイしない。


②リーチをかけたあとでも、ツモを楽しむ。


③和了への想いで牌をぐりぐりしない。


この3つを頑張ることにしているけれど、


自分の場合も、


テンパイもシャンテンも全てクセがでているらしい。


こういうクセを隠す為に、他の所作をおおげさにすると


テンパイしゃみ、と思われるから、それも注意しなければならない。





mqvbE8Uc_400x400.jpg


 


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(2) 

めのまえのげんじつ [閑話休題]

 


リーチ棒がでれば、(トップ目の天鳳かぶれのフカ直撃)


12000をフカにぶちあてればよい。


(そうでなければ、1300.2600とかで、他家の首を切る)


ほんのわずかであっても、その可能性を手牌に持たせることで


なんだか、麻雀は心地よい。


てか、そういうのが楽しいんだもの。


四①①③⑥⑥88南西西北中 ツモ南


南を引いた直後


下家シミケンから8ソウが打たれた。

「ぽん!」


続いてまたもや下家のシミケンが打⑥


(おっとソイツが出るのか?)


「ぽん!」


①①③南南西西中 ポン⑥⑥⑥  ポン888


どうしようっかな~


この特定状況では、ドラは早めに(他家が聴牌する前に)


切り出したほうがよいけれど、


もし、③が重なれば、12000も望めるし、


下家の河にあわせることができれば、


「将来その河を追って打つフカ」から直撃を取れる可能性もゼロではない。


フカは下家シミケンへの振込みはできないわけだし・・・


下家は、⑥手だし、④ツモ切り。


まあ、③は③単騎くらいしか、刺さらない。


で中を切って


①①③南南西西 ポン⑥⑥⑥  ポン888
このめいっぱいの形に構えた瞬間に



リーチ!


下家シミケンのリーチ。


で、西ツモ


リーチ棒がでて、ハネフカ直のめが出てきた。

①①③南南西西西 ポン⑥⑥⑥  ポン888


①だ、①をきるんだ。


でも、そんな悠長なこと。


間に合うわけない。


そもそも、フカ直用の手組になってないし、そんなのちょっとムリくない?


でもさ、③重ねて、南和了で2着まであるんだよ?


簡単じゃね?


でも、それ叶うなら、リーチとか打たれてないんじゃない?


リーチを打たれているってことは間に合っていない、ということでしょ。


でもさ、8000点で充分だよ。


そもそも、フカ直フカ直とか、言ってるけど


配牌でそんなこと本当はあんまり考えてなかったし。


考えてるなら、⑥から仕掛けないだろうし。


(ソーズのホンイツに見せかけてピンズで取る)


下家のリーチはドラ単騎じゃない限り、③はあんしん。


そもそも変則手丸出しの捨て牌でリーチに来る、ってことは


とっくにドラの③なんて重ねている可能性大じゃね?


てことは、だ。


自分自身、ドラの③を引いての12000なんて


絵に描いたもちだ、ということじゃない?


はやく、はやく、切らないと、他家に迷惑がかかる。


目の前の現実を見つめよう。


打③


ロン!


目の前の現実を見たら振り込みました。ええ。


下家のドラ単騎リーチチートイにぶち込みました。


2着とか、トップとか浮きとか?そういう次元を越えて


ひとり沈みの超絶ラスとなりました。




mqvbE8Uc_400x400.jpg


 


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

逆転のための手組 [閑話休題]

 


どうしようもないくらいボコボコになっている状態からの生還。


これがサイコーに「生きている」を痛感できる。


麻雀についても、そういう展開を好む。


そのオーラス。


全然手も入らないし、どうにもならないムードのオーラス。


けれど、最後の最後に一撃を食らわすために


我慢を重ねてきた大切なオーラス。


つかさ会のルールは


Aトップ 1位 + 12 2位 -2 3位 -4 4位 -6


Bトップ 1位 + 8 2位 +4 3位 -4 4位 -8


Cトップ 1位 + 6 2位 +4 3位 +2 4位 -12


なので、どんなときでもできること、


やるべきことはあるように作られている。


東家


テンホーかぶれのフカ          42000点くらい(ハネマン直撃でもムリ)


南家


リズムマスターのショウ         31000点くらい(1300点直撃 1300 2600ツモ)


北家


イッキツウカンのシミケン        30000点くらい(1000点直撃  500 1000ツモ)


西家


わたくし                18000点くらい


まあ、簡単にいうと、リーチ棒の供託がでれば、ふかにハネチョクで、逆転トップですね。


まず、このままだと、


Cトップ 1位 + 6 2位 +4 3位 +2 4位 -12


で、-12ポイントを食らうので


これを、南家と北家の首を切って(30000点以下にして)


Aトップ 1位 + 12 2位 -2 3位 -4 4位 -6


としたい。


そうすれば、マイナスは6ポイントで済みますから。


1300、2600を軸に組んであわよくばハネマン。


こういう手組にしなくちゃいけない。


ドラは③


私の配牌は4トイツ


四①①③⑥⑥88南西西北中


南中を重ねること、ホンイツを軸に組む。


南や中が重なったあとに、8ソウが出たなら即仕掛けだ。


これは、チートイに組むと、ツモって3000.6000で


トップにはなれない。


まあ、トップになれなくても、ラスから2着になれるのだけれど


配牌時から、それを見切ることはちょっと尚早な気がする。


トイトイなら、ドラさえ重ねてしまえば、役牌の重なり次第では


12000を直撃できる。


ほんのわずかであっても、その可能性を手牌に持たせることで


麻雀はときめく。



四①①③⑥⑥88南西西北中 ツモ南


南を引いた直後


下家から8ソウが打たれた。


トイトイと役牌(とドラ)を使用した総攻撃である。






mqvbE8Uc_400x400.jpg


 


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -