So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

┗(`・∀´・)┛カルイゼそのリーチ。 [TSUKASA会]

リーチ麻雀

リーチを打てれば、とりあえずなんとかなる。

そんなつもりはなかったのだけれど、そんな感じになってしまっていたのだ。

下家のホンイツ仕掛けに、③か⑦を切らねばならない。

一度はイーシャンテンにもどしてのこの状況。

場に枯れた二五待ちのターツを外した。

ピンズは下が軽い。

どちらも尖牌だが、どちらか一枚は押せる。

ここでピンズをしまいこんでしまうことは、誰にでもできる簡単なこと。

だから、何か自分も仕事をするべきだと考えた。

場の状況的には

自分は和了する必要はないけれど、下家がもう一つピンズを動けば親を困らせることができる。

三元牌を一つ仕掛けているから、ペン③、ペン⑦

どちらでチーされても、満貫がみえるので、画面としてはなかなかよい。

ピンズの下である③を切る。

チーされると思いきや、ポン。

その仕掛けで、⑦に⑨がくっついたので、リーチ。

⑦の尖牌に⑨のくっつき。

しかも鳴きによってもたらされたテンパイ。

私なら、リーチだ。

下家の一枚目の三元牌のポンは確かにノータイム過ぎた。

だが、2枚目の三元牌はスルーされている。

そこで、三元牌のリスクをゼロだと思い込んでいた。

自分にとって、都合のよい解釈だけを積み上げてリーチを打つ。

結果、大三元を振り込む。

今思うのは、大三元へのケアとかそういうことではない。

師匠であるひろりんが後ろで見ていても同じようにリーチを打つのか、ということだ。

「先生。私、このリーチにすべてを込めてます。」

と胸をはれるかどうか?

牌の後先の問題なのだから、役満テンパイに挟撃されようが、リーチはリーチだ。

ただそのリーチは、「そうしなければ、後悔する」というくらい思いものでなければならなかったはずだ。

麻雀が、軽い、と思った。

食い仕掛けについては、自己評価としては重く組めている。

受け、形、全て90パーセントの出来。

だが、リーチはどうか?

ウラドラや、一発という偶機を捉えることに意識を奪われすぎてはいないか?

「リーチは最終手段」

というくらい、ひろりん師匠はリーチを打たなかった。

そのことをいまさらながら、思い出す。

調整が必要だ。




3d0656b1c15447fa4b9d85e24ef4d204f3123ea9.jpg



麻雀 ブログランキングへ

三元牌の捌き方(役満の意味を説明できますか?) [哲学する麻雀]

役満は、空気を読まなければダメだと思う。

役満は破壊。その和了に意味はあるのか?

昔、スーアンコーテンパイを組んでいたひろりんのご子息が、

場に一枚切れの白を切った。

その白は親にめちゃめちゃきつい牌。

しかも、その親は北家スタートの癖に60,000点くらい叩いている。

他のみんなが我慢している牌。

「スーアンコーかね?」

トイメンで、後ろ見しているひろりんが寂しそうに口を開く。

少しドヤ顔で、ご子息は手を開く。

だが、場のひりついた空気で、事の重大さを痛感する。

「その牌を切ることについて説明がつくかね?教えてくれんかね?」

しばしの沈黙が続く。

「役満だからかね?」

ご子息は、コクリとうなづく。

「あんた、そんな麻雀打って楽しいかね?」

対局者の全員が、もう既に、役満だからとか、手が入っているから、などどいう、

身勝手な都合で牌を切るステージではなくなっていた。

高い値段の手役や、役満など、対局中なんども目の前をよぎる。

だが、それでも、自分の麻雀をしっかり守れるかどうか、常にそれを問われる。

説明のつかない牌を切ってはいけない。

最高の値段の最高形を慮ることは大切。

だがそれ以上に、場にあった充分形を見つめ、見つけるようにしたい。

ハネマンテンパイだからと、親リーに根拠のない牌を切る。

これは、麻雀ではない。ポンジャンゲームだ。

期待値という言葉を自分のエゴでとらえてはいけない。

私は、根拠ない牌は絶対切らない。

自分が勝負手の時に、切りたくないを切らざるを得ないと感じていることについて

どう真摯向かい合うかである。

よく自分に問うてみよう。

説明のつかない牌を我慢する。打てる。

それでも、トップは取れる。

でも、根拠のある模打の積み重ねの結果のトップでなければ何の意味もない。

例えば

ラス前

トップ目   55,000点

2着     29,000点

3着     25,000点

4着     11,000点


こういうときの、役満ツモは、充分に意味がある。

けれど、役満ツモよりも、トップ目ハネマン直撃の方が遥かに価値があると私は思う。


   


過去の対局から。

東一局の親番で、Y氏が小気味よく点棒を積む。

しっかりと、確実に形が入っていく。

北家の私は、捌く事ができずに点数を削られる。

その3本場。ドラ北

三四九九②③④④⑤⑥⑦⑧⑨

ダマの1000点で、一応①でのイッツーへの振り変わりを待つ。

振り変わってもリーチは打たない。

北家だからだ。

親に対して、ツモ切りオンリーになるなんて論外。

和了することもなく、

Y氏がドラの北を優しく晒す。

ツモチートイドラドラで4000オール。

Y氏の点棒が50000点近い。

もう、これは、自分が捌くしかないのか?

そう思った刹那の、東1局4本場の配牌。

三33③④⑦白白発発中中北 ドラ四

ほんのり大三元も見える。

ホンイツもみえるけれど、これは牽制の効くトイトイ本線。

役役トイトイ。状況によれば、三元牌を討ち取るため、

白、発、中のいずれかの牌をはずすことも考える。

前局の和了牌である、北は切らない。

ツモ⑨ 打三

33③④⑦⑨白白発発中中北

ツモ③ 打⑦

33③③④⑨白白発発中中北

大三元は必要ない。

Y氏にこのまま、トイツ場のツモで手を組まれたならば、またチートイで和了されてしまう。

大三元がトラップだ。

このまま、トイトイを組む。

小三元、トイトイもトラップ。

必要なことは、マンガンクラスかぶせることだ。

エラーのないY氏が親かぶりするとは思えないので、

私は高い手のツモ和了はできないと思う。

とにかく、三元役で和了するのならば三元役の匂いを消さなければならない。

一枚目の三元牌はスルーしたい。

できるだけ鳴き辛い牌から仕掛けて、残りは和了しやすい形が入っていると思わせたい。

私は、北家。時間制限の無いこの対局では

私には無限のチャンスがある。

親番もあと2回ある。

だが、この局が勝負だと感じる。




5d2fe8a62e90f3ec05af831a3ea75171.jpg





ブログランキングに参加していました。クリック願います。


麻雀 ブログランキングへ

チートイから、トイトイへ。 [TSUKASA会]

私は、トイトイが好きなので、2や8の牌は縦で引けると考える。

チートイドラドラは、リーチでツモッて12,000点。

スーアンコウは、32000点。

発、トイトイサンアンコーどら3は、16000点。

今回の牌姿。

ドラ2ソウ。

四六八八2244688発発

八を引く。

6切り

これは、もうチートイは見ない。

32000点が、遠くにあるからだ。

よく、ドラを待ちとする最終形をみなさん嫌うけれど、

この偶数系のチートイはトイトイ進化の最有力候補。

2ソウは、ドラだから引きにくい牌ではなく、

ドラだからこそ、3枚目を受ける準備の必要なのだと思う。

また、仕掛けたあと、他家に攻められても、場に1枚切れの発を受けの牌として使いタンヤオ移行。

次巡、3切り。打四。

ツモ5ソウ。打六。

八八八22344588発発

ここで、8が打たれる。

ノータイムでポン。

打、5ソウ。

次巡、ドラの2ソウを食い上げ、

打3ソウ。

八八八22244発発  888ポン。

次順、おまけの4ソウをツモる。

12,000点。トイトイ、サンアンコー、ドラ3。

全ての数が、ハシに移行していた。2や8の重い、よいトイトイだと我ながら思う。

チートイは、全ての牌が、等価だが、トイトイを意識するとその限りではない。

四六八八2244688発発

に、6や、六を縦に引いた場合は、トイトイは見ない。

また、3や7の尖牌を仕掛ける必要がある牌姿からはトイトイにはいかない。

三三六七七③3577発発

みたいな形はまず動けない。

トイトイなんて、無理。無理。

私は、チートイのリャンシャンテンから重ねる牌も、トイトイ仕掛けが可能となる牌を選択する為、

選択肢が少なくなり(チートイでの)テンパイが遅い。

59295.jpg



  ↓クリックしてください。お願いいたします。


麻雀 ブログランキングへ





チャンタおまけ。リカバリー [麻雀レシピ]

最後にもうひとつ、おまけ。

チャンタには、リカバリーの必殺技があるんです。


それは、①イッツー

     ②三色


仕掛けるターツを選択する際、このどちらかを意識する。


一二三①③⑦⑨⑨12899

等の場合、⑦⑨⑨か、899を払う。

そして、

2つのターツを使用した色のイッツーもリカバリーの手段として、

頭の隅に、置いておきたい。

一二三①②③⑦⑧⑨1299

等のテンパイ時。

他家からリーチが刺さり、激アツな、④⑤⑥を引いてきたとしても


一二三①②③④⑥⑦⑧⑨99

こんなふうに、復活することも出来るということ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なんで、こんなに、チャンタを推すのか?

それはチャンタのある風景が大好きだから。

速攻麻雀や、牌効率、期待値。

そういったものから、かけ離れた孤高の手役。

例えば

一二三七八九⑥⑦⑨123北北

などの、テンパイ。

⑨切りの方が、期待値が高い。

ピンフとチャンタとでは、1役しか違わないし、

赤⑤ツモもあるわけだから。

⑨切りが圧倒的にマジョリティでしょう。

私も以前なら、そうでした。

私見ですが・・・

でも、でもね、さみしいんですよ。

ただ、和了すればよい麻雀なんて。

良形にして、リーチ。

テンパイ即リーチなんて、誰にでも出来るじゃないですか?

チャンタ、扱いつらそうだけれど、そんなに捨てたものではない。

騙されたと思って、狙ってみてください。

すばら3.jpg




クリックありがとうございます↓


麻雀 ブログランキングへ

食い仕掛けでもすばらっ! [麻雀レシピ]



すばら2.jpg


チャンタは、食い仕掛けにも最適である。

(;´Д`)スバラスィのだ。

例えば

このようなメンツ過多の場合

一二七八九⑦⑨1378999

特定の状況を付加されない限り

一二のターツからはずす。

形の優劣で、37牌ターツが優秀だ、ということも当然の理由なのだが。

②③④の形に
tn1.jpg

赤⑤をツモリ
tn2.jpg

②をスライドさせて切らない人はいない。



赤5の場合、とにかく、終盤になればなるほど

2と8が河にこぼれやすい。

また、1や9もねらい目である。


例えば

一一二三四五六七⑦⑧⑨33
なんてイーシャンテンに⑥をツモる。

みんな、当然 ⑥と⑨を入れ替えて、赤ドラ⑤の受けを残す。

下家がチャンタ気配濃厚であっても、2をとめて、赤5を切れる人間など

そんなにいない。

また、牌を真ん中に寄せない人間もいない。

要するに、赤5に押し出される28、

赤5を受ける為に押し出される19に、照準を合わせて食い仕掛けてゆく。

できるだけ、不確定要素である19から仕掛けて、弱点を強化する。

そして、カン2カン8で受け、和了を拾うのだ。

返せば、

下家が、チャンタ含みのぱっくんちょの場合、

序盤に、19を切る事は避けたい。

d0088102_20455181.jpg

一一一二二三七八⑧⑨799

こんなところに九を鳴かせてしまう可能性があるからだ。

方向性を決定づけるチーとなり、相手にアシストをする結果となる。


イーシャンテンはどんな形でも所詮イーシャンテン。

どんなフリテンでもかまわない。

テンパイ最終形がしっかりしていればよいのだ。


序盤は、19にケア

終盤は、28にケア。

赤5あり麻雀ならではの戦術だ。

ただ、やりすぎてはいけない。

麻雀なんて、13枚ツモればまったく新しい手役に、生まれ変わるんだから。

134とある、ターツから、最初に4を切っても、

次にもう一度4を引いてくれば、チャンタは見ない。

麻雀の大いなる意思に逆らってはいけない。

ちなみに、守備力、牌姿ともに、国士無双の対局にある手役は

スーアンコーではなく、タンピン三色とのこと。

スーアンコーのほうが、牌の種類が少なく守備力低そうだけど。

スーアンコーは、チンロースーアンコーなど、19牌(国士牌)を使用した和了も可能だから。

タンピン三色は19牌の使用はNG.

シュンツ場の王様が、タンピン三色

トイツ場の王様が、スーアンコー

そのどちらにも、のれていない国士無双、といったところだろうか?



h-681_71947_sya03_jpg.jpg<
赤を操ってこその赤あり麻雀だ。



くりっく願います↓


麻雀 ブログランキングへ

フリー雀荘でのすばらっ! [麻雀レシピ]

世界中のみんなに、チャンタの魅力に気づいて欲しい。

けれど、チャンタには、デメリットがある。

それを、一つづつ、攻略してゆきたい。

hanada-kirame-2.jpg

まずは、いわゆる赤ドラが5環帯の一発裏ありの麻雀

このルールの必勝法は、

①良形で曲げてツモる。

もしくは、

②良形で、捌く。

いずれの場合も赤ドラ中心で手を組むケースが多くなる。

でもね

たとえば

二三四六七八②②⑥⑦⑧68

とかなら、曲げるでしょ?

また、ドラが②とかで、

六七八九九①②⑥⑥⑥888

とかでも曲げるじゃないですか?

だったら、

七八九①①⑦⑧⑨12389

とかでも全然Okじゃないですか?

しかも、この形で、聴牌する前に、7が3枚切られてしまったり、

7をポンされたりとかしていても、ノープロブレム。

9を引けば、

七八九①①⑦⑧⑨12399

と、非常に和了しやすい形として、リカバリー可能。

また、ドラが、場の状況的にどうしても切れない北だったりしても

七八九①①⑦⑧⑨12389北

①をポンして

七八九⑦⑧⑨123北 ①①①

とか

②をツモリ③をチーなんてしたりして

七八九⑦⑧⑨123北  ③①②

リカバリー可能。

しかも、他家からは、「ドラを持ってる王子」として警戒までしてもらえちゃう。

また、チャンタは、リカバリーの際、打ち出す牌が、12や89、なので

わりと安全に聴牌復活へと渡れる。

赤5あり麻雀の場合、1や9は比較的安全。

何故なら

二三九九九②②⑤⑥⑦2356

なんて形のメンツ過多から、(攻撃重視の5ブロック打法)

ほとんどの人が23のターツを払います。

牌効率、赤5の期待値などを考慮すると、これが正着打となるからです。
saki_18_16.jpg

けれど、

チャンタ狙いNGの場合もあります。

それは、ドラが、1279字牌以外の場合です。

ドラと赤5のコラボは最強で、おもいがけぬ高得点を叩き出す恐れあり。

3や7などの尖牌がドラの場合も、チャンタは狙いません。

3や7、ドラ時は、シュンツ手を基調に厚く手を組みます。

とにかく!

チャンタって、そんなに悪くないんですよ!

試しに、みなさんの戦術の中に取り入れて

実践してみてください。かなり、使い勝手もよいし、楽しいですよ。

まあ、もっとも、麻雀の大いなる意思に逆らってまで

いつもチャンタばかり狙うのは、如何なものかとおもいますが・・・。

チャンタばかりではなく、チャンタという技も是非、ひとつの選択肢として、

実践で使用していただきたいのです。




くりっく願います↓


麻雀 ブログランキングへ

チャンタ。すばらっ! [麻雀レシピ]

私は、チャンタが、大好きである。

チャンタが存在しなければ、おそらく麻雀にこれほど、執心することもなかっただろう。

もし、仮に大嫌いな人間がいて、んーそうですな・・・

「この人とは、同じ空気を吸うこともノーサンキュー

と、それほどまでに嫌悪していたとしても、

その人が、チャンタ好きだったならば、友達になれるかも、

そう思うほど、そう考えを改めるほど、チャンタ好きなのだ。

134のから、4を切る、それだけで、もうその人の麻雀が大好きである。

ここのところ、赤が5環帯の麻雀が、一般的となり、ますますチャンタは日陰者だ。

このままでは、よくない。

このままでは、チャンタが1はんに、ジュンチャンが、2はんに、

果ては、チャンタそのものが、なくなっちゃうかも。

個人的な心情としては・・・

チャンタは、4はん役で。ジュンチャンは、6はん役でもよいくらい。

みなさんに、チャンタの素晴らしさを、伝えたい。

、赤が5環帯の麻雀でも、実はチャンタは、有効。

 逆手に取った戦術もあるんだお。

 チャンタ、すばら!
すばら.jpg
 

麻雀を覚えて間もない頃。

全ての数牌を並べ、ぼんやり眺めていた。

9かける4賭ける3.108枚。

123.

456.

789

ん?

チャンタの方が、使える牌、多くない?

すげええええ。

それが、始まりである。

特に九州は3が、赤ドラ。

チャンタは、より有効だったし。チャンタ、おおすばらっ!

tumblr_m5ssooDBXq1r31sn8o1_500.jpg

国士無双は、チャンタの亜流進化系。

麻雀の手役のなかで、唯一一本道である。

けれど、最高の攻撃力と、最強の守備力を誇る究極の手役だ。

kokusi.jpg



くりっく願います↓


麻雀 ブログランキングへ

Djwakaのホップなナンバー7.8.9 [麻雀荘紹介]

 数年前の記事です。

チャンタ推しだった頃の記事。

食い仕掛けや、チャンタなど

自分の麻雀を振り返ってみたいのです。

再録ばかりで恐縮です。

::::::::::::::::::::: 

鬱陶しい雨音を、ホップなサウンドに変えてくれる、そんな場所はないか?

pop.jpg
私の脳裏にあのクールな男の顔が浮かぶ。

DJ,waka。

麻雀を打つつもりはなかったけれど、wakaの軽快な話術とリズムに心が躍る。

後ろから、ちょいと、wakaのライブを覗く。

点棒は、12000点くらい。

ライブは、南2局で、大盛り上がり。

wakaの手牌は、ご機嫌なナンバー7.8.9.

七八九⑦⑧⑨1112389 東

東はドラ。

wakaは、ドラ切りリーチ!
e2b58f8d246f892ce78b289db4a067b7f9ecb4ac.jpg

うんうん、これは、ドラ切っても誰も文句は言わないぜ!

このリーチに、無筋の4が、打たれるが、7は出てこない。

私も、応援するあまり、頭の中で、7を思い描く。
e2b58f8d246f892ce78b289db4a067b7f9ecb4ac.jpg
結果和了できず。

「仕方ないっす」

爽やかに笑うwaka。

こんな、いかした麻雀ライブを魅せられては、是非、一局、お手合わせを、と願わずにはいられない。


気がつくと、また終電となる。

だが、よいライブだった。

DJwakaは、本厚木のライブハウス

luck!you!で、午後4時から、(卓を)回してます。


ところで!

私は、チャンタが最強の手役だと思っている。

守備力は高い。

攻撃力も高い。

スピードもある。

あらゆる色に対応可能。

字牌のドラにも対応可能。

最強じゃないですか?

そして、何よりも、他人が守備に使う牌を狙い撃てる!

これが、最強で最高です!


e2b58f8d246f892ce78b289db4a067b7f9ecb4ac.jpg

にしぐたんのぶろぐアップ↓
http://n-guchi-1219.blog.so-net.ne.jp/2011-12-19



クリックよろ↓


麻雀 ブログランキングへ


残念な麻雀 [麻雀黙示録]

全員の捨て牌が、なんとなくかぶっていたから、トイツ場を意識した。

先制リーチが2軒ささって、

7ソウを引いて以下のかたち。ドラは9ソウ南家。

一二三⑧⑧334677889

ここから、追いかけリーチを打つ。

ソーズは全て安全で場に安い。

3ソウを切ってリーチ、と平素ならそうするだろう。

けれど、2ソウが4枚すでに場にツモ切りされていて、5ソウも1枚見えている。

なんとなく嫌な感じだった。

迷わず、ピンフの形を取りにくいペン5ソウ。

7ソウが重なってのテンパイや、なんとなくトイツが強そうにみえる。

場の状況から、逡巡する。

⑧は他家にささりそうなのだけれど、でもなんとなくツモ和了もできそうだ。

トイツ場だ、ということと、⑧で他家にささってしまっては、

この2つが、私にシャボ待ちのリーチを選択させた。

一二三⑧⑧33677889

形のないリーチ。

ダイレクトに色を取りに行くリーチ。

結果、2ソウを2枚、5ソウを1枚ツモ切っている上家から、

5ソウがもう一回打ち出された。

一二三⑧⑧34677889

まっすぐピンフに受けていれば、一発での和了。

よく考えてみたら、トイツが強い場なのだから、

場に切り出されている牌が、再び切り出される可能性が高い。

場に1枚も出ていない3ソウや⑧のシャボよりも

場に5枚見えている25ソウのスジのほうが、はるかに優秀な待ちではないか?

最近、信じられないような痛恨のミス、がとにかく多い。

ピンフという形を捨てて、トイツ場という形も軽視して

和了を拾うことに果たしてどれだけの意味があるのだろうか?

http___blog-imgs-54_fc2_com_w_h_i_whitebiz2007_IMGP2606.jpg

 


<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 


鳴きの準備 [麻雀レシピ]

人間も生物である以上、恒常性、というものがある。

変化をせずに現状を維持しようとする力。

昨日の自分が無事だった。

と、いうことは、同じように昨日と変わらず過ごすことができるのならば、

今日の自分もおのずと無事となる、という寸法だ。

この恒常性が人間に備わっている以上、やはり人間、変わることは容易ではない。

よほどの、とてつもなく強靭な意思と目的意識を持つこと。

もしくは、今のままでは、明日の自分の命すら危ない、そのような危険な状態に直面して

なおかつ、生きることを選択する、そんな極限状態に晒された時。

この2つくらいなものだ。

それくらい、人間変わることは困難だと私は思う。

もちろん、麻雀も然りである。

染み付いた打ち筋を変化させることは、やはりなかなか困難である。

だが、自分自身を変化させることが難しくても、変化する環境に適応する力を強化することは可能だ。

適応力の強化。
Ed.jpg

麻雀で食い仕掛ける際、場の状況に対する適応力が問われる。

変化する場の状況に適応するひとつのスキルとして、食い仕掛けを、身につけていただければ幸いだ。

私が、食い仕掛ける場合、何よりも注視することは、手牌の絵柄である。

自分が、どの色を、どのような形で、持っているか。

色に偏りはないだろうか?数は奇数、偶数どちらが多いか?など。

食い仕掛けるには、その食い仕掛けに適した充分な素材が必要になる。

配牌だけを見て取って、食い仕掛けの判断はできない。

やはり、自分のツモを計り、場の状況を計って、充分に食い仕掛けの準備を整えるべきである。

面前でしっかり組み立てるべき手組を、鳴いてしまうほど愚かなことはない。

鳴いてはいけない手組、その代表例は、ピンフ(それとリーチ)である。

すべてが、シュンツ形で構成される13枚役。

ピンフを基軸として牌姿を構成している場合、リーチと複合させて攻撃する。

最終形が両面待ちになる、ということは、そう他家に感じさせる捨て牌になっているはずだ。

強い捨て牌である。

リーチをかけてツモれば、それだけで、2600点の和了。

ドラでも絡めば、お祭りパーティ。わっしょい。わっしょい。

では、配牌から、画像を交えて、お伝えしたい。

お伝えしたいのだが、あいにく手元に牌がない。

はて、どこかここいらに麻雀牌のあるところはないだろうか?

ふむふむ。・・・・うむ!S場ハウスだ。

あの聖地なら、高級な牌がある。

とゆーわけで、

ちょっとS場ハウスにいってきますので、しばしお待ちを。



NEC_0052.jpg




麻雀ブログランキング。
クリックしてください次回は牌の画像入りでアップしますから。
(みんなありがとう。)だいぶん暖かくなりました。ブログ。
麻雀 ブログランキングへ

前の10件 | -