So-net無料ブログ作成
検索選択

天鳳さえやっておけば

 

③③③⑤⑤⑥⑦667発発発 

このシャンテンに上家が⑤を切る。

天鳳をやっていれば、迷わず仕掛けることができる牌。 

きっと、これを鳴かないなんてありえません、なオハナシ。 

目の前の1000点の価値は、そのまま1000点ではない。 

自分が和了をすれば、他のひとは和了出来ないわけだし

なんといっても、次局からは、親番で

ここで大量得点を獲得しなければならないはずだ。 

その⑤スルーしたその先には①がいた。

①③③③⑤⑤⑥⑦667発発発

ノータイムで打7ソウ。

そうか、三暗刻か・・・ 

理屈は解るし、牌の動きはそうだけれど、

でも、三暗刻はツモ和了でなければ、

成立しない役。よしんば

③③③⑤⑤⑥⑦⑧66発発発

こんなテンパイになったとしても、

ロン和了なら食い仕掛けての1000点と何も

かわらないではないか?

そのあと、2枚目の⑤が打たれて

さらに③を引く

①③③③③⑤⑤⑥⑦66発発発

?③カン?

いやいやまさか・・・

よく見るとこの形、カン②とカン④

をツモってさえしまえば、なんとかなりそうだ。

③が4枚。場に見えている牌も合わせると⑤も4枚。

②も④も場には出ていない。

打6ソウ

①③③③③⑤⑤⑥⑦6発発発 

数巡後、②を引く。打6ソウ。

①②③③③③⑤⑤⑥⑦発発発 

②や⑥を引いて、それからリーチなのかな?

そう思っていたなら、

今回はノータイムリーチ。

カン④で決めにゆくようだ。

下家とトイメンも追いかけリーチ。

このカン④、和了できないなんてことあるのだろうか?

そう感じるくらい強いテンパイ。

③③③⑤⑤⑥⑦667発発発

ここから、見える未来は、

三暗刻をにらみながらのホンイツ移行。

それが、この手牌の一番高い形だろう。

発や③がアンコウでなければ、違う選択肢もあったかも知れない。

3人リーチでのめくり合いが続く。まだ、④も⑧もいない。

・・・・・・・・・・

ますたぴょんの渾身のメンホンの姿をみつめながら、

私は思い出す。

ますたぴょんの信条が「後悔をしない麻雀」であることを。

そして、手牌を慈しむ麻雀であることを。

この手牌を1000点に「見切って」しまうことは

ますたぴょんの麻雀ではない。

そんなことをして、勝ったとしても、

ますたぴょんとしては、それには意味がない。

麻雀で大切なことはまず自分が納得できることだ。

この目の前の手牌をおろそかにして、

次局の自分の親番は頑張る、なんて

そんな都合のいいことは、きっと考えていないのだろう。

この手牌を仕掛けて1000点にすることを

後悔する、とおもうのであれば、

それは選んではいけない選択肢なのだ。

それに、この対局は大会

必ずここで結果をださなければならない。、 

ラスを回避して、長い対局回数の中で

結果を出す「天鳳」とは、戦い方が違う。 

観戦とはいえ、これだけ強い気持ちで応援していると、

自分も一緒に打っているような感覚になる。

私の頭の中は④ピンでいっぱいだった。

個人的に、手牌に対して精一杯の工夫を凝らした

この手牌に和了して欲しい。

楽な選択肢ではなかったメンホン。

この手が和了出来ないはずはない。

和了出来ないのであれば、私は

麻雀そのものに不信感を覚えずにいられない。

そこまで、思っていると、

「ツモ」

ますたぴょんの発声。

④が静かに卓に置かれる。

④をツモ和了するまで、②も⑥も引かなかった。

④が先に待っていてくれた。

その次局の親番でも④で7700を和了。

3回戦はプラスの成績で最終4回線へ。 

 imagesBGXQWCYO.jpg

麻雀 ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

志村

小学生並の感想ですが、凄く感動しました。
麻雀を打つ意味を再確認出来て良かった。
ありがとうございました。
by 志村 (2016-09-20 18:50) 

ゆうゆう

志村様
コメントありがとうございます。
大会の臨場感を文章にすることは
本当に難しいですが、一生懸命書きました。
読んでいただきありがとうございます。
by ゆうゆう (2016-09-22 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: