So-net無料ブログ作成
検索選択

100倍の勇気 [哲学する麻雀]

目の前の溝に、木材を橋として渡してある。

これを、渡ることは容易だ。

だが、この「木材の橋」が300メートルの高さの渓谷に渡されていたらどうか?

おそらく、恐ろしくて容易には渡れない。

恐怖が心を支配する。

最大限の注意を払い、安全を確認しながら行動するはずだ。

この高い渓谷の「木材の橋」を渡るためには、恐怖を克服する為の勇気が必要。

勇気とは、そう、恐ろしいものを恐ろしいと知りながら、持てる力を総動員して挑む決死の想いである。

麻雀も同じだ。

恐怖に支配された状況であっても、その牌を切り出すことができるか?である。

ノーレート麻雀でノーレートだからと、ブンブン勝負に向かう人をよく見かけるけれど、

まあ、極端な意見にはなりますが、誤解を恐れず言い放つならば、

「そんな麻雀打って楽しいですか?。」

麻雀の一打は、特にノーレートになればこそ、その重さはお金に換算できない。

麻雀を楽しむためには、なによりも麻雀と対局者を大切にしなければならないと私は思う。


つづきです。


ツモ③ 打⑦

33③③④⑨白白発発中中北

⑨を切りづらくする為に、⑦を先に外す。

大三元は必要ない。

②をツモる。

33②③③④⑨白白発発中中北

ツモ切る。

ピンズの染め手では、安易すぎる。

下家は、Y氏。

不要な2つの色を切り出すホンイツは、上家としても、ぬるい自分本位な牌組だ。.

色を絞らずに、縦で仕掛ける。

③か3ソウが先に打たれるのを待つ。

その前に白、発、中、が打ち出されもスルーだ。

例えば、白、をスルーすれば、連鎖でそのあと発、中が取れるかも知れない。

3ソウが出る。

ポン。

打④。

できるだけピンズの匂いを消したいけれど、

もうこの③はでない。

そして、Y氏から白が出る。

(後で訊ねたならば、この白はトイツ落とし

ポン

打北

中を引く。

打⑨

③③発発中中中   ポン白白白 ポン333


大三元テンパイ。

これは、③ピン引きにかける。

発での大三元など望むべきもない。

③で充分。

1枚居てくれと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のトイメンが、無作為に中張牌を加カンした。48の殺人技の一つ「大ミンカン」である。

!!!!!  

そして、リンシャンからツモッてきた牌を、そのまま切る。

発。

!!

ロン!

そのトイメンさんの飛びで、終局となる。

私のトップ。

だが、なんとも忸怩たるトップだ。

発を切って、役満フリコミました、ツイてない、という問題ではない。

もちろん振り込んだ彼が悪いわけではない。

彼は純粋に麻雀を楽しんでいるだけである。

ただ、彼は知らないだけなのだ。

一打の重さを。

一打の恐さを。

一打の想いを。

彼のこの発を打ち出す理由は、勇気ではない。

勇気とは言わせない。

無作為な絵合わせな一打だ、と思われてもいたしかたないだろう。

ここが、つかさ会なら、その理由を説明することもできるし、教材にもできる。

だが、ノーレートフリー。他人の打牌への口出しはご法度だ。

点棒を受け取りながら、我慢する。

これもまた麻雀なのだと。

お金がかかっていれば、振り込んだトイメンさんも、お金で責任がとれる。

だが、ノーレートでは、それはない。

行き着くところは、こんな牌を切る人間とは打たない、である。

あまりにも、哀しい結果。

もう、今日は卓を割ろうかな。

そう思った刹那、まるで私の心を読んでいるかのように、意外にもY氏が口を開いた。

「そのカンは、どうかな?」

そして、その加カンが、いかに場にそぐわない行為か、優しく諭す。

振り込んだトイメンさんも、よく理解してくれたらしく、大きくうなづく。

経験の差。

なるほど、想いは伝え方なのだな、と痛切に感じた。

私は、温度が高いので他人にモノを伝えることが苦手だ。

Y氏のように、優しい言葉を使えるようになりたい、と思った。

今回の残念な大三元は、私に大きなことを教えてくれた。

麻雀に正解はない。

けれど、想いは試行錯誤しながら、苦しみながらでも伝えなければならない、と。

次に、トイメンさんと打てる日が楽しみである。



a0056931_5087e9e4b89fb.jpg


ブログランキングに参加していました。クリック願います。


麻雀 ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0