So-net無料ブログ作成
検索選択

牌効率 [麻雀小説]

 


牌効率。


最近よくこの言葉を耳にしていて、なおかつ


なんとなく、よくわかっていないくせに


よくわかっているふりをして、会話をかわしていた。


牌効率って、その局面(場の状況)を鑑みた命題への効率。


多分、こんな感じでいいんだよね?


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


グーグル博士に相談してみよう。


牌効率とは、


麻雀において、


聴牌に至る確率・早さのことを言う。


・・・・・・・・・・・・ 



え?


そうなの?


麻雀って、聴牌を競うゲームじゃないよ?


知らなかった・・・。


今まで、勘違いしていた。


まさか、牌効率が聴牌至上主義に起因しているとは・・・。


でも、確かに、状況抜きでの最善手というのは


客観的に説得力があるから、


これはこれでいいのかも。


シャンテンに戻したり、両面ターツを破壊する打牌は


牌効率がなってねえな、おい。


となるわけですな。


注意しようっと。


20170507220017.jpg


 


 


麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: