So-net無料ブログ作成

宿痾 [閑話休題]

 


ない、と思っていても、ある、のが癖。


自分のクセなんて特にみえない。


そもそも人間、他人のことは見えるけれど


自分のことは見えにくいものなのだから。


聴牌のときに、ツモリ方が変わったり、


よい待ちのときは、ツモリ方が勢いよくなったり、


自分からみて危険な牌はこころなしか、強く切ったり、


なんかそういうクセ、というか、習慣は


なかなか直らないし、直せないものだ。


その昔、


「先生、テンパイのときにツモリ方がかわってしまって


テンパイがばれてしまって、ダマがダマにならないのですが


どうしたらよいでしょうか?」


と、訊ねたことがある。


ダマがダマにならない、なんて、ダマ、としての意味がない。


自分では、どうしても聴牌時は


わくわくが度を越して、ツモり方に影響がでてしまうのだ。


師匠は真顔で、


「ノーテンと思って切りなさい。」


と、教えてくださった。


そうか、テンパイであってもノーテンと思って切れば


テンパイということはばれないのか!


たしかに!


それで、試してみたけれど、全然ダメ。


テンパイなのに、ノーテンだなんて思えない。


結局、対策としては


①モーパイしない。


②リーチをかけたあとでも、ツモを楽しむ。


③和了への想いで牌をぐりぐりしない。


この3つを頑張ることにしているけれど、


自分の場合も、


テンパイもシャンテンも全てクセがでているらしい。


こういうクセを隠す為に、他の所作をおおげさにすると


テンパイしゃみ、と思われるから、それも注意しなければならない。





mqvbE8Uc_400x400.jpg


 


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

忍(。-_-。)

タイトル読めないw
by 忍(。-_-。) (2017-10-11 15:28) 

ゆうゆう

しゅくあ
by ゆうゆう (2017-10-11 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。