So-net無料ブログ作成

数は続けてくる [閑話休題]

 


一気通貫って、響きがまずかっこいい。


「イッツー」


とか、麻雀でしか使わない言葉だし、


なんか本当、麻雀わかってる空気ぱねえ。


麻雀を覚えて間もない頃は、


このイッツーって役を狙い続けていた時期もある。


けれど、慣れてくると、このイッツーっていう役の


使い勝手の悪さに具合が悪くなる日もある。


:::::::::::::::::::::::::::

東場。


3局かな?


わたくし、

西家。原点位。


南家がすこし点棒を持っているくらい。


5巡目くらいかしら?


ドラは、八ワン。


一一二五六七八九②③④77


このシャンテンに8ソウを持ってきました。


ここからであれば、二を切って



一一五六七八九②③④778
このパーフェクツイーシャンテンに構える。
そうそう、それがセオリーなのだ。
8ソウを引いた意味を考えれば、
6ソウ9ソウで和了しなさい、って教えてくれているのかも
知れないですし、おすし。
一二三五六七八九②③④77
よしんばこのテンパイになったところで
七が打たれたなら、それまで。
七を先に引いたなら、
一一二五六七八九②③④77
一一二五六七七八九②③④77
こんなテンパイになる可能性もある。
だから、裏目が三ワンだけ、という
一一五六七八九②③④778
このシャンテンに構えるべき。
なのだけれど・・・
そういうこととは別の感覚があって、
そんな当たり前のこととは別に、牌のあとさきを意識してしまう。
手順ならば、二切り。
ではなぜ、イッツー含みのシャンテンになっているのか、
ということ、マンズが安いということと、
いよいよになれば、食い仕掛けも効く、なんてことも合わせて
8ソウをたたき切る。
でも一番の理由は、牌の形。
これは、オカルトな理由になるのだけれど、
一一二五六七八九②③④77
三→四
もしくは、
四→三
と、順番にひけばよいだけ。
数は続けてくる。
それが、ツモ牌だったり、
他家からの手出しだったり、
とにかく、続けて出てくることが多いと思う。
色と数は繋がりやすい。
場に安い色、というのは、それだけ他家が使用してなく
尚且つ、牌山にいる可能性が高い可能性もある。
麻雀って、ツモに数が繋がっていることも多いから、
やや場に高いソーズ、よりも安いマンズを軸に。
6ソウ引いたり9ソウ引いたりするよりも、
はるかに簡単なイメージがある。
結局、四ワンを引き、三ワンで和了しました。





 ブレードランナー→http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。