So-net無料ブログ作成

字牌の使い方

 


麻雀は、他家の不要とする部分で、手を組むこと、


このことが一番大切。


そうできなかったとしても、


そのように意識するか、しないか、で未来は変わる。


字牌の扱い方について質問をいただく。


これについての答えも、


場に対して字牌はどうなのか?ということ。


まずそれを判断することからはじまる。


ホンイツがいる場や、ドラ含みのチャンタがいる場。


字一色や四喜役や三元役にいる場では字牌は


決して攻守に長けた牌、とは言いがたい。


けれど、タンヤオ無双な昨今の麻雀においては、


字牌は役牌ではない限り、河に落ちやすい。


今回は、そういう一般的な場の状況において考えてみよう。


すなわち、役牌ではない牌。


他家にとって役牌ではない牌こそが攻守に長けた牌となる。


それは、どういう牌だろうか?


1、自風


他家にとっては、オタ風で自分にとっては役牌


2、場に一枚切れた役牌


他家にとっては、役牌ではないが切りにくい牌


3、場に一枚切れたオタ風


攻撃力はないが守備力の高い牌


という順番になる。


これらの字牌を大切にしながら手役を重ねてゆく。


ホンイツやトイトイやチャンタを重ねてゆく。


また字牌だけの特定役についても、


コントロールできるようになりたい。


三元役や四喜役の可能性はいつもゼロではないので、


それを場に残しながら字牌をはらってゆくか、


もしくは、逆にその可能性をはやめに消して


字牌をひろってゆくか?


発を仕掛けたいなら、中や白を早めに切り出すとか


そういう感覚も大事にしたい。


 


私は役牌はあまり重ねずにはらってゆくことが多い。


基本自風や、オタ風を守備の要として


手牌のほかの部分で値段をつけるスタイルだ。


最大限の守備を整えることなしに


食い仕掛けを決断することはできない。


また、これらの字牌のロジックを完全破壊する手役が存在する。


すべての色や形を破壊する手役。


すべての牌に等価の価値を与える手役。


和了のためには、字牌は3枚必要、


という常識を真っ向否定してくるあの役である。


 


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。