So-net無料ブログ作成

規格外な手役

 


すべての色や形を破壊する手役。


すべての牌に等価の価値を与える手役。


和了のためには、字牌は3枚必要、


という常識を真っ向否定してくるあの役。


そう、チートイツだ。


たくさんのチートイの戦士たちに


くるしめられてきた。


西風荘のますたぴょん。


にしぐたん。


ととろん。


チートイマスターが同卓していると、


牌操作と卓操作がままならなくなる。


このチートイツの存在が、麻雀をとてつもなくおもしろくしている。


2枚あればよい。


チートイツという役が存在するかぎり、


場に3枚見えている牌、以外は安全とはいえない。


チートイの最大のメリットは


ドラも1枚あればいい、ということだ。


ドラ単騎を曲げてツモ和了すれば、3000.6000


もしくは、6000オールである。


チートイツの単騎探りのこつは、やはり


「色や形にとらわれず、場にこぼれそうな牌をみつける感覚を養うこと。」


これだ、とおもう。


手牌と、全体の捨て牌を一枚の絵としてしっかりと捉えて


とれそうな牌をみつける感覚。


自分にはこの感覚が足りない。


チートイツ、という役を


とてもむつかしくイメージしてしまっているからだ、と思う。


だって、


雀頭にされていたら、


とか考えると、もうどうにも不安で仕方がない。


涼しい顔をして、中張牌をバンバンツモるひとを見ていると


まじスゲー、と思う。


私は、場に2枚切れの字牌待ちしかリーチ打てない。


ツモリにいくべき麻雀で、地獄単騎ってどうなのよ?


場に1枚切れの牌をツモリにいくって言ったって


すでにその地点で残り2枚しかないんだよ?


だったら、確実に1枚こぼれやすそうな牌のほうが、とか


考えてる自分がイヤだし。


で、結局、チートイを戦術に組み込めなくなる。


 さらに規格外も規格外、規格外の王様の手役。


それは国士無双だ。


場に4枚目の字牌が和了される可能性がある、という


とんでもない手役だ。


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。