So-net無料ブログ作成

博打の入り口 [閑話休題]

 


鉄と炭鉱の町。


その駅の周辺は混沌としていたけれど、


わたしは、その救いようのないカンジが嫌いではなかった。


ガラが悪い。


この言葉がぴったりな、そういう風景。


私は、そのガラの悪さのウラに


「照れ隠し」が見え隠れしているような気がして


まあ、ようするに、ふるさととして、この町を愛していた、のだろう。

:::::::::::


まだ、携帯電話どころは、ポケベルもない時代。



大学入試。


3月。


本当に不思議なハナシなのだけれど


私のところに合格通知は届かなかったので


そのまま浪人することにした。


現役受験の旅費やお年玉の残り


そして、勉強に専念するために売り払ったソフト代金など


あわせて貯金は5万円くらいあったので、バイトなどせずに、


モーレツに勉強して東京の大学に進学するつもりだった。


大好きなゲームも漫画も封印。


オカネなんて必要ないや、と思っていた18歳。


まさに、冬物語に突入するおもむき。


予備校には、天使のような同級生もいたので、


そんな空気のなかで、大学を目指すことも悪くない、と思っていた。


親には、本当に申し訳ないのだけれど。


地下にある予備校の食堂で勉強していると


「おまえの金を増やしてやろうか?」


と、シラケンの声がする。


時間は9時40分


パチンコ店の開店直前だ。


そう言ってくれたシラケンに、私は迷わず


銀行のカードをわたす。


シラケンは、リーゼントの色男。


高校の同級生であるシラケンは、勝負師で、


よくわたしの投資した200円を1000円に増やしてくれたりしていた。


とにかくかっこいい憧れの兄貴だ。


シラケンはパチンコのプロだから、


きっと私の口座のお金は勝手に増えてゆくだろう。


私は、カードをシラケンに渡して、予備校の授業を受ける。


今度こそ、憧れの大都会へ進撃するのだ。


おおきなトキメキのなか、過去問に立ち向かう。


夕方、戻ってこないシラケンが気になった私は、


シラケンが居るであろうパチンコ店へゆく。


シラケンのことだ、きっと大勝しているに違いない。


予備校から、駅へ向かう商店街沿いに


パチンコ店は10店舗近くある。


シラケンはカド台が好きだから、きっと


シマのカドにいるはずだ。


シラケンが根城としている靴屋が経営しているパチンコ店


ワシントン。


ここのパチンココーナーを覘くけれど、


シラケンの姿はない。


結局、全てのパチンココーナーをまわったけれど


シラケンはみつからない。


予備校から駅までの全ての店舗を探す。いない。


おかしいな、とおもい、わたしは、今度は


パチスロコーナーを探す。


パチスロ、というのは、当時パチンコ店のスミに置いてあった


スロットマシーンのことをさす。


パチンコが1,000円2,000円の勝負なら、


パチスロは10,000円、20,000円の大人の勝負だ。


かっこいい。


私は、シラケンなら、スロットルマシーンを組みふすくらいは


朝飯前ではないか?と常々おもっていた。


そうか、スロットルマシーンだ!


私は、駅から予備校まで、今度は全ての店舗のパチスロコーナーを覗く。


シラケンのメダルだらけの姿を探す。


お金云々よりも、そういうシラケンのかっこいい姿を見たかったのだ。


18歳で、パチスロで万札を抜いている、


かっこいい!


私は、シラケンのことが大好きだった。


シラケンのまねをして、タバコも覚えようとしたけれど


むせてしまって、どうにもムリだった。


マルボロとか、ピースとか、よくわからない


タバコの名前も、かっちょえー!と本気で憧れていた。


何店舗かまわって、見覚えのあるリーゼントを見つける。


おしゃれな雰囲気。


左カドの台。


シラケンだ。


だが、様子がおかしい。


シラケンの周囲には、メダルはなく


メダルを交換したであろう、景品も見当たらない。


とても真剣な表情でレバーをたたくシラケン。


何があったんだ?


時刻は午後6時。


おろおろしていると、シミケンと目があった。







mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。