So-net無料ブログ作成

字牌を抑える

ますたぴょんの対局は続く。


::::::::::::::: 


生活に支障のない麻雀。


安全圏での痛みのない麻雀。 


自分の麻雀への情熱は、いつしかどこかにきっと霧散してしまっていて


今はその残滓にすがり付いているだけだ。 


 ますたぴょんと離れてから10年、


もし、私も自分の麻雀をちゃんと磨いていれば


違う現在があったのだろうか?


そう考えていると、七ワンが入った。


 五六七⑤⑥5568南南南発中


ここから、発や中を切るのであれば、イーシャンテンだ。 


だけど、ますたぴょんは、平然と8ソウを抜く。


五六七⑤⑥556南南南発中 


発や中を切らずにどうやって和了するつもりなんだ。


字牌とか止めているのは、ますたぴょんだけだ。


みんなが、止めない牌を自分だけ止めてどうするの?


場に合わせて、少しくらい自分の麻雀を譲ってはどうなんだ!


とまで、思う。


自分が勝ちたい、とかそういう気持ちを理由に


牌を安易に切り出さないことは、本当に長い目でみると


素晴らしいことだと、思う。


でも、現在、ここ一番この勝負どころで、


和了しなければいけないこの大事な局面で、


そこまでストイックに自分の麻雀を貫かなくったっていいだろう?


例外、ということでいいじゃないですか?


今回は、大会なんだから、例外。


そう思う私をよそに、


ますたぴょんは冷静に打牌を重ねる。 


本人が納得しない麻雀に価値はない。


例外を認めてしまっては、それはますたぴょんの麻雀ではない、


そういう麻雀で勝っても、何の意味もない。 


ということなのだろう。 


その次巡、中が重なる。


五六七⑤⑥556南南南発中中


いまさら遅いって。 


imagesQ4FEYYUW.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。