So-net無料ブログ作成

瞬激の食い仕掛け

その次巡、中が重なる。


五六七⑤⑥556南南南発中中


ああ、5ソウを切るのかな?


と思っていたなら、ここから、発を切った。


?なぜ?とめてたんじゃないの?


この発を まるで待ち焦がれていた恋人を見つけたように 


トイメンが少し驚きを交えながら鳴く。


ポン! 


誰だってこの局は和了したい。


ここ局さえ制することができれば・・・誰もがそう思っているはずだ。 


全員が最短距離で和了に向かうその緊迫した空気のなか、


ますたぴょんは、リャンシャンテンから中を重ねて


大外から一気に和了に向かう。 


違った。


全然思っていたことと違った。


ますたぴょんは和了をあきらめてなどいなかった。


ぎりぎりの本当のぎりぎりまで我慢していただけなんだ。


自分の麻雀を信じて。


自分の麻雀の歴史を信じて。


自分の麻雀への想いを信じて。 


 五六七⑤⑥556南南南中中


ここから、上家の切る7ソウをチー。 


本当にしなやかに、5ソウが卓上に落ちる。


まるで、ここまでの道のりを知っていたかのように


平然と切り出された5ソウは、どことなく荘厳な感じがする。 


トイメンから④をロン和了。


ほんの数秒の出来事だった。 


1000点の和了。


だけど、中身の重さが違う。 


三色の形も残っている。


ホンイツやスーアンコウの形も入っている。


何にでもなれる、どこにでもいける形。


とてもじゃないけど、まねできない。


まねできないけれど、かっこいいなあ、と思う。


私はかつて、こういう麻雀に憧れていた。


こういう麻雀を打てるようになりたい、と思っていた。


重くて、一生忘れることができない、打牌。


我慢に我慢を重ねて、一点を突破してゆくその強い意思。 


お金を賭けることがどうだ、とか


そんなこと恥ずかしくて口に出来ない


圧倒的な説得力のある打牌。


ホンモノだ、と思う。


そう思うと同時に、自分もホンモノになりたかった、ということを思い出す。


だけど、とてもじゃないけど、もう自分にはムリだ、と思う。


私は、メンホンにできないし、


西を仕掛けないこともできない。


そんなに我慢できない。


我慢をし続けていたけれど、


我慢をしない周囲のせいにして


いつしか自分の中の本当に求めていた麻雀を


完全に見失っていた。 


ますたぴょんの麻雀を観戦していて


自分の麻雀が恥ずかしくなる。 


この対局は、私が観ていなければ、誰にも


どこにも残らない。


ますたぴょんだけが知りうる対局だ。


きっと、そんな麻雀とずっとともに戦ってきたのだろう。


孤高の麻雀打ちだ。


なんだか、得体の知れない激情がこみ上げてくる。 


もうどんな理由があっても、軽い麻雀は打たない。


その結果、同卓者にどのような影響を与えることになろうと


それは私がどうこうできる次元のハナシではない。


そうしなければ、何もかもママゴトになる、とまで思った。


だって、私はそうしたいのだから。 


麻雀というものは、おのれとの戦いで、


他人に対して答えを求めたりしてはいけないものなのだ。


語りたいことがあれば、打牌で語るべきだ。


言葉にしないからこそ、伝わるモノだってあるわけだから。


いつかそういう粛々とした麻雀に辿り着きたい。


サークルとか、ブログとかやってる現在は無理だけれど。


 ゆかりん.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。