So-net無料ブログ作成

テンパイとらず。

3巡目、あまりにも早い親番のテンパイ。
三四四五①③④⑤⑥⑦⑦345
ドラは7ソウ。
東二局、ここは大きく組みたい。
②ピン待ちもよさそうだけれど、
ここは、大きく育てるでしょ。
次の巡目に、ツモ6ソウ。
マンズに染めてる可能性大の
他家がいるので、四を切る。
まあ、まだ3巡目だから
判断は難しいところだけれど。
最強のシャンテンじゃないすか?
比較してみましょう。
三四五③④⑤⑥⑦⑦3456
タンヤオがつかないテンパイは考えない
として。
imagesBGXQWCYO.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

ドラそばの愚形

それでは、どっぺるくんのテンパイ、
頭頭三四五③④⑤34589
ドラ8ソウ。
この牌姿の和了牌である7ソウはどこ?
まず、8ソウがドラなので、
ドラの表示の牌に7ソウは一枚。
あと、親番さんが、9ソウをチーしているので、
ここにも、7ソウ一枚。
あと2枚。
私と北家が、中盤に9ソウ手出し、
ということは、9ソウが必要だった形
89や、79のターツが手の内に組まれている
可能性が高い。
どうひいき目にみても、7ソウは牌山には一枚もいない
もしくは、いて、1枚だろう。
ドラ表示牌が和了困難と言われる理由は明確で
みながドラを手牌のなかで使用したいからだ。
けれど、これも、条件が違い1000が必要なときは
この理屈は当てはまらないハナシになる。
なので、こういうリーチを打つときには
他家の手の内に組み込まれているであろう
7ソウを引き出すように考えるべきだ。
親番は、このリーチに対して受けることはない。
トップ目は、受ける。
どう考えても、7ソウが出てくる状況とは思えない。
なので、こういう場合は、89を早々に払うべきだ。
ドラターツだろうと、将来自分を苦しめるであろう
要素をわざわざ手に内に抱えておく必要もあるまい。
麻雀は、場を見て、和了しやすい形での
ツモ和了を目指すものなのだから。

87562afcecab2f8b6827315b71cb1dae6ce3d18b1433065954.jpg

お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

愚形のテンパイ

どっぺるくんの対局ばかりが題材になる。
このことは彼の麻雀が拙いから、ということではない。
想いのない麻雀は、題材になることはないわけだから、推して知るべしだ。
ほんの少しの気づき、これが不足している、
「あとちょっと」というステージだから、
非常に教材となりやすいのだ。
バラバラになっているピースがひとつの絵になるように、
「全てがクリアになる瞬間」は
必ずおとずれるから、気づきの不足を嘆くことなく、
問い続けることだ。
そして、その道のりが、果てしないことを覚悟して
楽しむべきだ。
前に進んでいるのか?どうなのか?
五里霧中のなか、山を越え谷を抜け
いつかいただきに届く。あきらめさえしなければ。
わたしなんて、もう30年近く、麻雀の「あとちょっと」の中にいる。
私は、彼の上家。南家のオーラス。
ドラは、8ソウ。
どっぺるくんは、8000点必要。
西家。
わたしは、12000点必要。
南家。
19000点持ちの東家が北を仕掛けて、
北家の手出し9ソウをチー。
一打目が1ソウだから、
チャンタの可能性は低い。
私もドラ8ソウが重なり
手出し9ソウ。
ここで、どっぺるくんが
条件を満たしたテンパイ。
どうやら、345の三色だった、らしい。
345の三色であり、ペン7ソウ待ちだ、と。
雀頭となる牌が何であったのか?覚えてはいないそうだ。
ということは、
三四五③④⑤34589頭頭
このテンパイ。入り目は、三ワン。
私は、六ワンをこのリーチに打つことができなかったのだけれど
まあ、7ソウが先に埋まっていたなら
この六ワンはドストライクなわけだから、
やはり私の力で切り出せる牌ではない。
さて、三四五③④⑤34589頭頭
このどっぺるくんのリーチについて考える。
親番は、このリーチに対して受けることはない。
トップ目は、受ける。
ということは、牌山にこの7ソウがいるのか?
ツモ和了に足る待ちなのか?ということがポイントだ。
ここを考えてみよう。
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
10011582489_s.jpg
パラダイス・ロスト本家↓

7700痛い

私は、⑦を切る。
親番に⑧を勝負することにした。
2900振込覚悟の選択だ。
理由は、9ソウを仕掛けて、⑥⑦⑨役役役頭頭なら、
⑨を切るのではないか?
どのみち、カン⑧がチャンタだったとしても、トップには届かない。
もういちど、和了をしなければならない。
であれば、わざわざチャンタには受けないだろう。
2900拾いの可能性のほうが高い。
それに、親番との今日の対局で何度も、値段より和了安さで
両面テンパイを選択している場面を見ている。
そして、違和感があるのは、無スジの⑦切りに迷いがなさすぎだ。
条件を満たしたであろう、2着目のどっぺるくんに⑦はきつい。
もし、手の内が、⑦を止めることのできる変化がある形なら
⑦⑨役役役頭頭や
⑥⑦役役役頭頭これなら、
一瞬、迷いが残るはずだ。
絶対振りたくないはずだし、振れない状況なのだから。
役役⑤⑥⑦役役
役役⑥⑦⑧役役
これじゃないか?
ダブルバック。役牌の後付けが2つ。
これなら、和了しやすさから、⑦をノータイムで切ることもできよう。
⑥⑦役役役頭頭
これなら、2900でもう一局。
悪くない。
⑧を切る。五八のフリテンリーチだが、
五八はツモ山にたくさんいる。
ツモレバ条件を満たすのだから、フリテンリーチでよい。
下家のどっぺるくんの待ちが三六だとしても
あと三ワンが一枚あるくらい。
⑧が通ればおれの勝ちだ。
⑧を切る。ぶちささる。
親番、こがりんの手牌が倒れる。
2900を払おうとするわたしは、ゲ、と思った。
⑦⑨南南南発発   チー978 ポン北北北
⑥を切った理由は、⑧で和了すると決めたから。
⑦がノータイム打牌な理由は、⑧で和了すると決めたから。
そして、ここからの変化、⑨引きや発引きで12000になること。
⓽⑨南南南発発   チー978 ポン北北北
⑨南南南発発発   チー978 ポン北北北
⑨単騎を他のソーズもしくは字牌にすれば
18000までみえる。
おそらく、私が親番こがりんであっても、そうしているだろう。
ピンズの⑥⑥⑦の形は、早々に払っているだろうけれど。
わたしは、親番であるこがりんとの、いつかの決勝卓を思い出した。
まあ、ハウスの麻雀大会。
4連勝で臨んだ決勝卓で、切って落とされた日のことを。
六ワンを2巡目で切ったリーチ。のカン三ワンに飛び込んでしまった私。
決め打ち。
こがりんの強さは、「決めた」ときの揺らぎのなさだ。
「ああ、数年ぶりに強いこがりんに会えた」
私は、古い友人との再会を懐かしむ気持ちに包まれながら
どっぺるくんのテンパイが気になっていた。
ねえ、ねえ、どんなテンパイ?
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
imagesSAGPVHKP.jpg
パラダイス・ロスト本家↓

撃破されたくない。

そして、わたくし
四五六六七5688②③④⑦⑧
よりによって、六をひきやがった。
六ワン、トイメンもってなかったのか・・・
七は押せても、六は無理だ。
というか、六が4枚知れたので、七は通るけどね。
六を打つことは、もうそれは麻雀ではない。
ドラの場所は、私が2枚。
親番が一枚晒しているから、のこり一枚。
わたしのトイメントップ目が9ソウ手出しだから、
そこに1枚。
ようするに、どっぺるくんは、ドラなしでの8000点を組んでいる可能性が高い。
ソーズは2ソウが4枚、ピンズは②.マンズは六が4枚
知れているからイッツーは組むことができない。
一ワンや九ワンがトイツでとんでいることからも
タンヤオ軸の三色の可能性が高い。
というか、三色なら、345しかない。
二ワン、五ワン、三ワン、六ワンはだめでしょ。
てゆーか、おれの手の内のなかの六ワン本線でしょ。
さらに、どっぺるくんが。いーぺーこーが組めそうな牌も
もう残っていないのだ。
四五六六七5688②③④⑦⑧
七を切り、六を切るか?
しかし、そのあと、五ワンをツモってきたならどうする?
当たる可能性の高い牌を2つこのオーラスの条件の必要な局面で
打ち出すなんて麻雀じゃない。
かといって、このチャンス手を見送って
その次局に条件を満たす手牌がくるとは思えない。
ここでの保留は、賢明なようで
問題を先送りにしているだけだ。
麻雀はそんなに甘いものではないはずだ。
12000点が必要で、それが見えている状況で
危険な牌を掴んでいるからといって、おりていたのでは
おはなしにならない。
その牌を切ることのできる理由、
それが見つけられないのであれば
その牌を切らずに戦う方法に辿り着くことだ。
諦めてはいけない。考えよう。
私は、⑦を切る。
親番に⑧を勝負することにした。
2900覚悟の選択だ。
imagesKKJMFZIC.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

撃破されそう!

私は、南家でのオーラス。
ドラは、8ソウ。
 親番は、19000点持ち。
南家のわたくしは、12000点必要。
西家のどっぺるくんは、8000点必要。
北家のごろたんは、まあ、トップですわ。
わたしは、12000点必要。
18000点持ちの東家が北を仕掛けて、
一打目が1ソウだから、
チャンタの可能性は低い。
私もドラ8ソウが重なり
手出し9ソウ。
上家ドラソバの9ソウをチー。手出し⑥
手出しの⑥なので、⑤⑥⑥からか
もしくは⑥⑥⑦からの打⑥。
役牌が入っていないのであれば
ここから、もう一枚⑥の関連牌が河に落ちて
ソーズのホンイツへの移行を示唆するはず。
四五六1225688②③④ここに⑧をひく。
よりによっての⑧.打1ソウ。
役牌が立っていたなら、50パーセントでこの牌は
親の2900、役牌ドラ1にささる。
2900を振れば、次局は3000.6000のツモ和了が
トップの条件となる。かなり厳しい。
ドラの8ソウが2枚ある現在の手でなんとか勝負を決めたい。
すなわち、なんとかこの局で条件を満たしたいのだ。
親番は、⑥手出しのあと、⑥とターツを構成していたであろう牌を落とさない。
ということは、やはり、⑥の周囲でのテンパイ2900である可能性大。
⑦を引く。
助かった、⑧を打たずに済んだ。
勝負の攻撃に出ることができる。打2ソウ
四五六25688②③④⑦⑧このタイミングで、下家どっぺるくんからのリーチ。
8000以上は確定のリーチのはずだ。
ここに、場に4枚出ているチョー危険な七を引き、打2ソウ。
どっぺるくんの河は、一ワンと九ワンが切れている。
七ワンはギリ押せる。
テンパイしたなら、即リーチだ。
七は叩き切ってやる。
九ワンが早すぎる。
五六九とマンズを持たれていたならアウトだ。
だがしかし、六ワンが都合3枚見えている。
私の手の内に1枚、場に2枚。
ということは、六を持っている可能性は低い。
いや、もちろん六を持っていて、五六のターツの可能性もある。
ワンチャンスなんて信じない。
だから、もう一枚の六ワンの所在を探すのだ。
トイメン、トップ目、マンズ一メンツはいってるんじゃないか?
七ワン手出しだから。そこに賭けてもよい。
どっぺるくんのテンパイは、マンズであれば、
三色の可能性のある345の三色の三六ワンだ。
四五六七5688②③④⑦⑧
ちなみに私は五ワンをすでに切っている。
上家がどっぺるくんのリーチに無スジの⑦をツモ切り。
そして、わたくし
四五六六七5688②③④⑦⑧
どうしよう。
yjimagess.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

ふらふら作戦です!

どっぺるくんの麻雀を観戦。

七七九九345②③④⑤⑤発発

ドラが⑤だから、得点的にも
和了を求めたくなる、そんな形。
発は場に1枚だから、そんなに悪くない。
面前でのテンパイをめざし
 七七七345②③④⑤⑤発発
九九九345②③④⑤⑤発発
七八九345②③④⑤⑤発発
この形になってくれさえすれば
どこが出ても8000点の手組となる。ただ、タテに形を求めるのであれば
まず、ドラの⑤
七ワン、九ワン、発と
ツモルには、大変そうな牌ばかり。
だがしかし、ツモレナイという訳でもない。
こういうときにも、打牌選択の軸となることは、
他家からどうみえるのか?場の状況はどうか?である。
例えば、マンズの上が安いのであれば
七ワンを仕掛けて、タンヤオに見せかけて
発で打ち取る、という選択もある。
七ワンを仕掛けて、手出し九ワンと
すれば、いかにも、タンヤオ仕掛けに
見えるのではないだろうか?
九ワン打ち出しておいて
そこからの牌の変化を考える。
当然、タンヤオ移行もアリだ。
ただ、タンヤオ移行作業の際
可能な限り、発をおろそかにしない
手組としたい。
なので、タンヤオ移行とするのであれば
 七七九345②③④⑤⑤発発
九からはずして
6を引いた変化や
7や、⑦を抱えてみてのワタリを考える。
ちなみに、七ワンから外して
九ワンやドラ⑤から仕掛けて
発の後付け、も全然ありだ。
結果、⑤やら発やらツモってきて
どっぺるくん、発さえ切らなければ、
という結果になった。
役牌を落とすには、もう一枚形の変化を待ったほうが
いいんじゃないかな、と感じた。
二二二四五六七七東東西西   ポン白白白
ここから、西ではなく七を切って
マンズの変化を伺うことと同じ感覚だ。
imagesYT4V02PQ.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

48000のちょっと手前

七九白白   ポン西西西 ポン北北北 ポン発発発
親番で、ポンポンポンポン鳴きすぎて
このカンチャンの八ワン待ちだ。
このあと、九か重なれば、七を切って、18000点。
白を引けば、打七ワン。
七ワンはツモ切り。
なぜなら、
七七白白   ポン西西西 ポン北北北 ポン発発発
値段変わらないし、
あと、48000点への道が完全になくなるから。
白を引いて
九白白白  ポン西西西 ポン北北北 ポン発発発
ここからの字一色へのわたり。
これは、結構いけそうだったから。
東も南も場に一枚切れているだけだったし。
で、カン八ワンで和了。
次局
二二四四八八①①②③5559
3巡目。ドラ9ソウ。
ドラ表示牌が8ソウで、上家の一打目が8ソウツモ切りだったので、
9ソウの重なりと、トイトイ系を見て
調子ぶっこいた、打③
西ツモ
 
二二四四八八①①②5559西
それでも、厚かましく打②
奇数の5ソウがアンコウで、あと2とか4とか8とか偶数だから
なんとかなるんじゃないかなって・・・
で。ツモ9ソウ。
諦めて、5ソウ切りリーチ。
二二四四八八①①②5599西
18000点になる。
チートイって値段すごく高いのね。
トイトイ系の48000点は、なかなかむつかしいものだ。
imagesSAGPVHKP.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

どっぺるさんチーム、ホンイツ作戦です!

二二四五六七七九東東西西白白
後ろから観戦していて、驚いた。
好配牌である。
イーシャンテンなので、四五六九のどれか、かな。
わたしは、四ワンを切るけれど。
最初仕掛けてイッツーの七ワンかな、と思った。
白ホンイツ、イッツーの選択肢を残す。
けれど、冷静によくよく考えたなら・・・
ホンイツのにおいを消せることと、シャンテン数。
チャンタをおもわせることだできる、など
他家への影響を考えたなら、やはり四を打ちそうだ。
親番だし。
それで、どっぺるくん、打九。
二ワンツモ、二二二四五六七七東東西西白白
打西、白ポン 打西
一ワンツモ切って、三ワンを引いて
二二二三四五六七東東  ポン白白白
このテンパイになる。
二ワンツモ、二二二四五六七七東東西西白白
ここからの打西の選択の理由は、おそらくオタ風だから。
けれど、東と西、そして白を活用して和了するつもりならば
① 高め ダブ東白ホンイツ
② 高め ダブ東ホンイツ
③ 安め 白ホンイツ
となるわけで、どのみち、高め安めに得点の差は生じない。
であれば、オタ風で場に打たれやすく守備力にも長けた
西を河に放つことは、とてももったいない気がする。
なので、七ワンを切って、この形。
二二二四五六七東東西西白白
こうしておけば、マンズの数の変化にも、西ツモにも
備えることができる。
西ツモの将来如何では、安め白ホンイツでも、
7700や、9600への符による高得点への変化も見込めるわけだし。
ちなみに1打目に四を切った場合の私のテンパイは
一二三五六七東東西西   ポン東東 ポン白白白
です。もちろん、可能な限りチャンタにひっぱりたいし
他家にチャンタを思わせたい。
ペン三ワンチーして、手出し二ワンを河に並べたりできたなら
「チャンタでなければならない理由」を他家に与えることができるから
マンズ以外の色に不自由をお届けすることができるかな、と。
多分、チャンタやトイトイを思わせるようにしながら、ホンイツを組むのかな、と思う。
そう考えて、一打目は四ワンにします。
imagesBGXQWCYO.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

さかばさんさくせん

サカバーマンの後ろから、観戦をする。
一二五六八九②②⑦⑨⑨66
サカバーマンの親番。
ドラ②
8巡目。
上家から打たれた四ワンをチー。
一二五六八九②②⑦⑨⑨66
問題は、⑦⑨⑨、66、のどちらを払うか?だ。
仕掛けやすさなら、66をはらったほうがよいけれど・・
サカバーマンは、ここから、⑨⑨そして、⑦を払おうとする。
下家に6ソウはきついから、かな、と思い、下家の手を観させていただくと・・
下家、手牌
②②③12345789南南
うお、6ソウあぶないじゃん。
そして、この四ワンチーで
三ワンが下家に下がる。
マンズが安いのでよい仕掛けだな、と思った。
マンズを和了の色に決めてしまえばいくらでも、和了できる。
そんな感じの局面だ。
一二八九②②⑦⑨66 チー四五六
七ワンツモ、打⑨
一二七八九②②⑦66 チー四五六
下家に、①が入り、下家のテンパイ
①②③12345789南南
打②
この②をサカバーマン、ポン 打⑦
一二七八九66   ポン②②②   チー四五六
下家リーチの現物の三ワンで和了する。
四ワンを仕掛けたことで、三ワンが下がり
リーチの現物となったことと、
⑦⑨⑨より、6ソウを手の内に残したこと
これらが、結果として、11600を生む。
イッツーの同時性に驚くことと合わせて、
サンシャンテンからでも
①マンズが安いこと。
②四ワンツモにイッツーを感じていること。
③ドラがトイツで、打点も見込めること。
④場にきついから6ソウを抑えていること。
場の状況に手牌を合わせた淀みのない仕掛けだったと思う。
私なら、⑦⑨⑨と66のターツは、和了したいから、6ソウを払う。
そうしていたなら、下家に仕掛けられていただろう。
サカバーマンは、
8割くらい場を見て打っていて、
手牌に我を落とした局は和了を逃していた。
なかなか、よい麻雀だった。
機会があれば、同卓したい。
また、来ないかなー?
imagesSAGPVHKP.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓