So-net無料ブログ作成

オーらすにリーチはいらない

にゃーたん.jpg
 70000点近い点棒があるオーらす。
万が一があるといけないので、
リーチの必要ない手組としたい。
一二三四九九④⑤77889
ここに九を引き、打四
一二三九九九④⑤77889
この形、④や⑤を引くと、リーチにつなげたくなる。
と思っていたら、ツモ八
 一二三八九九九④⑤77889
9ソウをチーして、
一二三八九九九789  チー978
この形から、
八ワンの代わりに字牌単騎ごろごろでもよい。
リーチを打たなくてもよい、手組がマストなのだから。
一二三九九九789南  チー978
こんな感じでもよい。
と思っていたなら、ダイレクトに七ワンを引く
一二三七八九九九77889  
9ソウは場に1枚。
リーチは要らない。
ダマ9ソウツモ、でのフィニッシュでよい。
結果、6ソウ、ロン和了の1000点となる。
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

さんしょくよりも、たんやおちゅう

 面前のテンパイ、タンヤオチュウはチョー勝負の手。
テンパイするといつも、即リーチを打ちたくなる。
一発でツモれば3900点オール。
これはおいしい。
東3局。
点数をたたきたい親番3巡目に以下のテンパイ。
ダマにはしたくないけれど、
巡目があまりにも早い。
三三四五五七⑥⑦⑧22678
七を切っての即リーチよりも
八ワン引きに魅力を感じてダマ。
⑥や6ソウを使用した13枚なので、
四より六のほうが和了できそうだ。
三四五五七⑥⑦⑧22678
2巡後、⑤を引いて 三色なら567かな、の⑧切り
三三四五五七⑤⑥⑦22678
その巡目に5ソウが2枚打たれた。
ああ、567じゃないのか?
じゃあ、いーぺーこが正解なのかな?
と思っていたなら、ふたたび三ワンを引いて
三三四五五七⑤⑥⑦22678
ああ、これはもういーぺーこーにしなさい、だよね、と
打七ワン、りーち。
三色じゃないよ、と牌が教えてくれている。
なら、タンヤオに複合させる手役はいーぺーこで、よい。
三三四五五⑤⑥⑦22678
一発でツモって、裏⑥で6000オール。
自分としては、会心の和了だったのだけれど
同卓者はドン引きしていた。
なんで?カンチャンだから?
 34dba8e8-s.jpg
つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

きゅっと一杯

マナーの気をつける。

なんて、おかしなハナシだ。

マナーは標準装備。そのひとの品格なのだから。

そのお店にも、酔っ払いはよく来た。

いっぱいひっかけてきたぜ!

おう!おう!ぐでんぐでんだぜ!

ドアを開けて入ってきた客は

千鳥足で、満面の笑みで店内へ足を運ぶ。

その店のマスターは、本当に麻雀を愛していて

麻雀を打ちたい気持ちが痛いほどわかるひとだったから、

泥酔者でも卓を立てた。

泥酔者とでも、楽しく打てる、

そのことを気にしないメンツで卓を立てるのだ。

半荘2回も打てば、酔いも覚める、

もしくは、満足する。

たとえば、その泥酔者が、本当に麻雀が打てないくらい

泥酔、酔っている場合には

「ちょっと、休んどったらええ」

とマスターが声をかけて、卓から外すように促す。

そうして、その泥酔者は、マスターの麻雀を後ろ見する。

お酒に酔わさせて、本当に麻雀が打ちたくなった。

麻雀のある風景に身を置きたくなった。

その気持ちが痛いくらいわかる、そういう人たちの

そういう店だった。

その店が最高に居心地がよかった自分は

麻雀は、その人の麻雀の価値は、対局者から

「どう思われているか?」に尽きる、

そう思うようになっていたし、

同卓者の望むように、するべきだ、と現在でも思うのだ。

たとえば、つかさ会では、拾牌が先だけれど、

フリーで同卓者が、拾牌を後にするのであれば、

皆に合わせるべきだ、と私は思う。

点棒申告も間違っていたって構わないと思う。

悪意がなければ、すべてオーケーだと。

マナーが悪いことが嫌なら

そこでは、その人とは、打たなければよいハナシ。

49074bf6-s.jpg

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

まなわる

ここだけの話。

私は麻雀のマナーはどうでもいい、と思っている。

というと、誤解を招くようだけれど

マナーは相手に求めるものではない、ということ。

これは、本当にそう思っていて

つかさ会、というサークルは、あれは

麻雀をお勉強する場所だから、特別。

他人の麻雀への時間を邪魔しないことは必須となる。

目的が違うから。

真剣に打つときは、麻雀以外のことは考えない。

そういう時代がほんの少しあったから、

それが私の一番愛する麻雀の姿になっている。

昔は、対局中はごはんはもちろん水も飲まない。

同卓者の呼吸が打牌に関連していると、

激しい怒りを覚えていた。

なんと失礼なヤツだ。と。

ちょっとした逡巡も許せない。

そのかわり、自分も許されない。

同じ土俵の真剣勝負。

かかっているのは、目の前にある麻雀への

自分の想い、それだけだ。

牌をこぼしたなら、もう打たせてもらえない。

牌をこぼすような粗相をして、

麻雀を打つなんて厚かましいにもほどがある。

おれもこぼさないから、あなたもこぼすな。

点棒申告をいいよどむと、有罪判決のような空気が流れる。

余計な思考を介在させるなど、麻雀にも同卓者にも失礼だからだ。

ただ、同じリズムで、牌の音が響く。

親落とし。

他家のテンパイ。

ひりひりした空気が、他家の手牌への在り様を伝える。

年齢や性別、経験など、全く関係ない。

ちょっとでも弛緩すれば、全てがウソくさくなる。

そのことが怖くて、必死で麻雀に臨む。

その苦しい対局が、私の中の本当の麻雀。

でも、それは、私の中の一番に過ぎないし、

それだけが正しい、なんて思ったことは一度もない。

私の記憶の中で、一番好きな自分の麻雀との関係が、それ

というだけのこと。

麻雀にはいろいろな麻雀が、私自身は、お酒もたばこも、おしゃべりも

しゃみせんも先ヅモも、なんだってアリ、だ、と思っている。

テンパイたばこは、至福という。

トップを取ったあとのビールはサイコー、という。

それがしあわせなら、それもまた麻雀のステキなことではないか?

同卓している人に迷惑をかけない限りは。

結局のところ、マナーなんて自然に身についている

その人、そのものなのだから、それを、どうこう言うのはおかしい。

嫌なら嫌がらずに、同卓しないことだ。

先ヅモありで、ツモった牌を手の中に入れて、他の牌を返したり、

おれ、ノーテンだよ!

と言いながら、実はテンパっていたり。

そういうことも、「あり」だということを同卓している

4人が認めて楽しめているのであれば、何の問題もない、と思う。

つかさ会をはじめる前までは、

どんなにひどいマナーの店でも平気だった。

相手の所作からダダ洩れする情報がおもしろかった。

先ヅモして違う牌を返す人とか、

三味線の人とかは、基本その麻雀がわかりやすい。

リーチをかけて、マンズのモーパイが未練たらしいと

マンズ待ちだし、

仕掛けたい牌があれば、先づもやめるし。

ダマテンのときも、先ヅモやめるから、すぐわかるし。

マナーの悪い人間に打てる人間はほとんどいない。

けど、マナーの悪い人間が、悪いのか、と言えば

そんなことはない。

まなわるの麻雀ほど、愛しい。

そんな対局も数えきれないほどあった。

その麻雀と、自分の望む「真剣勝負」と思っている麻雀と

どちらに価値があるか、なんて、そんなの比べることなんてできない。

20140822201754180.png

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

バランス野郎

 グー、チョキ、パー、は均等に持つよ

バランス大事。

二二③④⑤⑥⑧5566中中中

平場。

ドラは②

南家として何を切る?

3アンコウ

ドラ

いーぺーこー

これらをバランスよくねらう一打!

・・・・

打⑧

二二③④⑤⑥5566中中中

ドラの②引きオケイ

二二②③④⑤⑥5566中中中

5ソウとか、6ソウ、二ワン引きもオケイ。さんあんこー

二二③④⑤⑥55566中中中

4ソウ7ソウ引きもオケイ。いーぺーこー

999999.png

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

チョーどきわくするんじゃよ!

次のツモは何だろうか?

そう思うとわくわくする。

あまり喜ばしくない牌だったりすると

あまり喜ばしくない牌だったから、次のツモは

もっとよいツモになるんじゃないかな~

なんて思ったりして。

そういうワクワクが大好きで、麻雀を打っている。

・・・・・・・・・・・・・

「ローン!赤ドラ1」

「ローン、赤」

・・・・・・・・・・

私が気が付いたこととは、

赤牌に頼った和了は弱い、ということ。

なんというか、安いのだ。

2000点とか、大きくても3900点くらい。

赤ドラドラでも3900点なのだから、

大きな手組とはなかなか成らないのだ。

赤牌で和了されることにおびえすぎて

麻雀というゲームの本質を忘れそうになっていた。

本質、とはすなわち・・

麻雀が色と形を重ねるものだ、ということ。

そう思いなおして、牌を組む。

赤があるからといって、赤牌のみで和了したところで

1000点にしかならない。

赤牌を頼って食い仕掛けると、リーチが打てないから、

祝儀も稼げず、貧乏くさい麻雀になる。

普通に打って、赤牌でも和了できる、ということだけを

忘れないようにすればよい。

結局、その日は、半荘数回で結局、溶けてしまった。

けれど、赤とか、ドラよりも大切なもの、に気づくことができた。

そういう意味では、悪くない夜だった、といえるのかもしれない。

images (2).jpg

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

もうワンチャンス!

合計 3930えん。

よく考えたなら、4000円あれば、

豪華な食事ができるわな~

漫画がいっぱい買えるよ!

でも、賭け麻雀、ということになれば

 それは、勝てなきゃ1時間も持たない、小さなお金。

点5でさえその有様なのだから

ある意味、やはり、博打は狂気だ。

でも、賭けなきゃお金がなければ

麻雀を打つことができない、ということも

この時代の「絶対」だった。

「すいません、もう一回、打たせてもらえますか?

クルマにお金あったので・・」

まったく臆することなく、そのまま卓につく。

私は、考えていた。

さきほどの、赤牌とドラ3.

これは、そうそう起こりうる和了ではない、と。

そもそも、役がない。

役がないと、和了をしても、値段はつかない。

すなわち、赤は怖くない。

私が先ほど振り込んだ12000にしたって

しっかりと形を入れることができていれば、

もっと、高得点の強い和了となる。

また、彼らが、赤を意識した手組を常とするのであれば

私は、その逆を打てばよい。

私は、赤牌で和了出来る、というルールを無視することにした。

自分の手組も、赤に惑わされないように、しっかりと組む。

彼らが、赤牌をセオリーとするのであれば、

赤牌に引っ張られない麻雀で対抗する。

と、いっても、お金全然ないから、負けられなすぎるけれど。

復帰、一戦目は、2着だった。

ほんの少しのプラス。

すなわち、もう一回は打てる。

そして、私はあることに気が付いた。

VFQRJ40um2p1fvdfKtagfKJc_400.jpg

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

ラス半コール

「まっ赤なトマトになっちゃえ!」

願いもむなしく、荒涼としたさわやかな愚形。

本当に静かな風景。魅力のかけらもないけれど

むしろ魅力のないところが魅力かな?なんて。。

最初の半荘は、リーチタンヤオ赤を和了仕掛けしただけで、

3着での払いの終了。

全てに優しい50円なので、16000点持ちの3着は

ゲーム代込みで、2000円くらいの払い。

チップを引かれているので、かごには

500円のカードが2枚と、100円のカードが7枚。

あとは1000円の価値があるとされるかごがひとつ。

すなわち、あと2700円しかない。

 ラスを引いたなら払えない。

最初の半荘で、最低でも2着にならなければ次はない、

そんな状況だったことに今更ながら気づく。

勇気ある撤退。

麻雀でお金を払うことが大嫌いな私は考える。

もし、もうひと半荘戦いにのぞんで、ぼこられて、

払えなかったときにどうなるだろうか?

どうすれば、そのリスクを回避して打ち続けることができるのだろうか?

点5で、お金を持って帰ることは基本難しい。

けれど、半荘1回。わずか、30分足らずの対局と

くそまずいコーヒーとセブンアップ。

さらに、気分の悪い赤ドラ3だかの12000をくらって点5で

2000円ものお金を置いて帰るのは無念といえば無念。

「いやあ、もう一回打ちたいのだけど、

あと2000円しか手持ちがないからなあ。」

私は、ちょっと大きな独り言のように

店員に聞こえるように口にする。

要約すると、店の金を回せよコノヤロー。

一見さんのくせに、まさかのアウトの催促さくせんだ。

アウト切らせてくんろ!朝には返せるから。

との言外の意味を含ませているので気づいてね。

「そうですか、ではラス半ですね。

もうやめたほうがよいですよ。」

あっさり、店員は吐き捨てた。

これは、なんだ。金まわしてくんないの?

てゆーか、オレの麻雀ではまだ及ばない、

お呼びでなくて、場違いだ、ということか?

わたしは、しょんぼりした様子を気とられないように

精算をして、かごを1000円札の姿に戻して店を出る。

自分の車に戻り、忸怩たる思いの中、エンジンをかけようとして

ダッシュボードの中に小銭を入れていたことを思い出した。

500円玉2枚。100円1枚、50円2枚、10円が3枚。

1230えん。

持ち金が、2700えん。

合計 3930えん。

ハコトビでも、2500円

ゲーム代が400円

祝儀でひかれても、まあだいじょうぶだろ。

安心風速はどこへやら。

私は、その店についさっき預けたばかりの2800円を

かえしてもらうべく、もう一度入店した。

「よろしくお願いいたします。」

2a3f0964-s.png

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

赤牌のバックブリーカー

どうして、こんな味のコーヒーになるのだろう。

不思議で仕方ない。

「あずかり、5000円入りました。」

わたくしの5000円札が、へんな「かご」とカードに変身した。

「こちらのかごが、1000円です。

カードがなくなりましたら、おかわり願います。」

とお決まりのセリフ。

ばかこけ、おかわりなんかないわい。

そう思いながら、卓につき、くそまずいコーヒーでは

ツモまで不味くなる、と、セブンアップを頼む。

サイダーをおかしくしたような味を嗜みながら

ソーズがいっぱい押してきたので、赤⑤を切る。

ドラは9ソウかな。はじのほう。

その赤⑤にロンの声。

一二三五五⑤⑤⑥⑦⑧999

「ロン!赤ドラ3!ワンツー!」

え?

赤、と、ドラ・・3.

赤の後付?

そんなのもあるんや・・・

しかも親、12000点。

開局早々、なんだこれ?

「ラスを引いたなら、次の半荘はもうお金足りないんですけど・・」

後悔が堰を切る。

ああ。のりで、こんな店くるんじゃなかった。

せめて、半荘5回は打ちたい。

なんとかならんじゃろうか・・・

なんともならん気しかしないけれど、

とりあえず、涼しい(^^)/顔をして、点棒をはらう。

赤こい。

来いよ!

「まっ赤なトマトになっちゃえ!」

いのりながら、配牌をとるも、本当に静かな風景。

やばい、狩られる。

絶望が去来する。

DSC_0723.jpg

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓

赤和了あり、の麻雀

「本当によく鳴くなあ」

「おまえ、リーチって役、知っとるか?」

「そういうお前に、うってつけの店があるよ。

下関の〇〇ちゅう店や。」

友人に、そう教えられていたその雀荘は、

赤での和了があるとのこと。

赤での和了、すなわち、赤を持っていれば、

赤牌を持っていれば、それだけで一役になって

和了できちゃう、とのこと。

「うわっ・・仕掛けたもの勝ちじゃねえ?」

レートもそんなに高くないけれど、

なかなか入店する機会がなかった。

それに、そういう雀荘には、

そういう赤和了アリの麻雀に精通した

赤和了のオオカミ、みたいな人がいて

多分ぼこぼこにされる。

そういうイメージを持っていた。

賭け麻雀は、ホームが一番。

よその店に行く癖がつくと、勝率が下がる。

:::::::::::

とある週末、福岡への遠征の帰りに、

〇〇の麻雀店の看板を見つけた。

高速代をケチって、下道を使っていたから

見つけることができた。

チェーン店なんや・・・

ちょっと、牌触りたいな・・。

財布の中には、5000円。

そういえば、今日も金使ったなあ・・・

1日遊び倒して、いっぱい使った。

とりあえず、1万円くらい勝てればいいや、と

思い、店のドアを開ける。

負けることなんて、まったく考えていない。

というか、つかなければ、どうにもならない

つけばいい、というのが当時の私の持論だった。

入店すると、店員からルール説明。

店の前に、風速0・5と表記があるから

それでも一度大きなラスを引いたなら、アウトだ。

店内を見回すと、役満の札がかけてある。

~様、〇月〇日、国士無双、おめでとうございます!

みたいな感じ。

赤和了ありでも、役満でるんや。

なんか、早和了ばかりのような気がするけれど。。

そうおもいながら、ソファーで

へんな味のコーヒーを飲む。

「ご新規様、どうぞ」

メンバーからお呼びがかかる。

対局開始だ。

889ccadfcb14e281805f40b8df1850ed.jpg

つかさ会参加者募集↓
お問い合わせは下記メールもしくは
当ブログコメント欄へどうぞ
パラダイス・ロスト本家↓