So-net無料ブログ作成
検索選択

そのつもりもないのに

 国士を振り込んだことも、

ドラの東で振り込んだことも、

 そのことは、それほど問題ではない。

 問題なのは、

国士の可能性を面倒くさがって、考えなかったこと。

正確には、考える力がない、ということ。

ドラの東を受ける手組の可能性がありながら、

その我慢を放棄して、切り出したこと。

正確には我慢する力がない、ということ。 

これらは、自分の麻雀に対する裏切り行為だ。

我慢して考えること、楽をしないこと。

楽な選択に価値はない。

人は楽なほうに流れやすいのだから、なおさら。

:::::::::: 

意識できていなかったのだから、たちが悪い。

そのつもりもないのに、そうなっている。 

今回、振り込みとなったから、

結果として、振り込みとなってくれたから、

こうして、しっかりと見つめなおすことができる。

ああいう国士への振り込みや、ドラでの振り込みが

現実として我が身に降りかからない限り、

やはり、このままどんどん

考える力や我慢する力を失い続けただろう。

それらを身につけるには、とても長い時間がかかるのだけれど

失うのは、一瞬だ。

 

 

 

 file.jpg


麻雀 ブログランキングへ


南場のドラ東

南場の2局親番ドラは東。

18000点しかない親番。

ここで、失点をすると、30000点を超えることは

ほぼかなわないこととなる。

下家が役牌をポン。

8ソウを切って、そのあと、9ソウをポン。

さらに手出しを2回。

そこで、以下の形のテンパイ。

三四五六七③④⑤34588東

8ソウを切って、二五八で追いつく。

そういう選択が日頃であれば先に浮かぶ。

ここでの失点はラス確定の失点だ。

東邪魔。

下家のテンパイ気配がでた巡目に掴んだ東。

ドラの東。

これを切り出すことはほぼ死を意味する。

けれど、東を打てば、高め6000オールだ。

よーく考える。

もし下家が東を2枚持っていれば、

8ソウをあんなにさわやかに切り出すことができるだろうか?

東東899みたいな形にするんじゃない?

仕掛けに迷いが全くない。

しかも、チートイを全く思わず仕掛けるということは、

仕掛けやすい牌がトイツである、可能性が高い。

東がトイツである可能性はほぼゼロに等しい。

役牌ドラドラと役牌トイトイドラドラは、点数的には、2800点

もしくは、1600点しか変わらない。

けれど、後者のほうが圧倒的に和了しにくい。

ドラがあれば、和了しやすさを選択するだろう。

ドラ単騎の可能性がある。

けれど、これもドラ単騎で8000点。トイトイ役牌との点数の差は

 1600点とか、2800点とかだ。

前者は圧倒的に和了困難。

ドラ単騎に振り込むことは最悪。

だって、相手がテンパイを組む前に切れば

そよ風ように切り出すことのできる牌なのだから。

チートイよりもトイトイにしないわけにはいかない

そういう手組である可能性が高い。

東は絶対トイツでは持っていない。

持っているとしたなら、単騎。

でも最終形がドラの東単騎なんて、

わざわざそんなことをするだろうか?

するかもしれない。

東、場に一枚も出ていないし。

東をノータイムで切れない自分が

そのまま実は打牌の理由になる。

迷わず切り出すには理由が足りないのだ。

手牌は8ソウを落とせば、仕掛けて5800も可能。

東のドラを切らなければ、場は重くなり

下家以外はノーテン、1000点の失点ですむし、

首尾よくテンパイを組めたなら、19500点くらいまで

点棒が復活することがかなう。

でも、東切りたい。

最後の手出しで、単騎→ドラ東単騎になった可能性もある。

何故?

ドラの東はやはり切れないから。

誰に?親番である私に?

その可能性は十二分にある。 

切れないから切らずにすむ選択肢を選ぶ可能性は高い。 

でも、トイトイマッシグラーな理由を考えるとドラは使ってなさそう。 

 いいじゃん。押せるじゃん。

いや、でも。

我慢しろって。

ここで、ドラの東を切るなんてどうかしてる。

でも、通りそうな理由もそれなりにあるよ。でも・・

ああ、これ以上打牌で止まることはできない。

で 

東を切ったなら、東単騎に振り込んだ。

いろいろなものが粉々に吹き飛んだ。

 そんな、うげっとなる振り込みとなってしまった。

DSC_1905.jpg 

 


麻雀 ブログランキングへ


東場の東の処理

東場の東。

これは、親に鳴かれない限り切っておきたい。

一打目に切っておきたいくらいだ。

というか、一打目に切る。

鳴かれないうちに切る。

東場の東は、親だけ2役。しかも1.5倍。

自分が使っても1役なうえに

和了困難な牌。

だから、自分が使用する価値がなくて

親番にも鳴かれる心配がない、のであれば

とにかく早めに処理するに限る。

私は、東を切るときに、配牌時の親の目線に注意する。

親番はすぐに切り出さなければならないため、

仕掛けたい牌があると、自分の打牌のあと

目線が河のほうをむく。

これは、よっぽど、気を付けて目線配りに注意をしない限り

ほとんどのひとが、そのようになる。

まあ、東に限らず役牌もそうだけど、

鳴きたい牌があるのに、自分の打牌のあと

自分の手牌から目線をあげないでいる人間はほとんどいない。

だから、逆に自分はどんな時も手牌ではなく河を見るようにしているし、

基本的な姿勢は、視界の下のほうに手牌が一部見えていて

あとは、場をみる、場が視界にはいる、そういうスタンスだ。 

なので、私はそこに付け込んで、ダブ東とかは状況によっては一打目に切る。

これで、仕掛けられたことは、ほとんどない。

 その日も、そうだった。

親番が理牌をして、打牌。

手牌から目をそらさない。

ちゃーんす!

で、東をたたききる。

「ポン!」

え?

え?

なんで、鳴かれるの?

そんな気配なかった。

もしかしたなら、一打目に東なんて打たれない、と

そう思って手牌を見ていたのか?

それにしても、ニュータイプのような反応速度だった。

人が打っている以上、動作が情報を落とす。

私は、それに依って状況を読む。

読み違いじゃない。

仕掛けたい牌を持っていない時の動きだったはずなのに。

ひとつ歯車が狂うとおかしくなる。 

 61f8709e.jpg


麻雀 ブログランキングへ


①ピンのフラグ

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

牌効率的には、ツモ切りだ。

②⑤⑧引きで、ピンフのテンパイ。

7ソウ8ソウ引きでのイッツー

③⑥⑨引きのテンパイなら、ドラも絡んで最強。

すべての牌がテンパイに向かって仕事をしている。

だがしかし、69ソウ④⑦が先に埋まった場合④には、

役なしのテンパイとなる。

リーチを打つ必要が生まれる。

場には、ピンズは安いけれど、強さ的には、

①④⑦>②⑤⑧>③⑥⑨

実際に座って打ってみないとわからない。

けれど、勝手な感想を述べるのであれば、私には、この手組が

大きくイッツーに育ちたがっているようにしか見えなかった。

1打目の8ソウを雀頭に固定できていれば、ピンフイッツーのテンパイだし。

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

2ソウ3ソウを外せば、すべての牌が機能しなくなる、ようにみえる。

3ソウを切れば、2ソウ

11278②③④⑤⑥⑦⑧⑨

2ソウを切れば、3ソウ

11378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

けれど、これらの牌は、

タンヤオへの渡り牌としての仕事をしてもらう。と考える。

2ソウが重なれば

112278②③④⑤⑥⑦⑧⑨

1ソウを切って、万が一のタンヤオ捌きの可能性も手牌に残す。

ドラが⑨だし、78のターツがあるから、それはまれな状況だろうけれど

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

ここから、2ソウ3ソウに手をかけていれば

ダマで①をロン和了できていた。

2ソウ3ソウを外していた場合のテンパイを取った場合

即で打ち出された①に余韻を感じた。

先週のそんな対局がよほど印象深かったのだろうか?

会に遅れて参加をする。

だふたんが、なんだかよくわからない①を止めている。

なんで?なんで、そんな牌止めているのだろう?

結果、①は上家にアタリだった。

場を見れば、①は誰かに和了されてもおかしくない牌、

とのこと。

へえ、そうなんだ。

やはり、卓にじかについてみないとわからないものなんだな。

そんな風に感じて、すこし①と④に意識が残る。

①④絡みの和了が多かったことと、

自分がそのように感じていたこととの相乗効果だ。

①にアヤ?

そんなことを理由に打牌を変える必要はない。

ちょっと気になるけど、とか、その程度の感じ。

その南2局。

38000点持ちの北家の私にドラの四ワンがトイツ。

親番への絞りと、最終局に親番を迎える南家へのケア。

そして、西家へも注意を払う局面。

3人の全ての手牌を推察するのは疲れる。

ひとり減ってくれると嬉しいんだけど。

そう思っていたら、配牌を受け取った際に

西家が、ほんの少し「うっ」という感じで

中張牌を切り出した。

ああ、これは、あれだ。

手が悪いから、なんだか変なことやってみよう。

というヤツだろう。

この西家の手を警戒して

下家の親番にまで、牌を絞っていたなら

せっかくのドラのトイツが無駄になる。

西家は無視の方向で。

手が悪いから、なんだか変なことやってみよう。

で、何をやるんだろう、ということに

全くアタマが働いていなかった。

西家の思考を一ミリも考えていなかったのだ。

結果、①で国士無双を打ち込む。

大切なのは、事が起こったあと、どのように対処するかだ。

大量失点、というよりは、「全く考えていなかったこと」が問題。

すこし、いつもより、攻撃よりに打牌をシフトしてみよう。

押せそうな牌は全て押せば、そのまま麻雀にかえってくるハズだ。

これが問題だった。

というか、牌を抑えすぎる日頃のせいか、

どれが「一番ダメなこと」なのかわからなくなってきていたのだ。

imagesAH5XLSB6.jpg


麻雀 ブログランキングへ


咲と雀鬼

「咲、おもしろいですよ。」

TKO氏のイケボが響く。

「まあ、読んでみてください。」

そう言われて、7年くらい経っている。

一度ちゃんと読まねば、とつたやさんで借りる。

あたまにおおきなりぼんを付けた幼女が、

「しあわせは、みらいにはないんだよ~

せつなにあるんだよ~」

と、口にする。

そうだな、そういうものかもしれない。

もっと、麻雀も刹那的でいいのかも知れない。

そう痛感する。

いつもいつも、同じことばかりやってる。

とめるべき牌を当たり前に抑える

けれど、その当たり前の牌を当たり前に抑えることで、

「当たり前だと思っている狭量な世界」

それしか知ることができていないのではないか?

知らない世界が少しも介在しない麻雀。

そこには、ときめきもないし、夢も希望もない。

明日のことはわからない。

わからないから、おろそかにするのではなくて、

わからないから、そのドキドキも合わせて

刹那を楽しむ努力をするべきではないだろうか?

それが、生きている、ということではないだろうか?

:::::::::::::::::

「これ、貸してあげますよ。

おもしろいから見てください。」

TKO氏が、イケボで私にそう語り掛ける。

貸していただいた、DVDケースに入っていたのは、雀鬼シリーズ。

確かに面白かった。

八王子のクマのハナシとか、ちょー好きだし、

なんというか、「麻雀は楽しむことが一番大事」だと、

そう作品全体が私に語り掛けてくるのだ。

::::::::::::::::::::::::::

タンヤオピンフドラドラの手をノータイムで曲げて

八ワンをツモり、6000オール。

「なんで、ダマにしないんだ?」

と、まず、思う。

でも、ツモ和了の決意があるのなら、リーチでもよい、とも思う。

正解はない。

けれど、そうすれば損をしないセオリーは存在する。

何が正しいのか、なんて実はわからない。

まずは、基本を学ぶべき。

だ、けれども、基本は応用させることができなければ意味がない。

セオリーを守ることに、忠実になりすぎて、

一切、挑戦をしていない。

挑戦をする必要がない。

それが、現在の自分と麻雀の関係だ。

麻雀へのときめきを自分はどこに置き忘れてしまったのだろうか?

あのとき、ひろりん師匠から、教えてもらうことができなかった、

「牌の理屈の向こう側」

私は、いつしかそこを目指すことすら忘れてしまっていた。

「考えて考えて、考えなくても当たり前にできるようになったなら、

そこからは、感じて打ちなさい。

その時は、あなたに麻雀を教えてあげる。」

その言葉のあと、その機会は失われ、

私は、当たり前の事を当たり前にできるように、

そればかりを「バカのひとつ覚え」のように繰り返している。

その結果、自分の当たり前を「麻雀」だと勘違いしてしまっている。

和了できると思った、は和了できる。

振り込みそう、は振り込む。

そんな風に、未来予測の偶然が、色を食むように必然になる

そう「感性」。

それを求めて止まない自分がいる。

このまま、理屈の麻雀ばかり打っていても未来はない。

理屈や基本的なことは当たり前に大切だけれど、

一番大切なことは、自分の麻雀をどうしたいか?だ。

自分の当たり前をもう一度すべて疑ってみて

色褪せた麻雀風景を壊さなければならない。

未来のために、未来を言い訳にして、

約束されたセオリーの下僕となるより、

全ての責任を取る覚悟で、もう一度自由に

いろいろなことをやってみたい。

そう思うに至った。

けれど、ギアを一つ変えただけで、

結果はチョー悲惨なモノとなった。

iおうが.jpg


麻雀 ブログランキングへ


シャンテン戻し

 テンパイから、イーシャンテンへもどす。

せっかくのテンパイをこわして、イーシャンテンにもどす!

という行為は、なんだか、とてももったいない気がする。

けれど、このテンパイではもったいない、と思う局面が存在することもまた事実。

六八⑦⑧⑨123566679

一発と裏のないルール。

ドラは4ソウ。

東2局で、点棒状況に大きな動きのない6巡目

6巡目、という微妙な巡目。 

 六八⑦⑧⑨12356667

このカン七ワンのダマに受けて

五ワンを一枚引くことを待つ、よりも

八を一枚外して、

 六⑦⑧⑨123566679

4ソウ引きや、

⑦⑧⑨1234566679

8ソウ引きに備えたい

⑦⑧⑨1235666789

実戦では、8ソウを引き、ダマで4ソウをツモッた。

 

images1PN788DS.jpg

麻雀 ブログランキングへ


テンパイワタリの為の牌

 八九①②②⑦⑧⑨12389北

こんな、三色のイーシャンテン。

場に2枚とんでいる北を安全牌に抱えて

打①ピン!

いやでも、この①は実は高得点への大事な架け橋。

 八九①②②⑦⑧⑨12389

北を切って、先に①が入れば

 八九①①②⑦⑧⑨12389

ジュンチャンへ。

③が入っても、

 八九①②③⑦⑧⑨12389

悪くない。

九ワンが入っても

 八九九①②⑦⑧⑨12389

9ソウが入っても

 八九①②⑦⑧⑨123899

ジュンチャンへのワタリが打ててしまうのだ。

三色という9枚役より、ジュンチャンという13枚役のほうが

断然、扱いやすいし、破壊力もばつぐん!

yjimage5.jpg


麻雀 ブログランキングへ


手役と牌効率。

 場は軽い。観戦中のできごと。

その場で、もっと検証するべきだった、と後悔。

和了すればオーラスにむかって、トップが見える、そんな局面。

12378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

ドラは⑨

一打目に8ソウを切っていることから、

78のA級両面で決めたい、というところだろう。

ここに1ソウを引く。

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

牌効率的には、ツモ切りだ。

②⑤⑧引きで、ピンフのテンパイ。

7ソウ8ソウ引きでのイッツー

③⑥⑨引きのテンパイなら、ドラも絡んで最強。

すべての牌がテンパイに向かって仕事をしている。

だがしかし、69ソウ④⑦が先に埋まった場合④には、

役なしのテンパイとなる。

リーチを打つ必要が生まれる。

場には、ピンズは安いけれど、強さ的には、

①④⑦>②⑤⑧>③⑥⑨

実際に座って打ってみないとわからない。

けれど、勝手な感想を述べるのであれば、私には、この手組が

大きくイッツーに育ちたがっているようにしか見えなかった。

1打目の8ソウを雀頭に固定できていれば、ピンフイッツーのテンパイだし。

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

2ソウ3ソウを外せば、すべての牌が機能しなくなる、ようにみえる。

3ソウを切れば、2ソウ

11278②③④⑤⑥⑦⑧⑨

2ソウを切れば、3ソウ

11378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

けれど、これらの牌は、

タンヤオへの渡り牌としての仕事をしてもらう。と考える。

2ソウが重なれば

112278②③④⑤⑥⑦⑧⑨

1ソウを切って、万が一のタンヤオ捌きの可能性も手牌に残す。

ドラが⑨だし、78のターツがあるから、それはまれな状況だろうけれど

1178②③④④⑤⑥⑦⑧⑨

これより、

2278②③④④⑤⑥⑦⑧⑨

こちらのほうが、強い13枚だと思うのだ。

話がそれたけれど

112378②③④⑤⑥⑦⑧⑨ とにかく

ここからの2ソウ3ソウ切りは

その代わり、雀頭と、①チーイッツーテンパイを入れることができるし、

また、よしんば、1178②③④④⑤⑥⑦⑧⑨

イッツーにならないテンパイとなっても、

ダマでイッツーテンパイへわたれる。

私は、ノベタンは測りにくいので、組まない。

ピンフにも、タンヤオにも、成れなかった形。

けれど、成ろうとして成れなかったのか、

形は不要との判断からなのか。

形>効率

とはならない。

形と効率を重ねたところに答えはある、と私は思うし

そこを目指すべきだ、と思う。

形に得点があることが、麻雀であり、

そこを求めて、効率はその仕事を収束させてゆくべき。

なので、今回は、ピンフという形に、イッツーという形を複合させて

なおかつ、場に安いピンズで高得点を組むように目指すべきだ、と思うのだ。

12378②③④⑤⑥⑦⑧⑨

7ソウ8ソウ引きで、ピンフイッツーがある。

でも、④⑦が先に入ると、雀頭がない形になる。

このあたりが、もやもやするのだ。

なんとなく、打牌が目的に繋がらない感じ。

メリットとデメリットが両極端。

ピンフは、雀頭から、だと思うのだ。

ここで、1ソウを雀頭に固定することで、最低でもピンフのテンパイは入る。

このメリットはこの局面で大きい。

形を大事にして和了しやすい牌をダイレクトに掴むために

それぞれの牌に効率よく仕事をしてもらう。

私は、そう考えている。

②③④⑤⑥⑦⑧⑨

このピンズの並びから想起するものは、素直にイッツーではないだろうか?

イッツーになりたくないのであれば、

先に②⑤⑧、③⑥⑨、が埋まっているのではないか?

なぜ、これらの牌よりさきに、1ソウが来たのか?

それは、偶然だろうか?

オカルトと言われようが、私は、そういう風にツモってくる

牌の持つ意味を考えたい。

hjk無題.png

yjimage5.jpg


麻雀 ブログランキングへ


トイトイ系の仕掛け

①248南西中    ポン一一一 ポン北北北

手の内は、一見バラバラのようだけれど、

非常に強い7枚となっている。

重なれば、すぐポンできそうな牌が、

①8南西中と5枚。

ここから、せめて、中と南は重なって欲しい。

①248南西中    ポン一一一 ポン北北北

次巡、ツモ8ソウ。

ここで、①を打って、マンズに見せるのも手だが、

他家に南とか中とか、東とか、少しでも打ちにくくなって欲しいし、

①ピンや1ソウも打ちにくくなって欲しい。だから

打西。

ツモ中

きた!ついにきた!

①2488南中中    ポン一一一 ポン北北北

待望の役牌が重なる。よしきた!打①

2488南中中    ポン一一一 ポン北北北

これで、3ソウ引きでもよい。

とか言ってたなら、中が出る。

ぽーん!

この中を仕掛けたなら、ほぼテンパイだと思われる。

それでよい。

2488南   ポン中中中    ポン一一一 ポン北北北

2488南 

の南に手をかけようとして、考える。

カン3ソウの数を。

ドラ表示牌に1枚。下家が1打目に1枚。

そして、トイメンや上家の捨て牌をみるに

ソーズの下は使っていそう。

こんな和了しにくいテンパイに取って、

2488の、24のところが変化して

危険な牌を将来打ち出すなんて、手組はリスキーだ。

親リーとか、ささったなら、受けきれないし。

他家は、まだ、シャンテン以下だ。

南を大切に、

今のうちに、ドラのターツを外して、安全かつ和了しやすい牌と

取り替えよう。そうしよう。

打2ソウ

ツモ1ソウ

打4ソウ

188南   ポン中中中    ポン一一一 ポン北北北

これで、手牌は全て安全牌だ。

よし、ばっちこーい。

そう構えた後、南を続けて2枚ツモる。

:::::::::::::::::::::::::::

こういう私の食い仕掛けを、客観的に

他家の目線でみたとして、どう対応すればよいか?考えてみる。

他家視点としての、私対策。

まず、どういう仕掛けなのか?を考える。

手出しを見ているだけでも、十分な仕掛けではない、ということがわかるはずだ。

これ、よく見てもらえたらわかるとおもうのだけれど、

もし、中や南が最初から組まれていたのであれば

配牌は、一一南南北北中中。

しかも、8ソウのそばを切っていない、ということは、

8ソウも最初から、タテしかけるべく、組まれていた、となる。

一一南南北北中中88

すべての材料が最初からそろっているのであれば、

チートイのイーシャンテンだ。そんなわけはない。

また、8ソウのそばや、一ワンのそばが、

まったく絡んではいないことから、

役牌がたっていての、役牌ドラなどの仕掛けではないこともわかる。

(その可能性が高いことがわかる)

ようするに、めっさ、遠距離な仕掛けである、ということが推察される。

なので、こういう仕掛けをする人間については、

(わたしのような仕掛けをする人間への対策としては)

相手の思惑通りにさせない、意気込みで深慮して打牌を選択しよう。

役牌を少し抱えるだけで、効果は絶大だ。

他家をケンセイして自分が重ねたい牌を、すでに他家が持っている可能性が

高いという情報を得ることができたなら、

この今回のような仕掛けの構想は、困難すぎて乗り出せない。

こういうトイトイ系の仕掛けは、よほど場にうまく合わないと

なかなか和了することは難しい。

だから、場に合わせにくくなるような、牌の切り順を試すのだ。

今回、他家がタンピン系ではないのであれば、

わたしの行く道はちがっていた、だろう。

imagesPMMRF4YN.jpg


麻雀 ブログランキングへ


食い仕掛けの構想

北と一ワンを動くことを決める。

親のシミケン、2打目に北。

ポン!打②.

①を少しでもきりづらくすることと同時に、

(すでに1ソウと9ソウが打たれていることから、

字牌をもっている可能性が高いことを、他家に考えてもらう。)

一一①⑦⑨28南西中  ポン北北北

次に4ソウを引いて、打⑦.

ドラを持ってきたので、チャンタが瞬殺された。

ドラが4から6だと、チャンタはすぐ消えちゃうからつらいわ~

一一①⑨248南西中  ポン北北北

北家の一ワンを仕掛けて、打⑨

⑦→⑨と払うことで、私の手牌から

ターツ選択をした、という情報をこぼす。

⑦⑨のターツよりも、まだ強いターツが手の内にある、

という情報を、こぼす。

①248南西中    ポン一一一 ポン北北北

手の内は、一見バラバラのようだけれど、

非常に強い7枚となっている。

重なれば、すぐポンできそうな牌が、

①8南西中と5枚。

おあつらえむきに、他家はみな、タンピン系ですし。

捨て牌は、④②⑦⑨

この先は、この7枚の手牌で、

どれだけ攻撃できるか?にかかっている。

①3000、6000がベスト。

ホンイツ役役トイトイ。

②2000、4000.

役役トイトイ

③1300、2600

役トイトイ

④その次が、役牌ドラ。

⑤そして、形式テンパイ。

⑥そして、最後が、振らなければよい、というやつだ。

もちろん、他家に親を落としてもらう、という作戦もある。

①を目指して、振らないように組む。

慣れた、いつもの展開だ。

最大限の攻撃、でも、ふらないよ。

だって、みんなタンピンでしょ?

字牌ばかりの自分は、まず振らない。

遅い巡目まで戦えるように、そのように組んだつもりだ。

ba020ddd.jpg


麻雀 ブログランキングへ