So-net無料ブログ作成

そんなオカルトありえません!

配牌をとる。

1ブロック4枚。

これを3回と、親ならちょんちょんで、2枚。 

この時の最初のブロックの牌って、

和了から遠いイメージがある。

サイコロを振って、牌山が割れて

始まりと終わりの場所が生まれる。

最初のブロックに近い牌は、すなわち

その関連牌がリンシャン牌にお眠りになっている

そんな気がするのだ。(そんなのないよ。)

二三四①③⑧⑧56789中中 

ピンズの①③は配牌時に最初ブロックにいた。

中は、最後のチョンと、最後のブロックにいた。

なので、③から外す。タンヤオやピンフを見ずに

ダイレクトに中を取りに行く。

首尾よく、⑧も重なり、中で討ち取る下準備ができている。(思い込み)

で、次巡、4ソウ引き

二三四⑧⑧456789中中

で、、中で即和了。

麻雀もおやさいもおさかなも、新鮮なほうがよい。

できるだけ、リンシャンから遠い牌で手を組むし、

リンシャンに近い牌、

(配牌時の親番の最初のブロック)

が、和了に大きく関連するときには

リンシャンカイホウを狙ってゆく。そんなスタイル。

オカルトだけれど、それでうまくいくことが多いから

それは活用せざるをえないってわけですわ。

歩むことができる未来は一つだけだから、

ここで、中を払っていた未来を知ることはできないのだけどね。

 

 ace0d9e3-s.png

麻雀 ブログランキングへ


トイトイの準備

二九④⑤⑧⑧6799南白発発

南3局、親番のラストチャンス。

ドラは8ソウ

点棒もあまりないから、最低でも12000は組みたい。

まず、9ソウと、発と⑧を鳴きたい。

そうして、字牌を打ちにくい場を作り上げて、

他家を抑えつけたい、と思う。

まず、打九ワン。

こうすることで、9ソウとか、⑧がほんの少し、

場に打たれやすくなるはず。

上家の1打目、9ソウを早速ポン。

打二ワン。

9ソウから仕掛けることによって、⑧がほんの少し取りやすくなる。

続いて、⑧をポン。

打白。

白を打つことによって、発がほんの少し、取りやすくなる。 

そして、発をポン。

ほんの些細なことかもしれないけれど、

些細な仕掛けやすさへの努力もまた

小さいけれど大切なことだ、と思うのだ。 

668南 ポン発発発 ポン⑧⑧⑧ ポン999

ドラの8ソウを引いて、さらにドラの8ソウで和了できれば、

18000.

南を重ねて、南で和了をすれば、12000

と、これ以上手牌が進行することはなかった。

da559bcf2285b7eff48425fc2bb61c2e.jpg 

 

麻雀 ブログランキングへ


1500→24000

東1局、親。3巡目、ドラ1ソウ

⑥を持ってくる。 

二三三12⑥⑥⑥⑨⑨発発中中

チートイではない、ということだろう。 

⑥をツモ切るという手もあるけれど、

アンコウになったからには、その理由もあるはずだ。

打2ソウ。次巡、ツモ一ワン

一二三三1 ⑥⑥⑥⑨⑨発発中中

ここから、チートイを見切って、打1ソウドラ。

発もしくは、中、⑨をツモれば、三ワン切りリーチだが。。

一二三三⑥⑥⑥⑨⑨発発中中

中が出る。ポン

そして、打一ワン

これだけの手材料を1500点にはできない。 

二三三⑥⑥⑥⑨⑨発発  ポン中中中

ここにツモ③ 打二ワン

三三③⑥⑥⑥⑨⑨発発 ポン中中中

も一枚③、打三ワン

三③③⑥⑥⑥⑨⑨発発 ポン中中中

ツモ⓽で、打三ワン

③③⑥⑥⑥⑨⑨⑨発発 ポン中中中

高め、8000オールの手組だ。

発ツモれ!、と思う間もなく、

トイメンさんにカン四ワンをツモ和了された。

da559bcf2285b7eff48425fc2bb61c2e.jpg 

 

麻雀 ブログランキングへ


死後の世界

自分の麻雀を観る。

なんとも、不思議な感じだ。

幽体離脱とか、多分こんな感じなんだろうな、経験ないけど。

死んでしまって、自分を見ている、そんな感じ?

・・・・・・・・・・・・・

自分の麻雀を観る。 

結構、止まってるなあ。コンマ0.1秒くらい。

打牌スピードも全盛期に比べると全然遅い。

ただ、対局中に気づくことができなくて、

あとで、自分の麻雀を観戦してはじめて気づく、ということは

ほとんどないから、まあ、間に合っているのだろう。

一番新鮮だったのは、他家の麻雀がよくわかるってこと。

ただ、後ろから観戦することと、

自分の同卓している卓での他家の麻雀を観戦することとでは、

臨場感が全く異なる。

私のマンズの仕掛けに対して、

下家がピンズに染めている。

西をポン、

①②③④⑤⑦東発北北 ポン西西西

私の切る③を、

③④⑤で仕掛ける下家のチー。

牌を選ぶ指が迷っている。

「ああ、そうか、③なんて出るとおもっていなかったのか?」

そういう風に読んでいるか。

最後まで発を切らずに流局。

「発を切るタイミングを見つけることができないでいたのか? 」

私の予想とは全然違う場所で、全然違う方向を向いている。

これでは、間に合うはずがない。

全く準備が間に合わないまま、打牌を重ねている。

これでは、麻雀の力はなかなか身につかない。

目の前の仕事が終わらないうちに、次の仕事がくる、

とかそんな感じ。あっぷあっぷ。

よい仕事となってはいないのだ。 

「その時、できなくてもがんばる麻雀」なのだ。

それでは、道は遥か彼方だ。 

そうではなくて、

「できることを重ねる麻雀。」これが大切。

そして、できることを増やしてゆく。

たくさん間に合わないいい加減な仕事をするより、

たったひとつ、よい仕事をこなすイメージ。

具体的にいうと、(うまく伝わるかしら)

上家がドラ色のホンイツ。

であれば、ピンズはこぼれるかも知れない。

だから、ピンズを仕掛けてみよう。

まず、この仕事を全うしてみる。

そう考えると、次にはどのように仕掛けたなら

「よい仕事」となるだろうか?と考える。

風牌があるのなら、四喜役を思わせるために、初牌の発を切る、とか、

③①②と仕掛けて、チャンタやイッツーを思わせる、とか、

そういう準備が当たり前に生まれてくる。

それが、打牌の重さっていうヤツだ。

麻雀は4人で打っている。

4人分の情報を全て拾えるはずもない。 

がんばって、何もかも、情報を拾おうとしても、

それは、無理がある、というか、無理でしょ。

必要なことは、情報を拾う力ではなく、必要な情報を精査する力だ。 

 自分の仕事のために、何が必要か、を精査する力。

上家がマンズのホンイツ、

で、下家の自分がピンズのホンイツを仕掛けるのであれば、

相手に対してどうすれば不自由を与えることができるか?

自分が和了するためには、何が必要か?

これを考えることが、まず最初だ。 

オーラス、一番考えなければならないことは、

自分がトップを取るために、何が必要か?

他家がどうするか?何を考えているか?

自分の手牌はどうか?

必要な事項を、ひとつひとつ精査する。

 03cf732cd028b85cedfca8d82194fffb.jpg

麻雀 ブログランキングへ


これから、の四暗刻

どんな子供にも、無限の可能性がある。

それと同じように、どんな手牌にも無限の可能性がある。

麻雀の手牌というものは、いつも空高い、

われわれのあずかり知らぬ世界を目指しているのだ、と感じることは多い。

ただ、その現実に、トップだ、場の状況だ、

と、われわれが勝手にルールを押し付けている気がする。

大自然が、そうであるように、

「麻雀を考えて理解しよう 」なんてこと事体が

おおきなおおきな、思いあがりなのだ、と思う。

けれど、人間は考えることができる。

考えることができる以上、考えるべきだ、と私は思う。 

:::::::::::::::::::::::: 

現在というのは、あらゆる未来の可能性を

ひとつに絞る、そういう因果なものだ。

目の前の選択肢は、いつも 当たり前だけれど未来を決める。

ヨイドレ君は、手牌をなんとかしよう、と思っている。

イッツーと三色。これくらいは、せめて、と。 

ヨイドレ君が ②を2枚、北を1枚ふかすなどという

とんでもないことをやらかしたあと。

ドラの7ソウを持ってきて、打① 

ヨイドレ君が②と北をふかした理由は、

おそらく、どうしていいか、わからなくて

気がつくとスルーしてしまっていた、これだ、と思う。 

四四四②②⑨⑨⑨779北北

さらに次巡、後炉から見ていて、イスから落ちそうになる。

とんでもない牌をツモッてくる。

「うそだろ・・・」

ドラの7ソウ。こんなとんでもない牌をツモッテきた。打9ソウ

四四四②②⑨⑨⑨777北北

ツモスーだ。信じられない。

あの手順で・・・。

②はもうゼロ枚。北があと1枚あるのみ。

そのあと、4枚目の⑨をツモる。

⑨をツモ、アンカン。

「ま、まさか・・

これは、あるんじゃないか・・」

そう思わざるを得ない、奇妙な存在感のあるツモスーテンパイ。

その牌をツモったときの、ヨイドレ君の様子で

ああ、北をツモッたのだな、とすぐにわかった。

残り1枚しかない、北は当たり前のように、そこにいて四暗刻を形作る。

天文学的な確率ではないだろうか?

②と北を仕掛けることなくスルーして 

ドラの7ソウをアンコウにして、 

最後の1枚を、ツモる。

偶然のようにおもえることが、実はすべて必然である。

そう思えることが麻雀の神秘的なところだ。

ヨイドレ君は、ひさしぶりの麻雀を、彼なりにダレることなく

めずらしく飽きることなく大切に打っていた。

きっと、その気持ちに対する麻雀からのご褒美なのかな?

と思いとても符合する。

理屈な麻雀でいえば、まあひどい麻雀だ。

2枚目の②は仕掛けない理由は見つからない。 

1打1打は理屈ではまったく繋がっていない。

けれど、 麻雀の対する思い、ということから考えたのであれば、

それはしっかりと繋がっている。

前の日から、明日は麻雀に行こう、とおもいながら、

イッパイひっかけるヨイドレがいて、

ひさしぶりの麻雀を精一杯楽しんで、

その結果、気持ちのいい思い出を

麻雀からプレゼントしてもらえた。 

 夏休みの「えにっき」のような優しい世界。

それはそれでなんだか、ほっこりする。

そう思うようになった自分もまた、大きく老いた、と感じるのだ。 

と、同時に、自分の軸のひとつである、理屈の麻雀に疑問を感じざるを得ない。

03cf732cd028b85cedfca8d82194fffb.jpg


麻雀 ブログランキングへ


あのときの四暗刻

自分の手牌を大きく育てたい。

その得点の高さが欲しいのではなくて、

その可能性を信じたいから。

賢明であるふりをして、自らその手牌の未来を閉ざすことほど、

小ざかしく、そしてまた、愚かなことはない、と思う。

 怖がって、おりて、自分の手牌の可能性をつぶすことだけは、避けたい。

けれども、 思いあがって行儀悪く悪食に、和了を求めることもまた、避けたい。

そのバランスが途方もなく難しい。

ましてや、自分の麻雀が少しでも、役に立てばいい、

などど本気で願っている場合は、またなおのことである。

4年ほどまえ、真剣に麻雀に取り組んでいる青年がいて

私は全身全霊を注いだ。

彼の対局については、今でもいくつも覚えている。

現在は私自身、その熱量はゼロだから、

なんだか、思い出話にもなるのだろうけれど。 

私の場合、麻雀の記憶というものは、正確には記憶ではなく、

アルバムのなかの写真のようなもの。

覚えている、というよりも、刻まれている、といったところか。

その青年の手牌は、北を仕掛けて12000のトイトイホンイツ役役。

②から仕掛けてもよい。

②②⑤⑥⑥⑦⑦⑦東東東北北 

少なくとも、北は仕掛けなければならない。

下家が北を打つも、青年は動かない。

私はその理由について、説明を求める。

曖昧な返事は許さない。

なぜ、北を仕掛けなかったか?

場の状況を鑑みれば、8000点だっておおきな価値がある。

青年は応える。

「もう一枚あります。」 

理由にならない。

私は目の前に北が打たれたことに対して

どれほどの誠実さを持って対応をしているのか?

これを訊ねている。

私は、青年がスーアンコウを和了したいのだ、

と思っていることには気づいていた。

けれど、場を見て手役におぼれる麻雀に明日はない。

それをよしとするのであれば、

私と麻雀の道を歩くことはできない。  

麻雀は役満を和了するゲームではない。

役満の必要があるのか?

おのおのの麻雀の目的はそれぞれだけれど、 

少なくとも、私の麻雀は違う。 

「麻雀を知りたい。」 

そういって、ドアを叩いた以上、

そこのところに一切の手加減も容赦も存在しない。 

北を仕掛けないこと、についての理由をしっかり求める。

逃がさないし、あやふやな返事をきくつもりもない。 

 北を仕掛けないことが、我欲に振り回されるポンジャンゲームでない、

といえるのであれば、納得のできる説明を整えなさい、と。

結局、青年は明解な回答などできず、

納得のできないまま、口を紡ぐ。

わかっている。

スーアンコウが和了したかった、だけではなく

可能性を信じたかったこと。

北をツモって、②をツモるイメージが

浮かんでいたのだろう、ということ。

けれど、麻雀の厳しさは、そういうものを

抑え付けなければならないところにある。

私はそうしてきた。

苦しくても我慢しなければならない、あらゆる方面で。 

手牌に甘えない。

甘えて楽をしたなら、そこでおしまいなんだよ。 

我慢しなかったら、我慢をしない先の未来を決して

知ることができない。 

少なくとも、「当たり前の牌の構成」もあやふやな現在の青年が

その感性の麻雀を語るには、あまりにも時期尚早だ。

悔しければ、もっともっと昼夜を惜しんで

「麻雀の勉強」をすればいい。

誰にも負けないくらいの努力を持って、何度も何度も

眠れない夜を越えて、そうして、ようやく入り口に立てる、

それくらい麻雀は厳しい世界。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・:::::: 

目の前で、ヨイドレくんが、トイツ系の手組。

ドラ7ソウ 

四四四①②②⑨⑨⑨79 北北

2枚めの②が場に打たれるも、スルー。

鳴かなければ、ほぼ間に合わない手組で何をやっているんだ、

と思いながらも、言葉にはしない。

麻雀を楽しむこと、が目的で参加しているヨイドレくん。

仲間とともに過ごし、牌の可能性を感じるために

参加している彼に、打牌の合理性を説いても詮無いことだ。

少なくとも、彼は精一杯麻雀を楽しんでいる。

そのことは、大切にしなければならない。 

現在のつかさ会は、それでいい、と思う。

わたしは、とっくに多くのことは望むべくもない、

ということを知っているし、

それを求めることは、私のわがままだ。 

楽しい、ことにも、大きな価値がある。

価値があるなら、意味がある。 

ああ、②と北のトイトイ、懐かしいな。

わたしは、いつかの青年の対局を思い出しながら

「色あせて、さびてしまった大事なおもちゃ」をみつめるように

よいどれ君の13枚を見つめる。

やるべきときに、やるべきことをさせてもらえなかった13枚の手牌。 

私には、そのようにしか見えない。 

和了叶うためには、もう一枚しかない北をツモッテくる、これしかない。

 もしくは七対子に組みなおすか?

いずれにしても、困難極まりない状況だ。 

そんな奇跡など、みたことない。 

 

 d392e997ae3bc60756299e99e503e3ea.jpg


麻雀 ブログランキングへ


ポンのメリット

麻雀は、準備が大事。

常に準備の質を問われている、と言っても過言ではない。

同じ牌を切るにしても、

それにどれだけの静謐な想いがくべられているのか?

そのことを競いたい。

南3局。暫定トップだから、

厚い仕掛けが好ましい。

西家というメリットを最大限に生かすことができる

タテの仕掛けをよし、とする手牌なら嬉しいのだが・・

一三八①②③③③⑦188中

ドラ①

ここに八をツモ。

下の三色が見えることと、

八と8がトイツのため、中はかさならないほうがよい。

重なると役牌の中に頼る手組となってしまう可能性がある。

上家が⑤五ワンとか切っているから、

中は上家も欲しがっているかもしれない。

重なると荷物になる牌はいらない。で、打中。

第2ツモは⑨

一三八八①②③③③⑦⑨188

八と8で2面子。

①②③③③の部分も、②引きの

②②③③③

ドラの①を引いた①①③③③

への変化が容易に叶いそうなので、ここはもう2面子できているのと同じ価値。

アンコウ候補が4つあれば問題なくしかけることができる。

親の河、北九

上家の河、五六

なので、1ソウも重なると荷物になる。

2から8の出来れば、マンズで仕掛ける形が望ましい。

8ソウをポン

八ワンを引き、②を引き、8ソウを加カンして

八八八②②③③③⑥⑦  カン8888

の1600点での和了となる。

8ソウや八ワンなどをアンコウにすることは難しいけれど、

ポンを視野にいれるのであれば、メンツ候補としては申し分ない。

ツモリにくく、仕掛けやすい取りやすい牌。

そういう牌は、どんどんポンしていくべきだ、と思う。

ツモることが難しい牌を、仕掛けで補強するイメージ。

「8ソウアンコウはむつかしいかな?」と思うのであれば、ポン!

仕掛ける癖をつけたなら、仕掛けやすい牌がわかってくる。

そういうものだ、と私は思う。

8825d073-s.jpg


麻雀 ブログランキングへ


タンヤオ無双

食い仕掛けのメリットって何だろうか?

早い。

他家に警戒してもらえる。

簡単に言うと、

スピードが早くて、構ってもらえる。

ということではないだろうか?

今回は、簡単なのか難しいのか、よく解らないけれど、

タンヤオについてのオハナシをしてみたい。

個人的な所感としては、タンヤオは早くないし、

他家もさほど警戒をしてくれない。

手役も複合困難だし、手の内は中張牌ばかりで、

危険度マックスだし。

そんなタンヤオではあるけれど、仕掛けどころさえ

抑えておけば、これもまた強力な攻撃スキルとなる。

赤5がある場合は、赤の受けを残しながら打つ。

ということが、その基本になる。

赤が5なのチャンタ軸を組むのはある意味自殺行為だ。

わたしも赤が5であれば、仕掛けの半分はタンヤオ軸となる。

高得点に容易に届くからだ。

赤5の麻雀で、タンヤオより優れた役は存在しない、とまで思う。 

だがしかし、赤がない場合は、まったく戦略が変わってくる。

やはり、三色とドラをいかに手牌の軸とするか?

赤ナシの場合は、(赤ナシの場合も、というべきか?)

これに尽きると思う。

例えば、二二三三四五⑥⑦⑧⑧579

ドラは七ワン 

巡目も深く和了が欲しいそんな局面で 

こんな手牌で、場に4枚目の6ソウが打たれる。

仕掛ければ1000点濃厚。でも、仕掛けなければ

これは、リーチを打っても「和了すら困難」そんな風にも感じられる手牌。

マンズもピンズもうまく伸びてくれそうにない。 

であれば、まず仕掛けて、9ソウを切って、

二二三三四五⑥⑦⑧⑧  チー657 

ここから考える のは、ドラの七ワンを引いた場合の手牌の変化である。

ドラの七ワンを引けば

二二三四五七⑥⑦⑧⑧ チー657

二三四五七⑧⑧ チー⑤⑥⑦ チー657

こういう風に567の三色軸の手牌変化が望める。

なので、

二二三三四五⑥⑦⑧⑧

ここから、六を引いた時に三を切ることや、

⑧をチーしないことが大切になってくる。 

タンヤオで仕掛ける以上、ドラと三色のことは

常におろそかにしないようにしたい。

返せば、タンヤオで仕掛けることを決意する先に

ドラと三色を見据えることができないのであれば、

それはタンヤオ仕掛けに適していない状況といえる。 

 ace0d9e3-s.png


麻雀 ブログランキングへ


1500点を7700点にする方法

食い仕掛けのデメリットって何だろうか?

手牌が短くなること。

リーチが打てなくなること。

値段が安くなること。 

簡単に言うと、

守備力 が落ちて、攻撃力も落ちる。

ということではないだろうか?

今回は、攻撃力を補強する打ち方を少し

オハナシをしてみたい。

前回、

一一二四789 ポン111 ポン 中中中

ここから、トイトイに組みました。

組みました、というよりは、組めました、という感じ。

この形からは、チャンタとドラが見えており、

チャンタを軸に重ねると、トイトイも見えてくる、

そのことから、運よく、トイトイに組めた、というそういう展開。

対局者が、「よく見てくれている人」であれば、

手出しとツモ切りから、中ドラ1の安手テンパイから、7700に組んだ、

ということがわかるはずだ。

その結果、「この人の食い仕掛け めんどうくさい!」

とでも思われてくれたのであれば、それはそれでOKだろう。 

カン三ワンの中ドラ1のテンパイが、三ワンが取りやすいとか、

2900点が充分な手組となる場の状況である、とか、

そういう特別な条件が揃わない限りは、やはり、私は、二ワンを切って一度テンパイを外す。

現在の 一一二四789 ポン111 ポン中中中

が、特に和了しやすいテンパイでないのであれば、

和了しやすくて、高得点に組んだほうがよい。

食い仕掛けた後であっても、そのことを

常に頭の片隅に置いておく。

トイトイやチャンタをあまり好まない諸兄は

やはりタンヤオと役牌が仕掛けの軸となるのだろうか?

役牌は、その仕掛けひとつで、和了する権利を得ることができる優れモノ。

 また、役牌を仕掛けることによって、

いくつかの他家の役満の可能性を場から瞬殺することができる。

風牌をポンすることができれば、四喜役がなくなり

三元牌をポンすることができれば、三元役がなくなる。 

返せば、自分が風牌を仕掛けたときには、

他家はほんの少しだろうけれど、四喜役を警戒するだろうし、

三元牌を仕掛けたのであれば、やはり三元役を警戒してくれるだろう。

さて、タンヤオ。

実は、タンヤオも取り回しの良い役だ。

赤が5環帯の麻雀であれば、タンヤオは無双状態となる。

いわゆるタンヤオ無双、というヤツだ。

タンヤオは食い仕掛けたあとも、以下の役と複合できる。

トイトイ

三色同刻

三色同巡

清一色 

また、チャンタと比べると

2から8の数しか使用できないため、

和了することは実はそれほど簡単ではない。

チャンタは、字牌と1から3、7から9の牌を使用できるので、

タンヤオよりも実は遥かに和了しやすい。

まあ、それはさておき、次回はタンヤオでの食い仕掛けについて

考えてみたい。

 0f992d61-s.jpg


麻雀 ブログランキングへ


構って欲しい四喜役

東をポンじゃい!

ふおお、風がふいちょる。

風がふいちょるばい! 

あと、北もポン!

場には南と西が1枚づつ。

まあ、別に四喜でなければならない理由もないのだけれど。

四喜役で和了をすると、もれなくホンイツが付いてきます。 

 ④⑤⑤⑥南南西  ポン北北北 ポン東東東

つもっっ!字牌の感触・・・東・・

やばい、外側に大きく膨れた。

親番と南家がリーチ。

この人たち、わたくしの仕掛けをガン無視していらっしゃるわね!

ふつう、風牌2つ仕掛けたなら、その種を潰すまでリーチはいかないだろう・・。

つぶされてるのかな? 

ぐぬぬぬ・・・ 

とはいえ。

親リーチには逆らわないほうがいいよね・・。 

親番の河に西、南家の河に南。

うおりゃー!

③を引いた。・・・

・・・・

打西。

まあ、7700点も大事。ね?

 だいたいツモが外側に膨れるときは危険な時が多い。

 tumblr_m1ckzfqwc61qk2vgno1_1280.jpg


麻雀 ブログランキングへ