So-net無料ブログ作成

瞬激の食い仕掛け

その次巡、中が重なる。

五六七⑤⑥556南南南発中中

ああ、5ソウを切るのかな?

と思っていたなら、ここから、発を切った。

?なぜ?とめてたんじゃないの?

この発を まるで待ち焦がれていた恋人を見つけたように 

トイメンが少し驚きを交えながら鳴く。

ポン! 

誰だってこの局は和了したい。

ここ局さえ制することができれば・・・誰もがそう思っているはずだ。 

全員が最短距離で和了に向かうその緊迫した空気のなか、

ますたぴょんは、リャンシャンテンから中を重ねて

大外から一気に和了に向かう。 

違った。

全然思っていたことと違った。

ますたぴょんは和了をあきらめてなどいなかった。

ぎりぎりの本当のぎりぎりまで我慢していただけなんだ。

自分の麻雀を信じて。

自分の麻雀の歴史を信じて。

自分の麻雀への想いを信じて。 

 五六七⑤⑥556南南南中中

ここから、上家の切る7ソウをチー。 

本当にしなやかに、5ソウが卓上に落ちる。

まるで、ここまでの道のりを知っていたかのように

平然と切り出された5ソウは、どことなく荘厳な感じがする。 

トイメンから④をロン和了。

ほんの数秒の出来事だった。 

1000点の和了。

だけど、中身の重さが違う。 

三色の形も残っている。

ホンイツやスーアンコウの形も入っている。

何にでもなれる、どこにでもいける形。

とてもじゃないけど、まねできない。

まねできないけれど、かっこいいなあ、と思う。

私はかつて、こういう麻雀に憧れていた。

こういう麻雀を打てるようになりたい、と思っていた。

重くて、一生忘れることができない、打牌。

我慢に我慢を重ねて、一点を突破してゆくその強い意思。 

お金を賭けることがどうだ、とか

そんなこと恥ずかしくて口に出来ない

圧倒的な説得力のある打牌。

ホンモノだ、と思う。

そう思うと同時に、自分もホンモノになりたかった、ということを思い出す。

だけど、とてもじゃないけど、もう自分にはムリだ、と思う。

私は、メンホンにできないし、

西を仕掛けないこともできない。

そんなに我慢できない。

我慢をし続けていたけれど、

我慢をしない周囲のせいにして

いつしか自分の中の本当に求めていた麻雀を

完全に見失っていた。 

ますたぴょんの麻雀を観戦していて

自分の麻雀が恥ずかしくなる。 

この対局は、私が観ていなければ、誰にも

どこにも残らない。

ますたぴょんだけが知りうる対局だ。

きっと、そんな麻雀とずっとともに戦ってきたのだろう。

孤高の麻雀打ちだ。

なんだか、得体の知れない激情がこみ上げてくる。 

もうどんな理由があっても、軽い麻雀は打たない。

その結果、同卓者にどのような影響を与えることになろうと

それは私がどうこうできる次元のハナシではない。

そうしなければ、何もかもママゴトになる、とまで思った。

だって、私はそうしたいのだから。 

麻雀というものは、おのれとの戦いで、

他人に対して答えを求めたりしてはいけないものなのだ。

語りたいことがあれば、打牌で語るべきだ。

言葉にしないからこそ、伝わるモノだってあるわけだから。

いつかそういう粛々とした麻雀に辿り着きたい。

サークルとか、ブログとかやってる現在は無理だけれど。

 ゆかりん.jpg

麻雀 ブログランキングへ


字牌を抑える

ますたぴょんの対局は続く。

::::::::::::::: 

生活に支障のない麻雀。

安全圏での痛みのない麻雀。 

自分の麻雀への情熱は、いつしかどこかにきっと霧散してしまっていて

今はその残滓にすがり付いているだけだ。 

 ますたぴょんと離れてから10年、

もし、私も自分の麻雀をちゃんと磨いていれば

違う現在があったのだろうか?

そう考えていると、七ワンが入った。

 五六七⑤⑥5568南南南発中

ここから、発や中を切るのであれば、イーシャンテンだ。 

だけど、ますたぴょんは、平然と8ソウを抜く。

五六七⑤⑥556南南南発中 

発や中を切らずにどうやって和了するつもりなんだ。

字牌とか止めているのは、ますたぴょんだけだ。

みんなが、止めない牌を自分だけ止めてどうするの?

場に合わせて、少しくらい自分の麻雀を譲ってはどうなんだ!

とまで、思う。

自分が勝ちたい、とかそういう気持ちを理由に

牌を安易に切り出さないことは、本当に長い目でみると

素晴らしいことだと、思う。

でも、現在、ここ一番この勝負どころで、

和了しなければいけないこの大事な局面で、

そこまでストイックに自分の麻雀を貫かなくったっていいだろう?

例外、ということでいいじゃないですか?

今回は、大会なんだから、例外。

そう思う私をよそに、

ますたぴょんは冷静に打牌を重ねる。 

本人が納得しない麻雀に価値はない。

例外を認めてしまっては、それはますたぴょんの麻雀ではない、

そういう麻雀で勝っても、何の意味もない。 

ということなのだろう。 

その次巡、中が重なる。

五六七⑤⑥556南南南発中中

いまさら遅いって。 

imagesQ4FEYYUW.jpg

麻雀 ブログランキングへ


字一色との複合役 [閑話休題]

自分の麻雀が、軽いな、と感じるとき、

 

むやみやたらな仕掛けが多いな、と感じるとき、

 

正月にいただいた、この牌姿をいつも思い出す。

 

ここ半年は、本当に自分の麻雀が軽くて嫌になっていたので、

 

この牌姿がずっとあたまの片隅に残っていた。

 

面前の麻雀の強さ。

 

手牌の可能性をおろそかにしない一打の重さ。

 

これらを理解したうえでの、仕掛けだからこそ、

 

強い鳴きとなるのだ、と。

:::::::::::::::::::: 

 

 

 以下再録です。

 

 

何切る?

 

「この間ね・」

そう言いながら、F岡先生がおもむろに牌を並べる。

東東南西西西北北発発白中中

深い巡目で、北が打たれた。

仕掛ける?

との問い。

場の状況は特になく

字牌をこぼしやすいメンツで

なおかつ、役満の複合がある、とのこと。

役満の複合がある、ということは、

それを生かすのであれば、当然の仕掛けかな?

仕掛けて、白を切り

東東南西西西南発発中中  ポン北北北

四喜役へのワタリを打つ。

これが正解かな?

「で、北をポンしたのよ。」

F岡先生のハナシは続く。

「でもね、字一色チートイも和了してみたいな、って」

そういって、困ったように笑うF岡先生。

で、

結局、仕掛けようが、仕掛けまいが、字一色は和了できていた。

「西は、ツモってきたんですよね?」

私が尋ねると

「そうそう、西をつもってきたから・・」

そういって、嬉しそうに笑う。

そうなのだ。西をツモってきたこと。

このことが教えてくれることを、どう考えるか?

役満の複合。すなわち、四暗刻である。

北は場に一枚目なのだから、

東東南西西西北北発発白中中

仕掛けずに、このままの形で、牌に尋ねればよい。

東や北を引くなら、白を切り、

東東東南西西西北北発発中中

南を残して、四喜役にわたってゆく。

役満の複合があるルールならば、

3倍役満、小四喜、字一色、スーアンコーだ。

最大限の可能性を見据える懐の広い選択肢。

このことを、ぬるいと感じるひとは多いとおもう。

けれど、わたしは、こういう

「牌に訊ねる、ひとつの我慢」

がたまらなく大好きだ。

そうして、自分の打牌の結果がうまくいっているのに、

なおかつその一打を精査する、F岡先生の姿勢も素晴らしいとおもう。

懐かしい気持ちが溢れる。

hjk無題.png



<→
麻雀 ブログランキングへ


何切る?字一色 [閑話休題]

 ちょっと、観戦記事ばかりなので。。。

 

何切る?

 

お正月にうかがった何切る、というか、

 

「どうするか?」ですが・・・

 

再録記事です。 

 

 

 

東東南西西西北北発発白中中

 

深い巡目で、北が打たれた。

場の状況は特になく

字牌をこぼしやすいメンツで

なおかつ、役満の複合がある、とのこと。

 

 

 

 

hjk無題.png



<→
麻雀 ブログランキングへ


神スルー

 リーチ棒の供託もあるし、積み棒もある。 

ここで、和了を最優先するのであれば、

西だって仕掛けるべき!

本当に昭和の雀士ってやつは・・・

五六⑤⑥5568南南南西西中

西を2枚ふかしてこの形。

現在リャンシャンテンのこの形に、場に1枚も見えていない中。

ここから、ますたぴょんは西を切った。

え?なにやってるんですか?

リャンシャンテンをサンシャンテンに?落として?

どこへ向かおうというのですか? 

仕掛けもスルー、シャンテンスウもスルー。

何もかもスルーして、どういうことですか? 

こんな中、止めていたのでは勝負にならない。

そうか、ここは我慢、そう決めたんですね。

まあ、他家も和了にむかってガンガンつっこんでくるだろうから、

それを考えるのであれば、役牌を絞って落ちる、というのは

そんなに悪い戦術だ、とはおもわないのだけれど・・・

で、次局に発を引いて打西

五六⑤⑥5568南南南発中

誰に対しておりているのか、さっぱりわからない。

もう7巡目なのにサンシャンテンだ。

絶好の役牌アンコウの絶好の手牌をどうして・・

ますたぴょん、それがますたぴょんのスタイルとはいえ、

いくらなんでも、 貫きすぎだろう。

大局的にみても、対局的にみても、

親番の前のこの南家以上に、攻めなければならない局面など

存在しないだろうに・・・。

でも、打っているのはますたぴょん本人で、私ではない。

九州の予選を戦って、勝ち抜いて

仕事に都合をつけて、神奈川まで出てきて、

どれだけ麻雀が好きなのか?このひとは?と思う。 

その対局への思いなんていうものは、

ますたぴょんにしか、きっとわからない。

切れない発や中は切らずに戦う、という麻雀は

 あまりにも、時代遅れなのかも知れない。

けれど、私はそれでなければ価値がない、とまで思う。

打っている本人が納得していない結果に、何の価値もない。

私は、静かに首肯する。

わかりました。

とことん、その麻雀を見届けさせていただきます、と。 

同時に自分を省みる。

仲間に「よい麻雀を打って欲しい」そのことのために、

いや、そのことを口実に歪めてきた自分の打牌。

誠実ではない、とわかっていながら、「教材」を理由に牌を抜いてきた。

鳴かなくてもよい牌を仕掛けて、余計な振込をして、

目的の為の犠牲だ、と、言い聞かせながら。 

だって、私はもう麻雀は強くならなくていい、

知りたいとは思うけれど、自分が強くなることが希望ではない。

それは、本心なのだけれど、

目の前で「自分の麻雀を貫いている姿」を見せつけられると

自分は間違っていたのでは、と思わざるを得ない。

けれど、再び、そこまでの闘志を持って対局に臨めるか?といえば

その自信も全くない。 

五六⑤⑥5568南南南発中

 三色が見える。

だけど、切れない発や中があるから、

それはかなわない。

ホンイツにもタンヤオにもピンフにもなれない形。

動きやすい数牌を動いたとしても、

重石のように役牌がその進路を阻む。 

まるで、現在の自分の麻雀のようだ。

このままでは自分の麻雀の未来は、どうにもならないことがわかっていて

まだ、ほんの少しできることも残っているのに、振り払えないものが重石になっている。 

場を動かす恐れのある字牌を切り出せなくて、

動きやすい両面ターツを強く組むことができない。 

自分の麻雀への情熱は、いつしかどこかにきっと霧散してしまっていて

今はその残滓にすがり付いているだけだ。 

 ますたぴょんと離れてから10年、

もし、私も自分の麻雀をちゃんと磨いていれば

違う現在があったのだろうか?

そう考えていると、七ワンが入った。

 五六七⑤⑥5568南南南発中

f8006509-s.jpg

麻雀 ブログランキングへ


それも、鉄鳴きでしょ?

観戦は続く。

後ろから観ているだけなのに、

思わず発声したくなる状況が多い。(そんなのないよ。)

積み棒が3本。

供託のリーチ棒が3本。

東ラス。

ますたぴょん!ここは1000点だよ!

1000点で充分だから仕掛けるんだよ!

気が付くと、本気で応援しているわたくし。 

ますたぴょんの自風である南がアンコウとなった3巡目。

五六⑤⑥5568南南南西西 

この手牌。

ここにトイメンから、西が打たれる。

・・・・・・・・・・・

スルー。

「え?寝てるの?目空いてるの?」

これは、鉄鳴きでしょ?

そんな悠長に構えている場合ですか?

まあ、もう一枚あるけれど、

 仕掛けるなら、一枚目から、

というのは、食い仕掛けの鉄則。

続けて、打たれた西。

これも、またスルー。 

私は、手に持っていたスマホを落としそうになる。 

なにやってんの!

声が出そうになる。

いやいや、待って。 

ちょっと、考えてみよう。 

まず、マンズ五五六、これで1ブロック。

ピンズ⑤⑥、これで2ブロック。

ソーズ5568これで、3ブロック目ですな。

で、南アンコウで、4ブロック。

西は雀頭。

なるほど!それで、リーチを打って

456か、567の三色の3000.6000ですな。

なるほど!って。

遠いわー!

手牌の可能性を潰してまで、点棒を拾わない。

そんなことをしたって、いいことないって。

というのが、ますたぴょんの持論。

でも、・・・・

遠いわ~。

そのあと、ますたぴょんは、中をツモり、

五五六⑤⑥5568南南南西西中 

その次の打牌に、私は、ひっくり返りそうになる。

まじすか? 

 66677777.jpg

麻雀 ブログランキングへ


天鳳さえやっておけば

 

③③③⑤⑤⑥⑦667発発発 

このシャンテンに上家が⑤を切る。

天鳳をやっていれば、迷わず仕掛けることができる牌。 

きっと、これを鳴かないなんてありえません、なオハナシ。 

目の前の1000点の価値は、そのまま1000点ではない。 

自分が和了をすれば、他のひとは和了出来ないわけだし

なんといっても、次局からは、親番で

ここで大量得点を獲得しなければならないはずだ。 

その⑤スルーしたその先には①がいた。

①③③③⑤⑤⑥⑦667発発発

ノータイムで打7ソウ。

そうか、三暗刻か・・・ 

理屈は解るし、牌の動きはそうだけれど、

でも、三暗刻はツモ和了でなければ、

成立しない役。よしんば

③③③⑤⑤⑥⑦⑧66発発発

こんなテンパイになったとしても、

ロン和了なら食い仕掛けての1000点と何も

かわらないではないか?

そのあと、2枚目の⑤が打たれて

さらに③を引く

①③③③③⑤⑤⑥⑦66発発発

?③カン?

いやいやまさか・・・

よく見るとこの形、カン②とカン④

をツモってさえしまえば、なんとかなりそうだ。

③が4枚。場に見えている牌も合わせると⑤も4枚。

②も④も場には出ていない。

打6ソウ

①③③③③⑤⑤⑥⑦6発発発 

数巡後、②を引く。打6ソウ。

①②③③③③⑤⑤⑥⑦発発発 

②や⑥を引いて、それからリーチなのかな?

そう思っていたなら、

今回はノータイムリーチ。

カン④で決めにゆくようだ。

下家とトイメンも追いかけリーチ。

このカン④、和了できないなんてことあるのだろうか?

そう感じるくらい強いテンパイ。

③③③⑤⑤⑥⑦667発発発

ここから、見える未来は、

三暗刻をにらみながらのホンイツ移行。

それが、この手牌の一番高い形だろう。

発や③がアンコウでなければ、違う選択肢もあったかも知れない。

3人リーチでのめくり合いが続く。まだ、④も⑧もいない。

・・・・・・・・・・

ますたぴょんの渾身のメンホンの姿をみつめながら、

私は思い出す。

ますたぴょんの信条が「後悔をしない麻雀」であることを。

そして、手牌を慈しむ麻雀であることを。

この手牌を1000点に「見切って」しまうことは

ますたぴょんの麻雀ではない。

そんなことをして、勝ったとしても、

ますたぴょんとしては、それには意味がない。

麻雀で大切なことはまず自分が納得できることだ。

この目の前の手牌をおろそかにして、

次局の自分の親番は頑張る、なんて

そんな都合のいいことは、きっと考えていないのだろう。

この手牌を仕掛けて1000点にすることを

後悔する、とおもうのであれば、

それは選んではいけない選択肢なのだ。

それに、この対局は大会。

必ずここで結果をださなければならない。、 

ラスを回避して、長い対局回数の中で

結果を出す「天鳳」とは、戦い方が違う。 

観戦とはいえ、これだけ強い気持ちで応援していると、

自分も一緒に打っているような感覚になる。

私の頭の中は④ピンでいっぱいだった。

個人的に、手牌に対して精一杯の工夫を凝らした

この手牌に和了して欲しい。

楽な選択肢ではなかったメンホン。

この手が和了出来ないはずはない。

和了出来ないのであれば、私は

麻雀そのものに不信感を覚えずにいられない。

そこまで、思っていると、

「ツモ」

ますたぴょんの発声。

④が静かに卓に置かれる。

④をツモ和了するまで、②も⑥も引かなかった。

④が先に待っていてくれた。

その次局の親番でも④で7700を和了。

3回戦はプラスの成績で最終4回線へ。 

 imagesBGXQWCYO.jpg

麻雀 ブログランキングへ


鉄鳴きでしょ?

西風荘のときから、お世話になりっぱなしの

ますたぴょんが、某大会の本戦の為に、神奈川へ。

その観戦の為に、会場へ相鉄線は走る。

午前中の所用があったことと 

数年前に一度足を運んだきりの、その大会へ場所への

足元が暗いこともあって、観戦はその途中からとなった。 

「もし、決勝にあがれなかったなら、

腹を抱えて笑ってやろう・・」

そう思いながら会場につき、ますたぴょんをみつける。

ほんのちょっと、真剣な表情。

「思えば、ますたぴょんのガチ実戦って観たことないな・・」

そうなのだ。勝手な思い込みだけれど

いつも、勝つこと以外にも目的があり、

牌を抜いているイメージが強い。

本気の麻雀を観てみたい、そう思い 

「声をかけないほうがいいかな? 」

と躊躇していたなら、ますたぴょんと目が合った。

これまで、1回戦2回戦のますたぴょんの成績は

このままいけば、決勝に届きそう。

現在東3局で、47000点くらい持ってる。

私が観戦することで「ながれ」が変わらなければよいけど・・

(そんなオカルトありえません)

絶好のカン⑥を引いて、

二二⑤⑤⑥⑥⑦⑦23456

こんな形でリーチ。

あまり、ツモ和了を確信しない限りリーチを打たない

そういう麻雀であるますたぴょんが、リーチ、ということは

できあがってるんだろう。

そう思っていたなら、トイメンの親に無スジを押され

ドラの七ワン高めで、58000を振り込み、

その次局も、仕掛けて捌こうとした結果、上家のリーチに

安そうな9ソウが三色高めに8000点の振り込み。

上家は8ソウをツモるときに、牌離れが悪かったし、

リーチ!の声も大きいことから、3面待ち、369ソウで

在る可能性が高いことくらい、ますたぴょんにわからないはずはない。

あれ?なんかまずくない?

 これ、差し込みにいって、高かった、ってやつだよね。

残り時間と自分の親番を鑑みての仕掛けがかみ合ってない。

確かに、敗退したなら(腹を抱えて)笑ってやろう、なんて

イジワルなことを考えはしたけれど、

本当のところ、どうやらそれは違う。

やっぱり、当たり前に優勝してほしい。

観戦していてそう思わずにはいられない

オーラのようなものを、ますたぴょんから、感じる。

さらに親番に4000オールをツモ和了された 

たこなぐりふるぼっこ。

ロープ際の幕の内である。 

私が観戦を始めた瞬間から、20000点くらい点棒落としてる。

東ラスの南家2本場5巡目、 

③③③⑤⑤⑥⑦667発発発 

このシャンテンに上家が⑤を切る。

「よっしゃ、ますたぴょん!仕掛けるんや!」

私は電波を飛ばす。

その強烈な電波をしらんぷりして、

ますたぴょんは、ノータイムでその⑤スルーした。(文章おかしい)

そういえば、このひとは、こういう安い鳴きはしない人だけれど、

いくらなんでも、今回は鉄鳴きでしょ?

思わず、後ろから発声してやろうかな?と思ったけれど、

それは、観戦マナーに反するので我慢。 

もしかして、私が観てるからかっこつけてるのかな?

いや、でも、ますたぴょんは、

麻雀でかっこつけたりとか、

わざわざ言い訳できる土俵を準備したりとか、

そんなことはしないはずだ。

今まで、一度も言い訳なんて聞いたことないし・・。

でも、これは・・・

下家が58ソウをツモ切るなんてことになれば、

完全なる和了逃しではないか・・ 

ああ、ますたぴょんが、天鳳を打ってさえいれば

こんなことにはならなかったのに・・・

そう思いながら、ツモ山に向かうますたぴょんの指先を見つめる。 

Cnp4iS6UsAEASGV.jpg 

麻雀 ブログランキングへ


同順から、同刻へ。

234の三色軸だ、と思っていた。

だから、三色軸で組んでいたのだけれど。

二二三③③④23344888

二ワンを切ったなら、 三ワンがやってきた。

二三三③③④23344888

あれっ?

違う三色?

打二ワン 

その巡目に下家から手出し⑥のリーチがささって、ツモ3ソウ。

3ソウを切ることは、そのリーチに対してきついので 

打2ソウ。 

三三③③④33344888 

なんだか、あれあれな感じ。

そんなつもりは全然ないのに、アンコースーが見えてきた。

ここで、②とか⑤を引いたなら、やはりその時には

ツモリサンアンコウにうけるのだけれど

4を引いたとき。これが問題。 

④が、リーチ者に対して非常に危険な牌なのだ。 

三三③③④333444888 

やはり、三とか4を引いてしまったときには、

三三三③③④33344888

三三三③④33344888

 ↓

三三三④④33344888

という風に、スーアンコウへわたるより他はないだろう。

だって、万が一にも④を振り込んでしまったならば、

もう自分のスーアンコーの可能性は、その振込と同時 

になくなってしまうわけだから、やはり④は切ることなく③をきって

三三三③④33344888 

こうしておいて、④を重ねてゆくしかないだろう・・・。 

 

 20e4059b-s.jpg

麻雀 ブログランキングへ


3面待ち対カンチャン待ち

今まで以上に、丁寧に打牌を重ねる。

余計なことは考えない。

自分の麻雀を俯瞰的に捉えて

おとずれた牌の意味を問う。 

自分の親番の落ちた南2局。

これはツモ和了できるだろう、といわんばかりに

親番である下家がリーチを打ってくる。

自信たっぷりな様子が溢れている。

おそらくは多面待ちだ。

リーチの一発目に⑨を引かされる。 

私の手牌は、④⑤⑨一二三四六八八4566 

 チョー邪魔な⑨ 打一ワン

だんだん親リーの河に新しい牌が、顔を並べてきて

こちらも、3面待ちではない可能性の牌を切りながら 

③を引いて、二ワンが河に見えたので、打八ワン

もう一回⑨を引いて、打八ワン。 

③④⑤⑨⑨二三四六4566 

相手が変則3待ちとかなら、どうしようもないけれど

ヨコに伸びているであろう三面待ちであれば、六だって通る。

4566の部分が膨らんで欲しいな、と思っていたなら

ツモ8ソウ。

きっとそんなに悪くない。

親リーに対抗するには、いささか心細い枚数のテンパイではあるけれど。

ノータイムリーチ。

相手の待ちが③⑥⑨の3待ちであったとしても、

おれ、自分の手の内で3枚つぶしている。

どんなに待ちの広いテンパイであっても、

牌の詰まれている順番だけはどうにもできない。

要は、③⑥⑨よりも先に、牌山に7ソウが寝ていてくれればよいだけなのだ。

もし、親に振り込んでしまえば、それまで。

けれど、こういうときにわたしが考えてしまうのは

このテンパイを組めたことの意味だ。

そして、一番嫌なのは、このテンパイをダマにして

親番からの直撃を取りそこなうことだ。

そのことが、親リーチに対して振り込んでしまうことより、こわい。

準備万端で、戦いやすい牌の状態だから、勝負!

いつも、そんな風に決断のときはおとずれない。

もう一枚⑨を引かされるかもしれない。

③や⑥、⑨、何を引いても受けることができるテンパイではある。

 いや、そもそも③⑥⑨待ちではなかったりして。

けれど、親リーチのあとに3枚も抑えさせていただいただけで、

充分に押しかえす理由となるだろう.

③④⑤⑨⑨二三四45668 

で、カン7ソウ待ちでリーチを打ち、和了を拾うことができて、

局面はオーラスへ向かってゆく。

DSC_1884.jpg 


麻雀 ブログランキングへ