So-net無料ブログ作成
検索選択

大三元の美しさ

役牌が手の内にアンコウになると、ドキドキする。

一番きれいな三元牌。

私が一番最初に憧れた役満。 

九⑦⑦⑧12発中中中  ポン白白白

1000点でいいのに。

大三元欲しい、の手組になっているわ・・・

もう、これ、どう考えても発単騎小三元をみた

大三元の手組ですわね。

ツモ発 打九

ついに発が来てしまった。

1000点でいいのに。なんでやねん。

でも素点にも大きな意味があるから、

大三元も悪くはない。

32000点の加点はトップひとつと同じ価値があるから。 

⑦⑦⑧12発発中中中  ポン白白白

3ソウを鳴けた場合にどうしよう?

やっぱ打⑦だな。

⑦⑧発発中中中  チー312 ポン白白白 

⑨をひいたなら・・・

⑦⑧⑨12発発中中中  ポン白白白 

打⑦で小三元チャンタだな。 

発を仕掛けることができたときだけ

大三元をみる、

もしくは、テンパイわたりで大三元となるときだけ

大三元にゆこう。そういう方向で 。

これは決めておこう。

そしたら⑧を引いた。

⑦⑦⑧⑧1発発中中中 ポン白白白。

・・・・・・・

⑨も⑥仕掛けよう・・・

⑦も⑧も仕掛けよう。

次巡。ツモ発。 

とか思っていたら、ツモ発。

麻雀って、本当こういうことあるんですよね。

⑦⑦⑧⑧発発発中中中 白白白

麻雀は高得点を目指すものではない。

必要なときに、必要な値段を組むもの。

野生の動物が、満腹のときに

獲物を求めないことと同じで、それが自然なのだ。

やるべき仕事をみつけて120パーセントこなす。

おそらくこのテンパイなら、⑧が後一枚。

あと一枚しか残ってないだろう。

しかも、みんなオーラスで攻めっ気はたっぷりだ。

私は⑥⑨出たなら、仕掛けて

⑧発発発中中中  チー⑥⑦⑧ 白白白

⑧単騎に受け、よさげな単騎を探すことに決めた。

単騎待ちであれば、場に安いマンズで取れそうだ。

結局、他家の和了で、この大三元はかなわなかった。

河とツモをいくら組み合わせても

1000点の和了も叶ってはいなかった。

大三元だろうが、1000点だろうが

和了をする、ってことがまずたいへんなのが、麻雀なのだ。

それにしても、美しいテンパイだった。

 9vgofw8p554lkxy.jpg

 

 66677777.jpg

麻雀 ブログランキングへ


役満のたね

そのオーラスは、1000点でよい。

1000点でよいのだから、余計なことはしなくてよくて、

余計なことにはならなくてよくて、 役牌の1つでもあればいいし、

役牌じゃなければ、タンヤオチュウでもいい。

南家のわたくしの配牌。

四九⑦⑧126白白発中中中 

役牌の1000点がすでに装填されている・・・

しかも、手牌の右半分がなんというか、めっさカラフルだ。

なんというか、ときめきを禁じ得ない。

一打目に七ワンをツモッタので、これはやはりチャンタだな、と思い

当然の打四ワン。

そうしたなら、トイメンが発をいきなり切り出してきた。

「ああ、よかった。三元役なんて和了困難だし

そんな誘惑はこのオーラスには必要ない。」

次巡ツモ⑦

七九⑦⑦⑧126白白発中中中

まあ、白が叩けたときに雀頭が必要だし

⑦⑦⑧はそういう意味では、まあ、悪くないターツだよね。

という訳で、打6ソウ。

下家から白が出た。

「ぷ、ぷおーん!」

思わず迷わず鳴いてしまう。いや、鳴くだろ。

発に手をかけようとして、考える。

いや、待てよ、大三元の可能性を残しておいたほうが

他家をけん制できるんじゃない?

いやいや自分が大三元を和了したい、ということが理由ではなくて、

場への影響、と申しますか、なんと申しますか・・ 

発を残して、打七ワン

九⑦⑦⑧12発中中中  ポン白白白

1000点でいいのに。

大三元欲しい、の手組になっているわ・・・

 66677777.jpg

麻雀 ブログランキングへ


緑一色

現在、思い出そうとすると、その光景はセピア色に染まっている。

何の気もない日常が、それでもとても尊く思い出されるのは、

年をとった、ということなのだろうか? 

 :::::::::::::::::::::::::::::

となりの卓から、怒鳴り声が聞こえた。

「ふざけんな、何が32,000点じゃい!」

酒が脳天まで廻っている様子のおっさんが、怒号をあげる。

酒のせいなのか、その頭頂の平野が真っ赤に燃えている。

まるで、おべんとうに入っているウインナーのたこさん、のような感じ。 

「緑一色じゃ。おまえ、リューも知らんと、麻雀打ちよったとかいな?」 

和了したほうのもやしのような風貌のおっさんは、淡々と続ける。

緑一色を、リュー、と呼ぶあたり、かっこいい。 

本当は仲がいいのだろう、 ほかのジャガイモとはんぺんのようなおっさんも

にこにこして、見守っている。 

そのもめているとなりの卓を覗き見したところ、

23のターツに4でのロン和了だ。

ところが、だんだん空気が変わってきた。 

「きさん、ふざけんな!これのどこがリューなんじゃ!」

お酒がはいっていたこともあってか、タコのおっさんが、

3ソウを指差して、小学生のようなインネンをつけはじめた。

23のソーズのターツ。 その3ソウが赤く塗られている。

赤があるから、緑ではない、とチンピラみたいなインネンをつけ始めたのだ。

「リュー、っちゅうのは、どうゆう役じゃ?

ゆうてみい?あーん?どういう役じゃ?

手牌の全てが、緑っ、ちゅーことやないんかい?」

笑い飛ばされるであろうインネンに同卓をしていた

ジャガイモのような風貌のおっさんが同調した。

「確かにそうやな。これは、緑じゃないわな。

リューとはいえんなあ。 ホンイツ赤ドラ1の3900点じゃな。」

まさかの展開に、もやしのおっさんも

「 ふざけんな、おまえら、そういうやつやったんか!」

と激昂しだした。

「リュー狙いたいんやったら、赤3ソウは使わんことじゃな。

チョンボにせんかっただけ、感謝せいや!

このタコスケ、もっと麻雀勉強せいや。」

もやしは、そう吐き捨てて、ビールを煽った。

「そんなん、最初に決めてねえやないか!キサンぶちころすぞ!」

たこは、もやしのむなぐらを掴み、つっかかる。

麻雀サロンの喧騒は、この騒ぎをまるで日常のように包み込む。 

じゃがいもとはんぺんの仲裁もあったが

「あー、ばからしいわ。もうやめた!

お前らとの付き合いはこれまでじゃ。 絶交じゃ!」

と、たこは、万札を卓に叩きつけて、麻雀サロンを出てゆく。

残された3人は、しょうがねえな、と金をひろい、マンズを抜き、

ビールをくいっ、とあおり、タバコを燻らせてサンマをはじめた。

 それから、しばらくして、麻雀サロンでタコを見た。

タコは、また同じメンツで卓を囲んでいて 

 しこたま負けているのか、いつものように赤い顔をしていた。

どうやって仲直りしたのか、と思いながらも

きっと、「けんかするほど仲がいい」というやつだろうな、と納得する。 

私たちのセットに、取り決めが生まれる。

①酒は飲んでも飲まれるな。

②緑一色は赤、使ってもいいよ。

でも、それから、我々の卓で、リューが出ることはなかった。

 

あんず.jpg

麻雀 ブログランキングへ


麻雀サロン。

マンズの役満は、チューレンね。

ピンズの役満は、大車輪。

で、ソーズの役満は緑一色。

発を使用しないとダメだ、っていうのが普通。

九州の雀荘は、少なくとも自分の地元は赤牌が3だった。

赤③ピン。赤3ソウ。赤三ワン。

今回は、そのご当地ルールでのトラブルのオハナシ。 

当時学生だった我々は、仲間の誰かが

パチンコで大勝ちをすると、

新聞記者の集まる大きな麻雀サロンに通っていた。

大手新聞社の西部本社が集まっていた

私の地元は、とにかく貸卓オンリーの麻雀サロンが多かったのだ。

ぶち抜きのフロアに30卓くらい、卓が並んでいて 

壁は鏡張りだから、もう、四方八方卓だからけ。みたいな感じ。

それぞれの卓には、高級そうなサイドテーブル

椅子も、社長用の椅子。

天井は高いのに、たばこの煙で、前がみえないくらい。 

バーカウンターがあって、呼び鈴で

ウエイトレスを呼び、お酒を注文する。

ゲーム代は1時間2400円くらいだった、と思う。

ビールは1本600円。

それから、カレーライスが980円。

カツカレーが1280円

このあたりの金額はなぜか鮮明に覚えている。 

みんな、お酒を飲みながら打っているものだから、

店内の活気は、ぱない。

そんななか、となりの卓から、怒鳴り声が聞こえた。

f884b1365e.jpg

麻雀 ブログランキングへ


チュウレンを見据えて2 [TSUKASA会]

 過去の記事でも、現在観ると

全然感覚が違ったりしますね。 

 

最終局、

東家 38700 南家  6700 自分 36600 北家 18000

親の東家がリーチ。

直前の七ワンは手出し。

DSC_1725.jpg

DSC_1726.jpg

ドラの九ワンがダブルで乗って、24000点のテンパイ。

トリプル以上の和了は存在しないので、リーチに意味はない。

数え役満はなし。

ここに一ワンを引いてきて、さて、何を切りますか?

一一一二三三四四六七八九九九

現在なら、一ワンを切ってるでしょうね。

チューレン和了すると死ぬから?いやいや。

理由は、トイメン親のリーチが手出し七ワンだから。

即リーチを打つべき親番が

五七のターツを四を引くまで待って、四五にしてリーチ!

と両面変化を待つわけはない、と思う。

なので、この七ワンでテンパイだと考えたときに

六七七からの七。

三五七からの打七。

七七八からの打七。

マンズ待ちなら、このあたりを我慢すればいい。

また、自分の手牌は、完全に七対子の亜種みたいになっている。

なら、牌は重なって和了できる可能性が高い。 

また、自分が触っている牌として、

マンズ三六九のほうが、一四より多いことも

もうひとつおまけの理由かな?

以下、当時の記事です。

↓ 

この打ち手はここから、一ワンを切って二ワンで和了している。

リーチがかかった巡目に一ワンをツモ。

一一一二三三四四六七八九九九この状態から、一ワンを切り出し。

チュウレンポウトウがあるので、四切りか、三ワン切り、ということになるのだが。

まあ、べたオリという選択肢もあるけれど。(そんなのないよ。)

まず、このトップ目は、七ワンを手出し発をアンカンしている。

そして、リーチ。

このアンカンにより、16000点のメンチンのテンパイが24000点に変化。

この七ワンの手出しをどう考えるか?がポイントだと思う。

実は、リーチがかかった巡目に一ワンをツモ切りしているので

(一一一二三三四四六七八九九九この状態から、一ワンを切り出し)

上家のの四ワンは、リーチ者の七ワンとこの一ワン切りをみての切り出しです。

二三七八?????????

ここに八ワンを引いて打七ワン

二三八八?????????

けれど、八ワンはドラ表示牌を合わせて3枚見えているので、

この変化は存在できない。

二三七九?????????

ここに九を引くことも不可能(自分が九ワンアンコウ使い)

二三六七?????????

では六を引いた場合打七ワン

二三六六?????????

六ワンは、すでに3枚見えているので、この可能性もない。

一四が和了牌となるとして、一番可能性があるのは、

二三五七?????????

このシャンテンに五ワン引きの打七ワン

二三五五?????????

この形。

ただ、これらの変化で一四がリーチ者の和了牌になる、ということは、

そもそもこのリーチ者の手順がおかしい、ということになる。

打七ワンでテンパイ。けれど、即リーチをうてなかった、ということは

その理由が存在するはずだ。

最初はダマで充分だと思ったのか?

で、あれば、発のアンカンも矛盾しているし、

ツモ切りリーチはもっと矛盾している。

まず、この親のリーチがおかしい。

そもそも値段が充分にあって和了すればトップ、

南家や北家が和了出来ればトップなのに、アンカンをする理由が全くない。

わざわざ、他家に逆転の材料を与える必要などない。

そのアンカンの結果、場に一枚も見えていないドラの九ワンがダブルで乗る。

自分がドラを一枚も持っていないのに、

そのままツモ切りリーチを打って、ダマでも充分なのに

他家にけん制をかける、ことを目的にリーチというのは如何なものだろうか?

この七ワンの手出しは、五七に四を引いての四五への変化である可能性が高い。

マンズで和了される可能性があるとすれば、四ワンより三ワンである。

三六ワンも都合5枚見えているので、和了牌となる可能性は

一四ワンの都合6枚見えと、そんなに大差はない。

実際、この親のリーチは、まずマンズ五五六七七の形での

発いーぺーこーのテンパイ。

けれど、マンズの六ワンが場に2枚とんでいたので、

あと1枚の六ワンでは、和了できないなあ、と思いダマ。

そのあと、四ワンを引き

五五六七七→四五五六七へ変化の打七ワン。

そして、発を持ってきたので、アンカン。

一巡ダマで、リーチ。

打七ワンで即リーチを打たない。

なのに、わざわざ、アンカンをしてのリーチ。

自分の待ちがよろしくないことを理解していて

なおかつアンカンをして、ツモ切りリーチでは、きついことをいうようだけれど

全く持って説得力がない。

このリーチに、この清一色を壊す必要はない、と私は思う。

せめて、七ワン切り即リーチであれば、迫力も違っただろうに。

ツモ切りリーチには、即リーチを打てない、打たない理由がそこにあるわけだから、

それが、そのままキズになり、結果としてそのまま弱さになる。

この西家は、

一一一二三三四四六七八九九九

一ワン引きのこのテンパイから、一ワンをノータイムで切った。

気負うこともなく、テンパイを悟られぬよう。

結果、二ワンでリーチ者から、24000点を和了。

正着は、五ワンでチュウレンポウトウがあるので、四ワン切りだはないだろうか?

一一一二三三四六七八九九九

値段は関係ないけれど、それはこちらの都合で、

麻雀側としてみては、チューレンになりたがっているかもしれない。

チューレンポウトウも見据えたうえでの、24000点。

チューレンを見限らなかった結果の24000点、が望ましいと私は思う。

ちなみに、打四ワンを選択できた地点で、親リーチの三六待ちに

(結果として)振り込む可能性は実質ゼロとなる。

三ワンは、ツモ和了。

六ワンは、場に2枚。手の内に1枚。リーチ者に1枚。

チュウレンを見据えて四ワンを切り出すことができれば

振り込むことはないのだけれど、

一ワンを切ると(チュウレンを見据えて四ワンを切っておけば

和了となる)三ワンツモで振り込むことなる。

 

パラダイスロスト本家↓

 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/

 

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 


何切る?清一色(再録) [よりぬき記事]

 過去の記事の数が1500とかなってて

なんで?いつの間に?と思う。

思えば、いろんなことがあったなあ・・・・ 

 

よりぬき何切る?です。 

最終局、

東家 38700 南家  6700 自分 36600 北家 18000

親の東家がリーチ。

直前の七ワンは手出し。

親の和了やめはなしで、あと、数え役満もなし、ですな。 

DSC_1725.jpg

DSC_1726.jpg

ドラの九ワンがダブルで乗って、24000点のテンパイ。

トリプル以上の和了は存在しないので、リーチに意味はない。

役満は役満で価値有り。 


<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 


終わりなき旅

 打ちたくない。

自分の好きな麻雀しかいらない。

自分の好きな麻雀を純粋に探求してみたい。 

そんなふうに思うことは、今まで何度でもあった。 

低いモチベーションで牌に触れることが申し訳ない。 

考えるまでもなく、このことは、麻雀が嫌いになっている、ということではない。

麻雀を打ちたくないくせに、

相変わらず夢の中では麻雀を打っている。

自分の知りうる最高の環境で、麻雀を打っている。

目が覚めて、それでも、麻雀へ気持ちが戻らない。

そして、麻雀を打っている夢を見ているのだけれど、

その内容をまったく思い出すことができない。 

これから先、やっぱり麻雀を打ちたくないと思う時期はあるのだろうから、

モチベーションの管理も課題なのかな?と思う。

どうせ麻雀にかける時間が少なくなったとしても、

麻雀への深度は変わらないのだから。

:::::::::::::: 

がんばれば、いいことあるよ。

我慢すれば、報われるよ。

勇気を出せば、手に出来ることもあるよ。

全て、麻雀が教えてくれたこと。

驕れば、叱責してくれるし、

恐れていたなら、背中を押してくれる。

みんな麻雀が教えてくれた

わたしにとってはとても大切なこと。 

きっと、私は、麻雀をいつも傍らに置きながら

これからも生きてゆくのだと思う。

「がんばったひとには、がんばったぶんだけ、いいことある。」 

人に裏切られて、世の中に裏切られて、友人に裏切られたとしても、

麻雀牌だけは、絶対に裏切らない。

もし、裏切られた、と感じるのであれば、先に自分が麻雀を裏切っているのだ。 

以下、再録のつづきです。 

 p1m.jpg

東東東南南南白白白発発中中

このテンパイ。小三元を擁したテンパイ。

わたしは、常日頃から、「テンパイ押し」が好きではない。

テンパイをしているから、といって

危険牌が安全な牌になるわけではないのだから、

自分の手牌の都合で、押す、ということが、

どうにも理にかなっていない部分がある気がするのだ。

麻雀なんて、思うところを変えたのであれば

いつ、いかなるときでも、勝負手だ、といえるのだから。

とはいえ、このテンパイに危険な牌を持ってきたとして、

テンパイを壊す、ということが果たしてできるだろうか?

これがオーラスで、振れば降着、というのであれば、

やはり、危険な牌を河に切ることはしない、と思う。

危険な牌とは、他家にテンパイが入っていたならば、危険な牌、という意味。

下家には、マンズの上。とソーズの25ソウ。

トイメンには、2ソウと八ワン、6ソウ。

上家には、ドラの八ワンでのチートイツ、

そして面子手であればソーズ。

なので、一番切り難いマンズの上であり

なおかつドラである八ワンだけは、やはり「その打ちにくい感覚」ゆえに

打ち出してはいけないのではないか?

そういう気がするのだ。

けっきょくのところ、私がテンパッた瞬間に

下家は限りなくテンパイに近い、もしかしたならイーシャンテン。

トイメンもイーシャンテン

上家は、リャンシャンテン、だった、と私は推察している。

ここの感覚がずれてしまっていたならば、

麻雀における押し引きの感覚は、まったく意味を持てなくなる。

もちろん、全然違っている場合もあるのだけれど、

それに拠れなければ、それはもう麻雀ではない。

同じ相手ともう何度も対局をしていて、その癖とかそういったものは

信頼に足る私の中の「人読み」の根拠だ。

人読みは蒙昧で曖昧で、打牌の根拠とするには「頼りない」。

そう考える人もいるだろう。

もちろん、対局者の打牌や、巡目などの局面の深度

そこから判断をするに越したことはない。

けれども、それらのプラスアルファとして

対局者の息吹、気配を拾い上げることも、麻雀としては「あり」だと私は考える。

相手も、血の通った人間である。

人間と牌の織りなすドラマだからこそ、麻雀は感動を呼ぶのだ。

もちろん、

人読みへの過信はよくない。

あくまで、プラスアルファの要素だ、ということに念を押したい。

tumblr_m1ckzfqwc61qk2vgno1_1280.jpg

DSC_2061.jpg

DSC_2060.jpg

20140822201754180.png

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。日曜日お昼から、本厚木のらくゆうで。

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


ぴょんぴょん可能?

 あいかわらず、麻雀を受け付けない精神状態なので、(そんなのないよ?)

またしても、過去記事を続投することにします。 

字一色大好きなのです。(なのです!)

それで、大三元もチョー好きなのです。(なのです!)

なので、面前のそれは、現在でも印象深く記憶に残っていて

それを、起爆剤にして、モチベーションをなんとか・・・ 

と考えているのだけれど・・・

なかなか、気持ちがでてこない。 

天鳳でもやって、ぴょんぴょんしよう!

ともくろんで、おまんじゅうと牛乳を買って帰宅。 

ひさしぶりに天鳳にログインしたなら、

有料会員の期限が切れていて、

ああまた課金して打つの面倒だなあ、とか

ラス引いたら、力抜けそう、とか、

途中で眠くなったらどうしよう、とか、 

そういう理由でまた気持ちが萎える。

麻雀なくても、別にこまんなくね?

むしろ、時間とお金、浮くんじゃね?

・・・・・・・・・・・・・・・・

(それを言ってはおしまいよ・・) 

完全に鬱(打つ?)ブログですわ・・・ 

 字一色なのに、ドラ引きにびびっているとか

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

東東東南南南北白白白発発中

中は場にゼロ。

北は場に2枚。

あとは、東と発が場に一枚づつ。

親番の下家が、中を切った。

おそらくテンパイだ。

ここで引け!

でも、ドラの八ワンは引いちゃいやだよー!

とにかく!ここで、引け!

もし、ここで引いた牌が八ワンなら、

止まれ!のサイン。

次いつ、この手牌と巡り合えるか?そうおもうと

もったいなくて、もったいなくて、死にそうだ。

八を引いたならやはり北を切るだろう。

発を仕掛けて八ワン単騎でも、

八東東東南南南白白白  ポン発発発

トリプルだから。

おねがいしやーす!

中!きたこれ!

東東東南南南北白白白発発中中

打北。

これは、発と中、ツモ和了できるかも。

スーアンコウだ。

私は、ドラの八ワンをツモってきたとして、

それを切るつもりでいた。

理由は、東場で、まだ序盤だということ。

そして、無理押しをせずに、自然にこのテンパイが組めていること。

わたしの現状のこの手組以外に、捨て牌と手牌を組み合わせても

まったく和了ができていないこと。

最高で、12000点の振込みの覚悟が必要な牌。

トイトイ、チートイ。

親番の手組には、ピンフドラ1が見える。

もちろん八ワン以外にも危険な牌はある。

けれど、他の牌で振り込むことと、

ここ一番でドラをつかみ振り込むこととでは、まったくその意味が違う。

悩む間もなく、直前に親番が打ち出した牌である中を、対面が切り出した。

「中を持っているのであれば、中がささる形であれば、中は鳴くはずだ」

とのことから、切りだされた牌だろう。

けれど、私の13枚は、仕掛けることがないままの

東東東南南南北白白白発発中

このくっつきテンパイのイーシャンテンなのだから。

DSC_2061.jpg

DSC_2060.jpg

20140822201754180.png

字一色、24年ぶりの再会へ。(再録) [よりぬき記事]

 麻雀についての、モチベーションが全く上がらないので、

過去記事でお茶を濁す作戦です。

本当に、麻雀打ちたくない。(そんなのないよ?)

このブログでそんなこと、口にするなんて

あんまりと言えば、あんまりだけれど、

このままでは、ブログやめちゃいそうなので、

こういう過去記事作戦に出ました。(乱暴) 

ふかしんさんに、お借りしたあさぴんさんの本を読んで

なんとかやる気を充電中です。 

ぴょんぴょん可能です。 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::29130d28ed.jpg 

まだ、麻雀を覚えて間もない頃。

憩荘という雀荘で仲間とセットで打っていた。

みなで、役満を競っている、そんな時代。

国士無双が一番かっこよくてラオウみたいだから、みな国士無双ばかり狙っていた。

和了までの牌のかたちに一切の保険のないその手組。

特定の19牌が4枚枯れた地点で、全てが絶望にかわる13枚。

その24年前も、私は国士を狙っていて、4枚目が枯れて

ホンローチートイを狙っていたなら字牌ばかりが重なって

最後に白単騎で、字一色七対子を和了した。

その和了系の美しさに、心を奪われた。

それから24年、私の大量打数の数もあって、字一色を和了した数は覚えていない。

けれど、面前での字一色はあとにもさきにも、あれが最後だった。

あのときの、白の感触は現在でも忘れない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

九⑨東東東南南南北白白発中

ここに、白がふってきた。

九⑨東東東南南南北白白白発中

ここで、他家の状況を整理しよう。

下家、親番。おそらく愚形イーシャン、もしくは、リャンシャン。

トイメン、といといの仕掛け。ドラがあるかも。イーシャンテン。

上家、だふたん、りゃんしゃんてん。

なあに、わたしだってリャンシャンテンだ。

打九

ドラの八ワンをツモッテキタとしても、どうせ七ワンはない。

この九ワンはここで切らないともう切れない。

九ワンを切ることはとても心細いけれど、

まだ、誰もテンパってはいないであろう、今なら切り出せる。

八ワンをひいたのであれば、やはり八ワン単騎だろうか?

もし、私がドラ八ワンを引いて、他家がテンパッていると感じるのであれば

やはり、切り出してはいけない牌ということになる。

そのあと、立て続けに、発をひく。打⑨

東東東南南南北白白白発発中

中は場にゼロ。

北は場に2枚。

あとは、東と発が場に一枚づつ。

オカルトだけれど、トイメンの仕掛けから、白発と三元牌が集まってくる。

このまま、もう一枚発を引けば、

東東東南南南北白白白発発発中

場に2枚切れている北待ちか、中か、どちらかを選択することになる。

また、発が打ち出されたのであれば、仕掛けないわけにはいかない。

5245301299ebe8e1e0a46ccadf6bb57c.jpg

DSC_2060.jpg

20140822201754180.png

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ