So-net無料ブログ作成

チートイの意味 [哲学する麻雀]

チートイツは守備にも攻撃にも使える汎用性に富んだ

面前限定の手役である。

点数は欲しい南1局の南家。

ルールは1発に裏、そして赤ドラが5の環帯にいるルール。

役牌を仕掛けている親番である上家が、少し逡巡して

ピンズの両面ターツを外した。

二三三六七七八八九44677

三ワンを外そうとしたけれど、場に一ワンが3枚。

上家親番は、ソーズ濃厚な捨牌。

けれどもしかしたなら、マンズもあるかもしれない、そんな状況だ。

二ワンに手をかけて、チートイをみる。

親番の河の効果で、場はどんどんソーズやマンズが高く

他の色は安くなってゆくはずだ。

ソーズやマンズを待ちに組むよりは、ピンズを

最終的な和了牌とできるように目指してみたい。

六を引いた。打九

三三六六七七八八44677

チートイのテンパイだ。

5ソウ8ソウもほどよく全体の河に落ちては

くれているけれど、ピンズほどではない。

とにかくピンズが安いのだ。

三三六六七七八八44677

赤ありの麻雀で、このようなタンヤオチートイ3200点を和了することは

あまり嬉しいことではない。

できれば、チートイ(イーペーコー)を生かした

面前のテンパイであることを生かした

リーチツモタンヤオを軸にして押し返したい。

ピンズ待ちに振り替えて、親から取りたい。

と、思っていたなら、⑦来た。

三三六六七七八八⑦4477

リーチ。

手牌13枚としては、違和感しかない⑦ピン単騎だが、

場をみると、本当に「もう待ちにするなら⑦しかないジャン?」

と語りかけてくるような全体の捨て牌の景色。

三三六六七七八八⑦4477

うおっし、いったれ~

「リーチ!でござる!」

次巡、三ワンをツモって嫌な予感がする。

三三三六六七七八八4477

ダマにしていたなら、このテンパイ・・

嫌な予感がする。

全体の捨て牌を見ると、赤5ソウは出ていない。

ソーズターツ上家親番の手牌に 組まれている可能性が高い。

ソーズ47ソウはほとんど見えている、が。。。

次巡、4ソウを掴んできた。

親の11600点に振り込み。

(今回は赤有ルール)

決めに行って、やられました。

チートイは攻撃と、守備に長けた手役なのだろうけれど、

私は、やはり、その攻撃のタイミングがうまく掴めない。 


imagesF8SI5BD0.jpg

ブログランキングに参加していました。クリック願います。


麻雀 ブログランキングへ