So-net無料ブログ作成
閑話休題 ブログトップ
前の10件 | -

迷いの森のチートイツ [閑話休題]

 


 シュンツとトイツのどっちつかずの悩みのかたち。


だから、一盃口が先に完成してしまうと、けっこう悩むのだ。


東ラス


ドラ八ワン


西家


二二三五七七八九九2466


8巡目


煮詰まった感じしかない、場の雰囲気。


これは、和了は困難かな?とおもった次のツモが八ワン。


 二二三五七七八八九九2466


六を引いてくれたのであれば、迷いも少なかったのだが・・


イッツーや、チンイツを見るには、あまりにも


ソーズが安すぎる。


ソーズを待ちにすれば、超合金Zで和了できそう。


ソーズの2466西ヨーロッパが延びてくれれればサイコー。


そうしたら、上家がリーチ。


ツモ一ワン


一二二三七七八八九九2466


二切りでテンパイ。


3ソウは上家のリーチのゲンブツだ。


二ワンを押して、ダマでカン3ソウをとれば、


5200点+リーチ棒の1000点で、6200点の収入。


ただ、ちょっとまって、この二ワン。


切り遅れた感じ、半端なくない?


でもこの二ワンをそーっと河に置くことができれば


超合金ニューZで和了できる。


そっとおけば、きっとだいじょうぶだ。


なんだか、安そうなリーチだし。


で、二ワンを押したら、ぶちささった。


リーチ一発裏 5200点


 ウラ!


やはり、八ワンを先に引いてイーペーコー


が入って、なおかつ、その後マンズのうちにくくて


ソーズが打ちやすい場の状況でのテンパイがはいったのであれば


ソーズの2ソウあたりを払って(ソーズを守備に使って)


染めて狙いでもよかったのかな、とおもった。


まず、リーチへの一発は、(一発ウラのあるルールでは)


避けたほうが良い。


そして、わざわざチョー危険な牌を切らなくても


一巡巡れば、新しい安全な牌も生まれるわけだから。


いまひとつの我慢。


これ、だいじ!


チートイツのテンパイ組がおぼろげながら


よさそうに見えて、


:::::::::::::::


↓最近の対局はこちらに投稿しております。


http://tsukasakai.blog.so-net.ne.jp/


 ランキングに参加。クリック!クリック!


麻雀 ブログランキングへ


旅打ちしてます。
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


高砂様.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

1枚もいない6ソウ9ソウ [閑話休題]

 


ソーズが高いことはなんとなく気が付いていたけれど


どうしても手役の自分の都合で8ソウを切りたくなかった。


五五六七八③⑥⑦⑧2348 


ピンズでもよかったんだよ。


ピンズがくっついてくれても。


でも、場に高いソーズの7ソウを引いた。


五五六七八⑥⑦⑧23478


・・・・・・・・・・・・


リーチ!


流局。


テンパイ!テンパイ!テンパイ!


他家の牌姿をかくにん。


下家は66689


 


上家は68999


信じられないくらいきれいに


69ソウは吸収されていた。


 


 


:::::::::::::::


↓最近の対局はこちらに投稿しております。


http://tsukasakai.blog.so-net.ne.jp/


 ランキングに参加。クリック!クリック!


麻雀 ブログランキングへ


旅打ちしてます。
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


高砂様.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

チートイツによる最大攻撃! [閑話休題]

チートイツは、攻撃力のある手役だ。と思う。


曲げてツモれば、それだけで1600.3200


裏が乗ればハネマン。


こんなに攻撃力があるのに、これだけでもすごいのに、


なおかつテンパイ時に


「場に安全そうな和了しやすい牌」を


待ち牌に設定することが「かんたんに」できる。


単騎待ち。


よくチートイツでドラ待ちにしてリーチを打つ人がいるけれど


これは、チートイツのメリットを殺してしまっている、と思うのだ。


せっかく場に安い色や数を待ちにしてテンパイに取ることができるのに


なんで、わざわざ和了しにくいドラ単騎に受ける必要があるのか?と。


一発裏のある麻雀なら、なおのことだ、と思う。


また、よく場に1枚切れている9とか8を待ちにして


テンパイに組むひとがいるけれど


わたしは、中盤から終盤にかけて


場に一枚切れの字牌が一番とりやすい、とおもっている。


たとえば、東場の東が、終盤に切られたとしたなら


①他家はアンコウで持っていないし


②他家が仕掛けなかったってことは、他家も持っていない。


(可能性が高い)


チートイは組めた地点で、ほぼ勝ちレースだ。


 


 


:::::::::::::::


↓最近の対局はこちらに投稿しております。


http://tsukasakai.blog.so-net.ne.jp/


 ランキングに参加。クリック!クリック!


麻雀 ブログランキングへ


旅打ちしてます。
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


高砂様.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

場の状況に合致した打牌 [閑話休題]

 


場に安い牌。


今回の⑦は場に安い。


序盤に⑦の周囲の牌がたくさん切れている。


こういう状況を理解している、にも関わらず


三色への変化を思って


リーチを打たずに、他家に自由に打たせてしまうことは


それは、そのまま失策だ、と思う。


ツモ和了の確率が高い手役なら


リーチを打って、2000.3900を


ツモ和了しにゆくべきだ。


三色を追って、2000,3900を


3000.6000にするために


他家の打牌に制約を与える機会を放棄することは


やはりナンセンスなのではないか?と。


三色は「夢」


リーチツモは「現実」


以前の私なら、三色への「夢」を絶対にあきらめずに


リーチツモという花のない現実に


添い遂げる選択肢を持つことはできなかったかも知れない。


そういうロマンを麻雀に求めていたから。


けれど、最近は違う。


かっこいいロマンよりも、


目の前のちいさな現実を大切にしたい、


と思うようになってきている。


慈しみたいのだ。


現在の私の中では、三色の可能性を持つ手牌が、三色になる前に


場の状況に対して充分な形になった。


という現実を乗り越えて、「夢を見ることをあきらめないこと」が、


やはり、「やりすぎ」と感じてしまっている。


もちろん、三色を追って、和了できたほうが


気持ちもよいし、格好もよい。 


そのほうが、牌を大事にできている、と


そう思えるこれまでの自分の時間だったから。


確かに手牌の成長を止めるリーチだっただろう。


F岡先生や、他の人が打たないリーチを


私は打ち続けるのかもしれない。


::::::::::::::::



 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

ピンズの変化 [閑話休題]

ピンズに異様な違和感を感じる。


⑦ピンを引いた。


このことが奇妙なくらい印象深い。


その2局あと。


 


ドラをトイツで内蔵したこのテンパイ


6巡目


六七八③④⑤⑥⑥⑧⑨678


ドラは⑥


⑨と⑧が場に2枚とんでいたので


⑦はモーレツに牌山に居そうだ。


③⑥⑨引きで三色。


けれど、前回それで


①②⑤⑥⑦⑦⑧⑨44789


失敗している。


それに、⑦はよい待ちだ。


先にツモッてくる可能性がある。


リーチを打てば


2000,3900


の13枚を


1000,2000にして


どうすんだ?と


なにかひっかかるものを感じながら


即リーチ!


それはないんじゃない?


背後にそういう視線を感じた。


だいじょうぶです、藤岡先生


私は③よりもさきに⑦をつもりますよ、


みててください!


そう思いながら、牌山に手をのばす。


「あつっ!」


やけどするかとおもった。


〇が3つ並んでいる牌をいきなりツモる。


ま、まさか、


すぐに③を引く。


六七八③③④⑤⑥⑥⑧678 


このテンパイになっていた。


なぜ?


この局とピンズの動きは


三色にならないのでは。


そう思いながらも、私は正月の5か月前の


イッツー


②②③⑤123456789


このリーチでの藤岡先生とのやりとりを


また、思い出していた。


 


 


あしたはどっちだ?
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

F岡先生 [閑話休題]

 その藤岡先生の麻雀は、好きだ。


麻雀についても、全てが自分の師であることには


違いがないのだけれど


私は、藤岡先生の麻雀に対するストイックさ、が好きなのだ。


「麻雀が好きだからAリーガーでいる。」


「麻雀が好きだから、いつも全力投球。」


そして、牌を大切にされている。


②②③⑤123456789


ここから、ノータイムでリーチを打った


私に、手牌の成長を止めるリーチでは?


と教えてくださった。


奇数はさみカンチャンは即リーチ。


それを心かけていた私に


「まあまあ、それはエゴだよ。


牌の気持ちになってごらん!?」


と諭してくださっているように。


以来、その言葉への感謝を込めて


これまでよりも、牌の気持ちを考えて打っている。


 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


過去記事↓


https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=96788797


https://ameblo.jp/ha92/entry-12234823488.html


 


 あれから、五か月。


藤岡先生が抜け番で、私の麻雀を観てくださっている。


よいところ、を見せよう、とは思わない。


ただ、死力を尽くした打牌が


どんな残響を残してくれるか?というところである。


牌の気持ちを、考えるのであれば


①②⑤⑥⑦⑦⑧⑨44789


このテンパイ取りはないな、


そう反省。


ただ、ピンズに異様な違和感を感じる。


⑦ピンを引いた。


このこと。


おそらく、次局も同じような


悩まされる形に出会うのかな?


そう思い背後の視線に感謝しながら


次局へむかう。


 


あしたはどっちだ?
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

4巡目ペン③ピンテンパイ。 [閑話休題]

 


4巡目だった。


一発裏のないルール。


①②⑤⑥⑦⑧⑨446789


ドラ⑤


南場、南家


点棒は32000点くらいもっている。


リーチは打てない。


ダマで④をひいて、⑦ピンと振替えて


それでもダマ。


後ろで、F岡先生が、みてくださっているので


「いいところ、みせよう」なんて気持ちに


打牌を揺らさないように、静かに


⑦を引いてきた理由を考える。


これは、④を引いて


①②④⑤⑥⑦⑧⑨44789


このテンパイとならなかった理由は


そのまま受け止めれば、イッツーじゃないよ!


と教えてくれているようなもの。


だから、このペン③のテンパイを壊して


もう一度、和了しやすい最強ターツを探る旅にでるべきだったのだ。


イッツーじゃないよ?


と教えてくれている。


でも、ダマでこのペン③のツモ和了を逃すことが怖かった。


④の振り替わりを、拒否することもこわかった。


テンパイを壊す勇気がなかった。


そのわたしの意気地のなさをあざ笑うかのように


③が場に踊る。


終盤に、場に3枚見えているマンズの七八九を


立て続けにツモ切り、


ああ、この手は、イッツーじゃなくて


789の三色になりたがっていたんだな、と


気づかされることになる。


テンパイって和了の抽選を受けることができるわけだから


非常に魅力的。


ましてや、今回のようにテンパイし、


高いテンパイ系形へ変化できる13枚というのは


とても魅力的だ。


けれど、肝心の和了に必要な③への道が


険しいのであれば、やはり、そのテンパイは取るべきではない。


④を引いてイッツーテンパイであれば、ダマでロン和了でき


なおかつ高得点の見込める13枚ではなく、


⑦引いたために、ダマでのツモ和了しかかなわず、


高得点も見込めなくなった地点で、


やはりシャンテンに戻すべきだ。


ツモ和了しかできないダマテンパイは


それすなわち、和了困難なテンパイ、ということなのだから。


yjimage5.jpg


 


あしたはどっちだ?
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

4人で打つ、ということ。 [閑話休題]

 あしたのジョーを観ている。


小学生の頃、友人の家の3階の床に転がっていた


あしたのジョー。


原作は一気に読んだ。


絵柄も話も好きではない。


けれど、突き刺さる哀愁がある。


とても真実に近い何か、をこの作品に感じている。


力石を殺してこめかみへパンチを打てなくなった


ジョーに、力石が語りかける。


「よう、矢吹、どうした。」


「どうもしねえよ。」


「そうか、じゃあな。」


たった、これだけ。


言葉はない。


言い訳も、説明も皆無。


だけど、だからこそ、伝わるものがある。


表情ひとつから、読み取れることもある。


言葉ではなく、表情だから、読み取れることもある。


:::::::::::::::::::::::::::::


某プロ雀士の方と同卓する。


彼にとっては、1円にもならない、


評価もされない、ただのフリーの対局だ。


真摯でよどみない打牌。


麻雀への想いが一打一打に刻印されているようだ。


そのオーラス、トップ目だった私が


「自らの和了で決着をつけよう」と


我慢が効かない自分を感じながら


シャンテンで離した中で、結果


3000,6000が生まれ終局した。


ちょっと、身勝手かな、


テンパイまで引っ張るべきかな、


との反省のなか、終局のご挨拶。


そのあと、わたしの視界の隅に


その雀士の曇った表情が残る。


その瞬間、全てを悟った。


ああ、そうか、中を止めてくださっていたんだな。


場を抑えて、他家に高得点を許さないために。


中を抑えた瞬間に、テンパイも狙えないだろうに。


それを、わたしは、自分のトップという安易な理由で


切り飛ばした。


楽で雑な麻雀。


結果よりも大切なこと。


中を抱えていると和了できない、形式テンパイも困難。


なら、和了となるまえに、切り飛ばさないと。


そして、余剰牌を打ち取るんだ。


こうして、文字にしてみると、


いかに自己中心的で、幼稚か、がわかる。


中を切らなければ、中を鳴けない他家は和了が困難になり、


その結果、高得点が生まれず、流局の可能性だってある。


カウンターを打てないテンパイの入らない状態で


切り飛ばした中は、責任の取れない牌。


和了牌になる前に、中を切り飛ばして


なまじセーフだったとしても、今度はその他家の


高得点テンパイと戦わなければならない。


中は捌き切れないから切る。


他の数牌なら、なんとかなるかも。


というのは、あまりにもいきあたりばったりだ。


ひろりん師匠の声が聞こえる。


「あんた、なんちゅう牌を切りよるんね。」


「すいません。」


麻雀の対して、真摯でない自分の浅はかさを痛感する。


帰りの電車のなか、たくさんのことを考える。


やはり、心のどこかで、麻雀を軽くみている。


言い訳の多い麻雀。


答えを求めすぎているのかな、と思う。


本当の諦観は、こういった目先の問答ではたどり着けない。


自分のたどり着きたい麻雀が何なのか?また、霧の中だ。


でも、自分が納得できなければ、意味がない。


中を止めることも、切ることも、


どちらも、きっと正しい。


問題は、自分がその打牌に敬意を払うことを、忘れてしまっていること。


もし、この中を切ったあと、自分が和了かなって


他家の高得点をつぶしてトップをとっていたとしても、


あのプロ雀士の表情で、その打牌について


私は深く考え込んでいるとは思う。


問題は、あのプロ雀士の表情をいただけなければ、


他家を我慢に気づけていない、という浅はかさにある。


麻雀は4人で打っている。


自分のことだけ、考えての自己満足は


サイコーにかっこ悪い。


さらに、そのことに気づけないことは、言わずもがなである。


不特定の方との対局においては、


挽回の機会など2度とない、と思って


本当に真摯に誠実に向き合わなければ、ダメだ。


最近は特に、麻雀は偽物過ぎて軽すぎる。


 


::::::::::


あしたはどっちだ?
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

天鳳さん [閑話休題]

 


さくさく打てる麻雀が好き。


毎局、オーラスでもいいくらい!


天鳳さんの


東風戦のはやいやつが、最近はお気に入り。


さくさくっと打てて、


なんとなく麻雀打った感がある。


東風を3回。


そんなに時間はかからないし、


そのくらいが結構楽しい。


赤有りなので、手順を外さないほうが


圧倒的に結果に繋がるけれど


それだと、あんまり楽しくないんだよね。


でも、赤が5である地点で、


もはやチャンタの出番はない。


役牌と赤を軸に局を回すばかり。


リーずも!あか!裏!親!


がもっともさいきょう!


テンパイ!即リーチ!


お酒とおつまみをお供に、


そういう風に牌と戯れることも、これまた


けっこう楽しいものだな、と思うのだ。


ただ、牌を触っているあの


「麻雀打ってるぞ!」という感覚が


天鳳さんでは味わえないことだけがざんねん。


ちなみに、あべまふかしんで、


他の人の麻雀を観戦しているときでも、


お酒とおつまみがおともとなる。


 


 


 


 


 


::::::::::


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 w709.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

訊ねてはいけないこと [閑話休題]

麻雀が博打だった頃に、麻雀を好きになった。


だから、他人の麻雀について、


その意図を尋ねたり、


観戦したり、などということに対して


現在でも少なからず抵抗がある。


「訊ねなければわからない」


という理由から


「訊ねている」


そのことが、


なんだかとてもいけないことのように思えてしまうのだ。


例えば、映画を観て、おのおのがその感想を持つ。


私の観た感想と、誰かの感想が同じであるはずはないし、


同じである必要はない。


そういう答えあわせは「野暮」だ、と思うのだ。


私の思うところに一打の理由が


その同卓者の麻雀観を踏まえてどのように


感じられているのか?


そのことを、どうだったのか?確認をして


何らかの解を得ようとすることって、


なんとなく無粋な気がしてならない。


現代の麻雀では、


手牌はおろか、牌山まで衆目に晒される。


そのことに平然となれない自分がいる。


つかさ会では、勉強の為に


手牌オープンで対局を、などということもあるけれど、


そういうときに、


きっと、わたしひとりが、勝手に


罪の意識に(勝手に)さいなまれているのだ。


つかさ会では、


「勉強会なのだから、終局後の手牌オープンは


励行しましょう!」


という、勢いのある意見も多い。


ただ、自分だけが、


「麻雀の牌は伏せられていて


その姿がわからないからこそ、魅力がある」


と思い込んでいるだけなのだ。


そういえば、


仲間打ちでも、他人の麻雀についての口出しは


ご法度だった。


フリーでもそう。


後ろで観戦!


とか、ぶっとばされてたもの。


時代が違うんだなあ、きっと。


w709.jpg


 


 


::::::::::


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 



mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 閑話休題 ブログトップ