So-net無料ブログ作成
ミニリレー小説 ブログトップ

「麻雀回顧録」押し返される。 [ミニリレー小説]

私の7巡目の先制リーチ。

ドラ②

一一一二二④⑤⑥⑦⑧999

ドラはないけれど、赤⑤がある。

充分なリーチだと、思った。

けれど、雀ゴロは、ガンガン攻めて来る。

ドラを持っているのだろうか。

カン3ソウをチー。

カン7ソウをチー。

6ソウとか、4ソウとかもガンガン切ってくるので始末に負えない。

場の主導権は完全にその男に掌握された。

私のリーチにサルタは当たり前のようにオリている。

私がツモらなければ、この先の展開も苦しく光は見えない。

ロン!

私の切った⑤が刺さる。

その雀ゴロの手牌が高いことを望む。

「値段がはいっているから、攻めた。」

という麻雀のスタイルならば、さほど怖くはない。

けれど、

「安いけど、攻めてきた。」というのならば、大問題だ。

値段ではない、場の大局を見据えることのできる麻雀打ちだ、ということだ。

六七八③③④⑥ チー324  チー768

カン⑤ピン

タンヤオのみだ。

たこつっぱりではない。

ピンズ以外を全て押している。

機先を容易に取らせないために突っ込んできたのだ。

これはやばい。

点棒的には、リーチ棒を含め2000点の支出だが、本当に失ったものは大きい。

目に見えない場の主導権。

サイコーにやばい。
imagesCAW2XZJ3.jpg

imagesCA6KMBHU.jpg
<→
麻雀 ブログランキングへ


「麻雀回顧録」全部ツッパる? [ミニリレー小説]

7巡目の先制リーチ。

ドラ②

一一一二二④⑤⑥⑦⑧999

ドラはないけれど、赤⑤がある。

充分なリーチ。

私のリーチにサルタは当たり前のようにオリる。

私が警戒しているのは、ドンさんの連れの雀ゴロ風の男だ。

得体が知れない。

私はこの雀ゴロが、麻雀を知っていることを望んだ。

中途ハンパに玄人であることを望んだ。

厄介なのは、この雀ゴロの男がバクチ打ちだった場合だ。

目がある、と感じたら全て押してくるその感覚。

それが一番怖い。

「たのむ、おりてくれ。」

私は心の中でそう祈っていた。

雀ゴロは、私のリーチに3ソウを切る。

無スジだ。

麻雀を知っているものなら、親リーチにこんな牌打てない。

そのあとも、5ソウ一ワン

など、立て続けに押してくる。

「最悪だ。」

これは、やりにくい。

私の待ちであるピンズ以外の牌は全て押してくる。

「色読み」

色読みだ。

相手の待ちを色で決めて、それ以外の色はすべて押す。

捨て牌や、理屈で牌を止めないので本当にやりにくい。

押してくる、ということは、それなりに赤やドラをたくさん持っているのだろう。

「ここで、押し返されきってしまうと、今日は本当にやばい。」

私は、内心めちゃめちゃ焦っていた。

この③⑥⑨がいない。

「たのむ、ここは大切な局面。つもってくれ!」

図らずも私は祈っていた。

imagesCA6KMBHU.jpg
<→
麻雀 ブログランキングへ


緒戦。麻雀回顧録 [ミニリレー小説]

店内は華やかであり、賑やかだった。

お金を持っていそうな大人ばかりがあふれている。

店員もまるで、ホストのように人当たりがよい。

対局前に、ルールと回数を決める。

回数は大切だ。多過ぎると集中力が持たない。

6回、くらいが適当だろう。

席に座りルールを決めている我々の邪魔にならないように

麻雀店の店員が、高級そうなカップにコーヒーを入れて出す。

砂糖は角砂糖。

ブリリアントなコーヒーだ。

そのコーヒーを口にしながら

相手が条件を出す前に、全てこちらから決める。

ありあり。

チップ500円

一発と裏、面前の赤がチップの対象。

席は必ず、差し向かいとなること。

わたしとサルタが差し向かい。

ドンさんと、その連れも差し向かい。

この席順であれば、相手方が親の場合、挟み込むことができる。

まあ、挟み込まれることもあるのだけれど。

ルールを決め、席につき、親番を決める。

サルタかわたしが親になることを望む。

わたしが、親番、というのが一番良い。

こういう短期決戦は、最初が肝心。

親番を取り、最速のテンパイを入れ、リーチを打つことができれば、8割方勝利が確定する。

サルタが親番なら、和了されるように、アシストできる。

まあ、おそらく、むこうも同じようなことを考えているだろうけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親決めをする。

親は、わたし。

これはイケル。

そう思い、牌を取る。

あまりにも牌勢がよく、7巡目に先制リーチ。

ドラ②

一一一二二④⑤⑥⑦⑧999

ドラはないけれど、赤⑤がある。

充分なリーチだ。

これは、すぐにツモれないほうがよい。

巡目が長引けば長引くほど、相手は本来の自分の麻雀が打てず

リズムをこわすはずだ。

NEC_0549.JPG

<→
麻雀 ブログランキングへ


続、麻雀回顧録 [ミニリレー小説]

つ会、5日午後1時より。


タヒコは、私の住んでいる場所から70キロ位離れたところに住んでいる。

国家資格試験に向けて猛勉強をしている。

電話をかける。

「いいよ。で、おれはどうすればいい?

普通に打てばいいんやろ?」

私は、

「普通に打ってくれればいいよ。

あとはこちらでなんとかする。勝っても負けても折半な?」

と返す。

タヒコの麻雀の質は私が一番理解をしている。

「信じろよ?」

そう重ねる私にタヒコは、

「うん、わかった。」

と返す。

夕刻7時。

タヒコが到着。

私は、2つの策があった。

ひとつは、タヒコに先攻させ私が捌くという方法。

もうひとつは、私が先攻してタヒコを飛ばす、という方法。

私は、前者を選択した。

というのも、結果「スコアが芳しくない」とタヒコは分前を受け取らない可能性が高いからだ。

それでは、あまり意味がない。

勉強になるなら、負けても良い、と口にする相手。

ならば徹底的にやっつけるだけだ。

駅から少し離れた、歓楽街。

その辺りにある高級麻雀店。200円のフリー麻雀店。

そこで対局することとなる。

場代だけでもとんでもないことになりそうだ。

待ち合わせ場所に現れたドンさんの隣にいる男の姿を見て嫌な予感がした。

ドンさんの連れ。

200円のこの店への入店に抵抗がない。

場慣れしているのだ。

「やばい、打てる人来た。」

そりゃそうだ。

勝算もないのに金を賭ける人間などいるものか。

ドンさんだって、実は結構打てるのかも知れない。

けれど、私はタヒコの麻雀を熟知している。

それだけは、自信がある。

「人読み」

これだけが、唯一の私の武器。

大丈夫、一人じゃない。

自分にとって一番信頼のおける友人と挑む一戦。

血がたぎるのを感じる。







<→
麻雀 ブログランキングへ


つかさ会、開始時間の変更 [ミニリレー小説]

緊急告知です。

5日、つかさ会の開始時刻は、午後1時に変更となります。

開催場所などに変更はございません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休ということもあり、

過去の記事を整理していたら、書きかけのオハナシがいくつか出てきた。

あれっ?

なんだか、尻切れとんぼ。

すいません。

既出のもので恐縮ですが、再録です。



時は、バブル景気が終焉を迎えた頃。

だんだん「冗談みたいに高いレートの麻雀」もなりを潜め、

みな身の丈にあった生活と、その生活の基盤を壊さない娯楽を慈しむようになろうとしていた、

そんな過渡期の頃。

パチンコ屋も軒をたたんだ。

ワンフロアぶち抜きでノリノリで営業をしていた麻雀クラブもその姿を消した。


ボンボンで過保護で甘ったれだった私は、身の丈に合わない外車とスポーツカーを乗り回し、

好きなことだけをして、日々を過ごしていた。

まさに、バカ丸出しのボンボンだった。

だが、それは今でこそそう思うわけで、当時は自分が丸出しだとは、微塵も疑わず。

人生には、良い時もあれば、悪いときもある。

良いと感じているときほど、謙虚に誠実に積み重ねなければならない。

そんなこと、微塵もおもわない掛け値なしのバカ。それが、その頃の私だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

街角で、懐かしい友人と出会う。

小学校のころの友人。そうドンさんと呼ぼう。もちろん仮名だ。

旧交を温めているうちに、彼が土建屋の若旦那で、現在「麻雀をおぼえている」とのこと。

職人さんや、業者の接待で麻雀を打たなければならない。

強い人間と打って強くなりたい。

強いんだろ?

一緒に麻雀を打ってくれないか?とのオハナシ。

わたしは、

「友達から、金を取るのはやだ。」

と断る。

もう勝つこと前提である。結構当時は根拠のない自信に満ち溢れていた。

私が強いのではなく、まわりが弱いのだ。

そう本気で勘違いしていた「井の中の蛙」である。

私の断りにドンさんは食い下がる。

接待で一晩30万位は使う。

麻雀の負けなんてかわいいものだ。とにかく場になれたいんだ、と続ける。

では、レートはせめてピンで。それ以上は受けない。

20万動いたならば、もうそこで終了。

そのルールで快諾。

対局は、その週の土曜日。

ドンさんは、もう一人麻雀の打てる友人を連れてくるという。

もう一人を私のほうで用意して欲しいとのこと。

さて、どうしたものか・・・。

私より金欲の強い人間は、欲に駆られてエラーが出るからダメだ。

もっとも、友達相手にローズなど使うつもりはない。がち勝負だ。

徹底的に勝って、一度きりにしたい。

また、そもそもローズなどのハナシにのってくる人間は信用できない。

金銭的にも人間的にも信頼出来る人間。

麻雀の強い人間はたくさんいる。だが・・・・・・。

麻雀打ちではないほうがよい。

私は、資格試験に全身全霊を傾けているであろう友人、タヒコのことを思い出した。

つづく

ランキングに参加をしています。クリックしてくれるとうれしいです。

<→
麻雀 ブログランキングへ


麻雀回顧録 [ミニリレー小説]

時は、バブル景気が終焉を迎えた頃。

だんだん「冗談みたいに高いレートの麻雀」もなりを潜め、

みな身の丈にあった生活と、その生活の基盤を壊さない娯楽を慈しむようになろうとしていた、

そんな過渡期の頃。

パチンコ屋も軒をたたんだ。

ワンフロアぶち抜きでノリノリで営業をしていた麻雀クラブもその姿を消した。


ボンボンで過保護で甘ったれだった私は、身の丈に合わない外車とスポーツカーを乗り回し、

好きなことだけをして、日々を過ごしていた。

まさに、バカ丸出しのボンボンだった。

だが、それは今でこそそう思うわけで、当時は自分が丸出しだとは、微塵も疑わず。

人生には、良い時もあれば、悪いときもある。

良いと感じているときほど、謙虚に誠実に積み重ねなければならない。

そんなこと、微塵もおもわない掛け値なしのバカ。それが、その頃の私だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

街角で、懐かしい友人と出会う。

小学校のころの友人。そうドンさんと呼ぼう。もちろん仮名だ。

旧交を温めているうちに、彼が土建屋の若旦那で、現在「麻雀をおぼえている」とのこと。

職人さんや、業者の接待で麻雀を打たなければならない。

強い人間と打って強くなりたい。

強いんだろ?

一緒に麻雀を打ってくれないか?とのオハナシ。

わたしは、

「友達から、金を取るのはやだ。」

と断る。

もう勝つこと前提である。結構当時は根拠のない自信に満ち溢れていた。

私が強いのではなく、まわりが弱いのだ。

そう本気で勘違いしていた「井の中の蛙」である。

私の断りにドンさんは食い下がる。

接待で一晩30万位は使う。

麻雀の負けなんてかわいいものだ。とにかく場になれたいんだ、と続ける。

では、レートはせめてピンで。それ以上は受けない。

20万動いたならば、もうそこで終了。

そのルールで快諾。

対局は、その週の土曜日。

ドンさんは、もう一人麻雀の打てる友人を連れてくるという。

もう一人を私のほうで用意して欲しいとのこと。

さて、どうしたものか・・・。

私より金欲の強い人間は、欲に駆られてエラーが出るからダメだ。

もっとも、友達相手にローズなど使うつもりはない。がち勝負だ。

徹底的に勝って、一度きりにしたい。

また、そもそもローズなどのハナシにのってくる人間は信用できない。

金銭的にも人間的にも信頼出来る人間。

麻雀の強い人間はたくさんいる。だが・・・・・・。

麻雀打ちではないほうがよい。

私は、資格試験に全身全霊を傾けているであろう友人、タヒコのことを思い出した。

つづく

ランキングに参加をしています。クリックしてくれるとうれしいです。

<→
麻雀 ブログランキングへ


ミニリレー小説 ブログトップ