So-net無料ブログ作成
検索選択

ひとにやさしく [麻雀]

 人間だもの、好き嫌いはある。

あの人のここが嫌いだとか、言い出したならキリがない。

本当にキリがない。

そういう時、私はとある先輩の言葉を思い出す。

他人の嫌なところばかりが目に付いて厭世的になっていたときのことだ。 

「いいか、まあ、聞け!

人間なんていうものは、いいところもあれば、悪いところもある。

おれは、おまえの悪いところもたくさん知っているけれど、

おまえのいいところも、それに負けないくらい知っている。

いいところと、わるいところ、全てひっくるめて、おまえという

人間とつきあっている。 

人間っていうのは、そういうものなんじゃねえのか?」

・・・・・・・・・・

その通りだ、と思った。

今目の前にある自分にとって嫌なこと、は

その人のほんの一部分にしか過ぎない。

だけど、その相手のよくないところを強く憎んで

まるでそれがその人の全てであるかのように、思ってしまう、

ということの、度量のなさ、と心の狭さ。

自分に嫌気が差した。

それから、他人のいいところを大事にするように、心がけている。

こいつ、無礼で不愉快なやつだけれど、実はともだち思いだな、

とか、自分勝手だけれど、ちゃんと真剣に向き合っているな、とか。

そうすると、そういく考え方を持てると、自分の人生もほんの少し軽くなる。 

嫌いなところは、嫌いでいい。

でも、そのことと、その人の魅力を混ぜこぜにしてはいけない、と思うのだ。

それこそ、冒涜である。 

そして、本当に自分と合わないのであれば、口を閉ざしてもの言わぬことだ。 

麻雀は、そのひとの本質が出る。

自分の麻雀が正しいと信じる人のなかには、

他人の拙さを許せない人間もいる。

自分と違う麻雀を許せない人がいる。

イコールそのことが自分の麻雀が正しくないことの証明なのだけれど。 

麻雀が好きだから、あいつの麻雀は許せない、

なんて考えをもつのであれば、それは、麻雀が好きなのではなくて

麻雀を大事にしているのではなくて、

「自分の麻雀を大事にしている」ただ、それだけのハナシなのだ、と思う。

以前の自分がそうだったから。 よくわかる。

「どひっかけのリーチ」を打ちやがって!

せこい和了をしやがって!

毎回、打牌が遅い!各駅停車でイライラする!

だから、そういうお前が悪い!だから、そういうお前は嫌いだ!

ぜったい、トバシてやる! 

と。

そういう目先の感覚で相手を値踏みする人間は、

対局者のいいところ、を見つけ出すことはできない。

また、4人で打つ麻雀の魅力を知ることも困難だろう。 

返せば、自分の好みを正しいと思う麻雀を打つ限り、

麻雀では幸せになることはできない。 

同卓した以上、卓上での出来事は全て受け止める覚悟を持つべきだ。 

わたしだって、マナワルだったり、しゃみせんだったり、

私から見て、「麻雀を大切にしない人」 

そういうヤカラは好きではない。

けれど、だからといって、おろそかにしては、自分がおろそかになる。

本当に自分に合わないのであれば、同卓をしなければいいだけのはなしだ。

そして、そのひとに対して、決してものを言わぬことだ。 

人には人の都合がある。

付き合うなら、いいところも悪いところも全て含めて徹底的につきあう。

そうでないなら、口を開かない。

同卓しておいて、文句ばかり重なるなら、同卓をしなければよい。

麻雀は全て自己責任。

誰と打つのか?どういう内容となるのか?

すべて、自分の責任だ。

他人をどうこういう時間があるなら、自分の麻雀を磨くべきだ。

つかさ会のおかげで、他人の麻雀に干渉せざるを得ない時間が

本当に長く続いた。

大いなるおせっかい。大いなる勘違いの時間だった。

だけど、おかげで、他人の麻雀を以前より大切にできるようになった。

何が正解か、は分からない。

それを、同様に悩んでいる人間は、

麻雀を介して出会うことができた、大切な仲間である。

どんなに拙かろうが、「麻雀を大切にする気持ち」があれば

 必ず相通じるものはその根底にあるはずなのだ。 

 

 51x3P38ZdmL.jpg

麻雀 ブログランキングへ 

 

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


つきぬけ [麻雀]

なんとなく、次の日お休みだからと

調子にのると痛い目にあう。

けれど、私自身、ただプレイヤーとして

麻雀を打ちたかったのだから、まあ仕方がない。

つきあっていただいた3名には、感謝をしている。

え!ほんとに、やるの?

みたいなノリが大好きなこともあり、

なんだろう、打っている途中に幸福感に包まれた時間もあった。

自分が、自分の麻雀を楽しむために、打つ麻雀。

つかさ会よりも、すこしギアをあげて

攻め気味に打っているつもりだったけれど・・・

一二五八九①③⑧⑨⑨1234

ドラ五ワン

南家、こんな形から、浮かれて

ドラを確認せずに切り出す。

開局刹那から、こんなありさまで、結局点棒はチョーマイナス。

いつも、我慢している牌を、少し強めに押して

8000点を振り込んでも、12000点を取り返す!

という麻雀を打つつもりだったのだけれど、

まったくドニモナラズ。

ドラクエでいうところの「ガンガンいこうぜ!」な麻雀はつかさ会では打てないから。

そう思ってはいたのだけれど、

なんだか、予想していたそれとも違う違和感が、新鮮だった。

一枚抱える受けの牌を攻撃の牌に変える、そのことで

とんでもなく深いところまで落とされてしまうのだな、

という麻雀の「ままならない」おそろしさを思い出させてもらった。

ある意味、本当に突き抜けた。

DSC_1905.jpg

本編とは、まったく関係ありません。

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。どようび。

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


ひとにやさしく [麻雀]

麻雀の定石にのみ価値があるなんて思ったことはない。

基本的なことは、それが必要だ、と個人が望むのであれば学べばよい。

私は、「麻雀を勉強したい」と依頼されない限り、

他人の麻雀に口出しなどするつもりはないし、したことはない。

その打牌が、麻雀と対局者を大切にしているのだ、

と分かるものであれば、何の不満もない。

リーチに無スジを切っても構わない。

真剣な重い一打であれば、振り込んだって尊い。

逆に、本から拝借したような、浅知恵の一打は、胸糞が悪い。

麻雀の価値は、心に響くか、どうか。

それ以外にない。

よい麻雀は、凛凛しくて、粛々としていて、そしてやさしいのだ。

もう一度、あなたと、打ちたい。

そう思う人間がいること。そう思ってもらえる人間がいること。

それに勝るしあわせなど、ないだろう。

ちなみに、私は、賭けた麻雀は博打だと思っている。

私にとって賭けることの目的は、お金だからだ。

お金を持ってかえることが、至上の目的。

博打の麻雀には、博打の麻雀の理がある。

金がすべて。

それを間違っているなんて、全く思わないし、

むしろすがすがしい、とさえ思う。

私の師匠は、メンタマが飛び出るくらいのレートで打っていた、と訊くし、

私も、賭けたときのひりひり感は、大好きだ。

本当の大正義は、賭けようが賭けまいが、

よい麻雀を打てること、なのだろう、と思うけれど、

私にはきっとそれができない。

賭ければ、麻雀は間違いなく豹変する。

何が本物か、何が贋物か、わからなくなる。

つかさ会の連中は、「麻雀、賭ける必要はない」という。

「そうだね」

といいながら、なんとなく、心が申し訳ない気持ちになる。

私が、彼等に模範のつもりで打っている麻雀は、きっと、私の麻雀ではない。

だって、もう、長い間同じ相手と打っている。

打牌や癖、そういったものを熟知しているから、大名麻雀になる。

麻雀は不特定に人間と戦うもの。

再戦にのみ長けている麻雀に何に価値があるのか

と思わない日はない。

賭けたマージャンで、チャンタとか和了したことないし、

トップは、3900点や1300点を重ねて取ることが多かったから。

1b5ccee126971e3dbf1ac0efd5c42f22ef4e9f7b1398145587-s.jpg

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。どようび。

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


和了不能の手牌 [麻雀]

五(赤)六②②④⑤(赤)5568  チー四三五

打8ソウ

五(赤)六②②④⑤(赤)556 チー四三五

 私は、手牌のはし、556のソーズの部分を必死で隠して涼しい顔をする。

他家は、私のカン四ワンチーをめっさ警戒してくれている。

店員Aのひとことに、効果があったのだ。

下ツモと上ツモが、変わってしまっているので、

それをよりばれにくくするために、もうひとつ仕掛けるしかないかな、

と、ゲスなことを考えていたら、

親リーチがささった。

東風戦で、親にたとえば12000点あたりをふりこんだならば、

 ほぼ、トップの目はなくなる。

絶対絶命のピンチだ。

手牌の全てが危険牌だ。

こういうときは、すべてが危険牌にみえる。

一番少ない牌を切る。6ソウもしくは、④.

まっすぐむかうことに何の意味もない少牌なのだから、

ここは賢明に確率で・・・・

6ソウを切ったなら、親リーチのチートイウラウラにささった。

18000点の振込みである。

同卓者は、

「どうしてそんな牌がでるんだ?」

という表情。

そして

18000点を和了した、おっさんが私にとどめをくれた。

「にいちゃん。代走で少牌をして、振り込むのはやりすぎじゃろ!」

それは、代走にわたしをよんだ店員Aを,非難しているようにも取れる。

わたしは、そのあと挽回しようとがんばったけれど、ハコとび。

その次の半荘で、また12000点を振り込んだところで

わたしに代走をたのんだおっさんが、帰ってきた。

「すいません。少牌でとんでしまいました。」

そうあやまるわたしに、おっさんは

「おう、そうか、つかんかったな。

おれも、ちゃんとツモってから代走たのめば、よかったわ。

まあ、トンだほうがつくこともある。

ありがとな、メシでも食えや。」

と、1000円札を2枚くれた。

わたしは、情けなくて恥ずかしくて、泣きそうだった。

少牌多牌は、雀士の恥。

もし、こんど、逆の立場になったなら、わたしもこのおっさんのように、

いやさ、このおじさまのように

「いいよ、いいよ、気にするな。」

といってやるつもりで,はや20年、そんな機会はまだ訪れない。

無題.png

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。どようび。

会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

パラロスニュース ↓

http://dic.nicovideo.jp/a/s%E7%9C%8C%E6%9C%88%E5%AE%AE


代走における危機的状況 [麻雀]

 私は、

「ほんの少しなら、構いませんよ」

と返事をして、その[金融屋っぽい風体のおいさん]の代走に入る。

「悪いの、坊主、振り込んでも構わんけんの?ちょっと電話してくるわ」

訳(悪いなあ、青年。もし振り込んだとしても、

それは気にしなくてよいからな。ちょっと電話をしてくるわ)

そういって、店の外にある電話ボックスへ駆け出した。

まだ、携帯電話なんてなくて、ポケベルも持っているとスゲー、

そういう時代だった。

街には、まだ電話ボックスがたくさん設置されていたそんな時代。

そのおいさんのかごには、カードがたくさん入っていたから

今日は調子がいいんだろう。

好調な状態で、代走をたのむことは本意ではないのだろうけれど、

半荘の途中で卓を割るわけにもいかないだろうから、といったところだ。

メンバーフルはいり、という状態で「卓をたてる」なんてことは

結構当時は茶飯事だった。

半荘の、それも局の途中からの代走。

私が卓につくとき、店員Aが、

「この人、けっこう打てますよ。」

と、私のことを紹介してくれた。

私は、照れくさいやらはずかしいやら、うれしいやら、で舞い上がってしまい

「そんなことないですよ!」

と言葉を返しながらも、手牌の端にあった牌を切り出した。

三五五(赤)六②②④⑤(赤)5568北

そして

こんな形、ここから、ドラの北を切り出して、四ワンをチーして

血の気が引いた。

あんず.jpg

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。どようび。

会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

パラロスニュース ↓

http://dic.nicovideo.jp/a/s%E7%9C%8C%E6%9C%88%E5%AE%AE


代走にて [麻雀]

 当時、我々は極力なじみの店を作らないようにしていた。

理由は簡単。

場所が変われば気分も変わる。

とにかくいろいろな店で打ってみたかった。

セットで打つ分には、ゲーム代はそれほど気にはならない。

仲間内の勝ち負けは、置いといて、

とにかくみんなの財布の中に合計10000円あれば打てる、

その程度の感覚だった。

そのころ、20年前は、ピンの東風の雀荘が流行をしていた。

短い時間で、2から3万円をやりとりできるピンの東風は

サラリーマンにも大人気だった。

30分あれば、打てること、が最大の魅力だと聞く。

われわれは、いわゆる学生ご用達の雀荘は使わなかったから

今思えば、ジャンゴロたちのわきで、若者がセットを囲んでいる、

そういう風景は、すこし目を引いていたかも知れない、

とにもかくにも、新しく見つけた雀荘に、足を運ぶ。

今日は、仲間は5人だから、順番抜けだ。

「セットで、お願いします。」

そういって、声をかけた店員が知り合いだった。

この店員を店員Aとしよう。

「あ、こんにちわ。」

からはじまり、すこしハナシをして

「フリーでも遊びに来てください。」

の言葉を結びに、私は卓上の5枚の牌のうちの一枚をひく。

東から北までの4枚に白が一枚。

5分の1で、白を引き当てたのであれば、抜け番。

そのあと、東を引いた人間から、順番にぬけてゆく。

東をひいた私が抜け番の2回目の半荘。

抜け番で、友人のへたくそな麻雀を、

「へたくそだなあ」とおもいながら眺めていると、

その店員Aから、声がかかった。

局の途中で、どうしても抜けなければならないお客さんが出た。

代走をお願いできないか?

というのだ。

imagesCAN1VL7G.jpg

パラロス本家↓

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

つかさ会。どようび。

会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

パラロスニュース ↓

http://dic.nicovideo.jp/a/s%E7%9C%8C%E6%9C%88%E5%AE%AE