So-net無料ブログ作成
面前くんがゆく! ブログトップ

場に応じた打牌 [面前くんがゆく!]

一一一二三四六七九九西西中中

西とか中とか、今回のように、あと一枚しかない状態になった牌は苦手である。

2枚目が場に枯れた瞬間、暗い海の底に落ちてゆくような、感覚を覚える。

それが、怖い。

また、リンシャン牌に眠っていることも怖い。

もしかしたら、その暗い海の底には、光り輝く「新しい何か」が眠っているのかも知れない。

そして、それは、挑まなければ永遠に手にすることはできないのかも知れない。

けれど、麻雀には「そういう身勝手なこと」を許さない絶対的なものがある。

それは、「牌」と「対局者」だ。

「面前で和了したい、わくわくしたい」という私的な「自分の目的」そのために、

「牌の理」や「他家の存在」をおろそかにすることは、絶対に許されない。

一枚目の中をふかしたことは、やりすぎではない。

(まあ、ちょっと、おかしいけど)

一一一二三四六七九西西中中

でもここから、2枚目の西すら仕掛けない、という感覚はやりすぎだ。

「やるべきときに、やるべきことをやる」そのことがとても大切。

西を仕掛け、2600点でも喜んで和了させていただくべきだ。

もし、私が私の対局を観戦していたとするならば、

この2枚目の西をふかした地点で「ふざけた麻雀だなあ」と100パーセント思うだろう。

受けの牌は、中がある。

間に合っていない自分が、間に合っていくための第一歩としての2600点だ。

結果、西が枯れる前に、次巡五ワンを引き

一一一二三四五六七西西中中

西を取るために、リーチを打つも不発だった。

考えてみる。

一一一二三四六七九九西西中中

ここからの打牌は、やはり六ワンだ。

もうこの形になった地点で、面前は困難だ。

ここからは、しっかりと仕掛けなければならない。

「仕掛けたくないけれど、仕掛ける」という努力をするべきだ。

面前への努力をした結果のこの局面、やはり場の状況に手牌を合わせなければ、やりすぎだ。

誰だって、メンホンイーシャンテンを仕掛けて2600点になんてしたくはない。

けれど、それは甘えと欲である。

けれど、その2600点だって、「面前での努力の結果」組めたテンパイだ。

面前くん!で必要なスキルは、この「面前高得点への執着を捨てる」ことだ。

私は、仕掛けるべき手組は、最初から仕掛ける。

今回のように、ここまでは面前で、ここからは仕掛ける、という麻雀は経験がない。

「面前で立てなければならない」という括りが自分の中には皆無だからだ。

仕掛けることは、「呼吸をすること」と同じくらい私にとっては自然なことだからだ。

面前にこだわると、何もかも不自然になる。

「こだわる」、ことそのことがそもそも不自然なのだけれど。

でも現在は挑戦をしたいのだ。

::::::::::::::::::::::::::

何を切るのか?

一一一二三四六七九九西西中中

六ワンである。五ワンロスの代わりに仕掛けて5200点が組める。

一一一二三四七九九西西中中

六を切り、九も西も中の全て仕掛ける。

仕掛けて最高5200点が望めるのであれば十分だ。

全てポン仕掛けをすることで、テンパイスピードは4倍に加速する。

その過程で、万が一もう一枚一を引けば

一一一一二三九九九西西中中

一一一一二三七八九西西中中

一一一一二三西西中中  ポン九九九

一一一一二三九九西西  ポン中中中

一一一一二三九九中中  ポン西西西

などのテンパイも望める。

面前くん!だからこそ、「絶対に仕掛けなければならない局面では、仕掛けるべき」なのだ。

fae6e73d3f5f835d5ed2e3186fdf5a2f.jpg

セガの本気↓パないっす。

http://www.nicovideo.jp/watch/1391059400

::::::::::::::::::::::

つかさ会は、3月29日、午前11時から

39の日↓

 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/

つかさ会。会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


ダサいホンイツ。 [面前くんがゆく!]

食い仕掛けのテンポをひとつずらすことによって、少し「間に合っていない」感覚の

東4局、点棒は18000点の北家 ドラは⑤ 6巡目

一一一二三四六七九九西西中中

場に一枚飛んでいる西を重ねこの形。

間に合っていないと感じている時の主な選択は2つ。

ひとつは、食い仕掛けて、手組の構成速度を加速すること。

もうひとつは、食い仕掛けで、他家をけん制して動きに制約を与えること。

けれど、今回、その選択は使わない。

中が場に一枚ツモ切り、四ワンが一枚手出し、七ワンが手出しされている。

ドラが⑤ということもあり、場の軸の色はピンズ、軸の数文字は56だろう。

いずれにしても、マンズも字牌も取りやすい、そういう局面。

とりやすいけれど、先に枯れてしまう可能性の高い牌が3つある。

それぞれおそらく牌山にもう一枚しかないであろう牌。

西、中、そして、九ワンだ。

西は牌山もしくは、他家の手の中に組まれている可能性の高い牌。

だから、テンパイが間に合えば、この西は取れる可能性が高い牌である。

一一一二三四五六七西西中中  河に九が2枚ならぶ

一一一二三四九九九西西中中  河に六七がならぶ

一一一二三四七八九西西中中  河に六九がならぶ

この3つのテンパイのいずれかになる。

わたしの手元をよくみていて(手出しツモ切りをしっかりみていて)なおかつ

「相手の手牌をよく精査する」打ち手であれば、ホンイツのみえるこのテンパイに西は打たない。

けれど、少しでも「ぼんやりした打牌選択」をする打ち手ならば、西はなんとなく河にならべてしまう、

そういう牌だ。

けれど、私がテンパイを組む前に、最後の一枚までも河に切り出されてしまう可能性もある。

それが怖い。

「中」は、他人の手の内に「ぼんやり残っている」もしくは、牌山に寝ている。

リーチを打つと出てこない牌だ。この中は、この手役の得点力を担う大切な牌だ。

これは切らない。

九ワンは、他家の手出しの七ワンから察するに、そこに七八九で使用されていて、残り一枚。

一枚いるのかな?もしかしたなら、2枚いるかも。よくわからない牌である。

いずれにしても、西もしくは、九ワンのどちらか、が打牌選択にあがっていた。

もう、この地点で間違っている。

和了できる牌が枯れてしまったならどうしよう。

その想念が、九ワンの所在について、「いないのではないか?」と思わせる。

七ワンの手出しが、七九のところに九をツモってきての七切りではないか?

もう九は一枚もないのではないか?と勝手に思い込む。

そして、熟慮することもなく、そのまま九を外した。

一一一二三四六七九西西中中

もし、ここで他家から西が打たれたとしても、もう仕掛けることができない。

(本来は仕掛けるべき牌を仕掛けずに組んだこの形で、この西を仕掛けることは、矛盾している。)

仕掛けて、

一一一二三四六七中中  ポン西西西

ここから、さらに中をポン 打一ワン

一一二三四六七  ポン中中中 ポン西西西

という3900点もあるけれど、

一一一二三四六七九九西西中中

先般の打牌選択如何では、和了牌となりうる牌「中」を、「ポン」しかできないのでは、

「間に合っていない」感覚がさらに増加する。

わかっている。わかっているけれど、むりやり「西を仕掛けられない打牌」を選択した。

一一一二三四六七九西西中中

西が枯れてしまった後は、ここから、西を2枚はずしてイッツー含みに組む。

そうするつもりだった。けれど、こういう選択をすることそのことが、もはや麻雀ではない。

「なんとなく自分の目の前の手牌を、思い通りにしたい」そう考えて打牌選択をしているだけである。

それに

「九ワンが他家の手の中に2枚ある可能性がある」ということは、実は別に困ったことではない。

そのことと、「すでに捨て牌の河に九ワンが枯れている」こととでは、全く意味が異なる。

他家の手の中にある牌であれば、引き出すこともできる。

・九ワンはいない、だから、九を切る。

これは、「西を仕掛けにくい手組」としたいが為の、後付けの理由である。

面前くん!を貫きたい、というエゴ。

これはいただけない。視野も狭窄している。

やりたいこと<やらなければならないこと、でなければならないはずだ。

3images.jpg

セガの本気↓パないっす。

http://www.nicovideo.jp/watch/1391059400

::::::::::::::::::::::

つかさ会は、3月29日、午前11時から

ばかなの?死ぬの?↓

 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/

つかさ会。会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


メンホンの組み方 [面前くんがゆく!]

 メンホンを組む、という経験が少ない。

ホンイツは、仕掛ける「場とドラにあわせる役」だ、と私は考えている。

私にとってホンイツは、イッツーやチャンタと組み合わせて場の展開を組み伏す手役である。

これほど、目立ち、高得点を対局者に思わせることのできる手役を

「局面の支配」の為に使用しないことは、本来のホンイツのメリットを生かし切れていない、

と思っている。それは、もちろん対局者や場の状況にも拠るのだろうけれど、

概ね、やはり、そう思っている。

だから、Y氏のように気配を消して、場の展開とは別次元でひっそりと組みあがる、そういう

メンホンを知らない。

字牌がこぼれ、数牌がこぼれ、ようやくテンパイする、そういう効率を盲従した

今思えば「楽なホンイツ」、それが私の全てだ。

その過程で、他家からこぼれる卓上への吐息を拾い集め、打牌を重ねてゆけばよい。

だが、そのことを、「楽をしている」と感じている自分がいる。

「楽なことに意味はない」、そう公言している割には、実のところ「楽をしている」自分に辟易とする。

これでは、矛盾している。

食い仕掛けのテンポをひとつずらすことによって、少し「間に合っていない」感覚の

東4局、点棒は18000点の北家 ドラは⑤ 6巡目

一一一二三四六七九九西西中中

場に一枚飛んでいる西を重ねこの形。

中が場に一枚ツモ切り、四ワンが一枚手出し、七ワンが手出しされている。

ドラが⑤ということもあり、場の軸の色はピンズ、軸の数文字は56だろう。

いずれにしても、マンズも字牌も取りやすい、そういう局面。

ここは、峻烈な和了が必要だ。

いつもなら、中はとっくに叩いていて、トイトイを絡め、九を取りに行っている。

だが、中はふかした。

一枚目を仕掛けず、チャンタやイッツーも絡めず、面前で組む。

効率が悪いことも重々承知。

けれど、私は、今までの自分の積み重ねてきた「正しいと思っていること」の全てを失ってでも

見つけてみたい世界がある。

自分で、自分のことを「経験に胡坐を掻いて楽をしている」と思っている以上、

そうではない麻雀を打たなければ、それは、自己欺瞞という奴だ。

西とか中とか、今回のように、あと一枚しかない状態になった牌は苦手である。

2枚目が場に枯れた瞬間、暗い海の底に落ちてゆくような、感覚を覚える。

それが、怖い。

また、リンシャン牌に眠っていることも怖い。

それが怖くてしょうがなくて、一枚目から仕掛けるに足る理由を括り付け仕掛ける。

そうして、現在の私の麻雀のフォームが出来上がっている。

けれど、私はY氏の麻雀に惹かれたのだ。

挑戦したい、と本当に思っている。

もしかしたら、その暗い海の底には、光り輝く「新しい何か」が眠っているのかも知れない。

そして、それは、挑まなければ永遠に手にすることはできない。

私は、そういう「わくわくできること」が欲しくて本来麻雀に臨んでいたはずだ。

中も仕掛けず、ドラのケアもせず、場の局面から大きく乖離した、

メンホン一本道となったこの牌姿から、何を切り出すのか?

心のどこかで、「失敗したらどうしよう?」との想念が浮かぶ。

怖い。

一一一二三四六七九九西西中中

自分の意思で食い仕掛けを抑えることは苦しい。

ならば、食い仕掛けを選択できない打牌を打てばよい。

 私はここから、そういう[心の弱さが露呈した]致命的なミスをおかしてしまう。

201104281020299a8.jpg

セガの本気↓パないっす。

http://www.nicovideo.jp/watch/1391059400

::::::::::::::::::::::

つかさ会は、3月22日、午前11時から

39の日↓

 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/

つかさ会。会場などの情報は、こちらをクリックしてください。↓

http://www.mj-king.net/janso/search/detail_9282.html

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


面前くんがゆく! [面前くんがゆく!]

::::::::::::::::::::::::::::::::::

麻雀は面前である。それを実証するために、私は「面前君」となることにした。

16000点しかない、東4局西家。ドラ三

一二三四七八③④発発発中中

ここに①ツモ。得点も必要だし、最悪九チーの3900点でもよい。

で打④

一二三四七八①③発発発中中

②引き、九引きはリーチの予定が、ツモ六

一二三四六七八①③発発発中中

打③

次巡ツモ一ワン打①

一一二三四六七八発発発中中

で、メンホンテンパイ。

五引きを待つ。

2巡後、五を引く。

一二三四五六七八発発発中中

打一ワンでリーチ。

三六九待ちで、三と九をツモれば16000点となるので、ここはリーチ。

三をツモる。

食い仕掛けて、16000点はなかなか組みあがらない。

やはり面前の破壊力はハンパないのである。

item_0000010530_F1cKzlJc_10.jpg

fae6e73d3f5f835d5ed2e3186fdf5a2f.jpg

次回3月22日、午前11時から

ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


面前くんがゆく! ブログトップ