So-net無料ブログ作成

三元牌の捌き方(役満の意味を説明できますか?) [哲学する麻雀]

大三元を追っかけすぎだ、との反省からの再録です。




役満は、空気を読まなければダメだと思う。


役満は破壊。その和了に意味はあるのか?


昔、スーアンコーテンパイを組んでいたひろりんのご子息が、 場に一枚切れの白を切った。


その白は親にめちゃめちゃきつい牌。


しかも、その親は北家スタートの癖に60,000点くらい叩いている。


他のみんなが我慢している牌。


「スーアンコーかね?」


トイメンで、後ろ見しているひろりんが寂しそうに口を開く。


少しドヤ顔で、ご子息は手を開く。


だが、場のひりついた空気で、事の重大さを痛感する。


「その牌を切ることについて説明がつくかね?教えてくれんかね?」


しばしの沈黙が続く。


「役満だからかね?」 ご子息は、コクリとうなづく。


「あんた、そんな麻雀打って楽しいかね?」


対局者の全員が、もう既に、役満だからとか、


手が入っているから、などどいう、 身勝手な都合で牌を切るステージではなくなっていた。


高い値段の手役や、役満など、対局中なんども目の前をよぎる。


だが、それでも、自分の麻雀をしっかり守れるかどうか、常にそれを問われる。


説明のつかない牌を切ってはいけない。


最高の値段の最高形を慮ることは大切。


だがそれ以上に、場にそぐった充分形を見つめ、見つけるようにしたい。


ハネマンテンパイだからと、親リーに根拠のない牌を切る。


これは、麻雀ではない。ポンジャンゲームだ。


期待値という言葉を自分のエゴでとらえてはいけない。


私は、根拠ない牌は絶対切らない。


自分が勝負手の時に、切りたくないを切らざるを得ないと感じていることについて


どう真摯向かい合うかである。 よく自分に問うてみよう。


説明のつかない牌を我慢する。打てる。 それでも、トップは取れる。


というか、根拠のある模打の積み重ねの結果のトップでなければ何の意味もない。


例えば ラス前 トップ目   55,000点 2着     


29,000点 3着     25,000点 4着     


11,000点 こういうときの、役満ツモは、充分に意味がある。


けれど、役満ツモよりも、トップ目ハネマン直撃の方が遥かに価値があると私は思う。    


過去の対局から。


東一局の親番で、Y氏が小気味よく点棒を積む。


しっかりと、確実に形が入っていく。


北家の私は、捌く事ができずに点数を削られる。


その3本場。ドラ北 三四九九②③④④⑤⑥⑦⑧⑨


ダマの1000点で、一応①でのイッツーへの振り変わりを待つ。


振り変わってもリーチは打たない。


北家だからだ。 親に対して、ツモ切りオンリーになるなんて論外。


和了することもなく、 Y氏がドラの北を優しく晒す。


ツモチートイドラドラで4000オール。


Y氏の点棒が50000点近い。


もう、これは、自分が捌くしかないのか?


そう思った刹那の、東1局4本場の配牌。


三33③④⑦白白発発中中北 ドラ四 ほんのり大三元も見える。


ホンイツもみえるけれど、これは牽制の効くトイトイ本線。


役役トイトイ。


状況によれば、三元牌を討ち取るため、 白、発、中のいずれかの牌をはずすことも考える。


前局の和了牌である、北は切らない。


ツモ⑨ 打三


33③④⑦⑨白白発発中中北 ツモ③ 打⑦ 33③③④⑨白白発発中中北


大三元は必要ない。


Y氏にこのまま、トイツ場のツモで手を組まれたならば、またチートイで和了されてしまう。


大三元がトラップだ。 このまま、トイトイを組む。


小三元、トイトイもトラップ。 必要なことは、マンガンクラスかぶせることだ。


エラーのないY氏が親かぶりするとは思えないので、


私は高い手のツモ和了はできないと思う。


とにかく、三元役で和了するのならば三元役の匂いを消さなければならない。


一枚目の三元牌はスルーしたい。


できるだけ鳴き辛い牌から仕掛けて、残りは和了しやすい形が入っていると思わせたい。


私は、北家。時間制限の無いこの対局では 私には無限のチャンスがある。


親番もあと2回ある。 だが、この局が勝負だと感じる。 5d2fe8a62e90f3ec05af831a3ea75171.jpg


 ブログランキングに参加していました。


クリック願います。 →
麻雀 ブログランキングへ 





nice!(0)  コメント(0) 

おかねがない [閑話休題]

 


麻雀のマンガとかだったなら、


「お金がない、払えない」


となると、店の裏によびだされて


ぼっこぼこの、ぼこぼこにされる。


今回のわたしは、どうなるのだろう。


わたしのスコアはマイナス194。


19,400円


このあいだ、39,000円うしなって、今回19,400円


わたしの手持ちが、9,000円。


しかも、ここの場代もある。


どうしたらいいのだ。


ぐぬぬぬぬ。


でも


Yにょに借りをつくることだけは、


地球が砕け散っても「いや」だった。


きっと、わたしの顔はまっさおだった、と思う。


しろい点数記入用紙をYにょが掴み、


おどろくほど嫌味もなく


「おれの一人勝ちやの」


と、誰に聞こえるでもなく、つぶやいて


最初から、そうするつもりだった、といわんばかりに


「ゲーム代はおれが持つぞ。」


そして、


Yにょは、興味なさそうに点数表を見て


点ピンっち言ったけど、点5でいいぞ。


あと、負けは、貸しにしとくわ。」


わたしは、悔しかったけれど、


Yにょに何も言い返すことはできなかった。


だって、Yにょをむしろうとしていたんだもの。


ただ、借りをつくることはいやだった。


なんか、いやだった。


とりあえず、自分の持っている分くらいは


払わないと、渡さないと天罰が当たる気がした。


わたしが、


「とりあえず、ほら。」


と、負けてるくせに偉そうに


8000円を出すと、


(小銭まで出すことは貧乏くさかったので)


「いつでもいいんぞ、余裕のあるときで」


と、大富豪なYにょの返事。


ほんのちょっと意地になってしまって


札を仕舞わない私に、しょうがないな、とのそぶりで


そのなかから、


「じゃあ、これ、もろちょくわ。あとはいい。」


と一番偉いお札である5,000円札を持っていった。


2万近い負けが、5,000円で済んだ。


ほかの2人も、数千円をYにょに払って


初めてのセットフリーは終わった。


Yにょのお情けのおかげで。


屈辱だ、とは思わなかった。


Yにょは悪くない。私が弱い。


だって、全然 歯が立たないのだもの。


私の麻雀は、話にならないのだ。


いくらシラケンに憧れたって、麻雀が強くなるわけではない。


しょんぼりしている私を気遣っているのか、


Yにょは、自身の学生生活を語る。


ぼんやり聞き流しながら、私はYにょの軽の助手席に


乗り込み、帰路につく。


手持ちは・・・よくわからないけど、あと二・三千円くらいしかないはず。


「なんか、食うか?」


Yにょの声がする。


わたしは、あまりおなかはすいていなかったのだけれど、


(さっき、はらいっぱい食べたし)


このまま帰りたくもなかったので、


少し離れたうどん屋まで、Yにょとドライブをすることにした。


なんだか、ひとりで舞い上がっていたことも含めて


とても情けない気持ちでいっぱいだった。


お金がない。


持っていて使わないことと、


持っていないこと、では、全然意味が違う。


そして、失ってしまったものは、もう戻っては来ないのだ。


 


 


::::::::::::


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


 


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

こんなはずでは・・ [閑話休題]

 


 200円は高すぎる、という意見に、


Yにょは、仕方ないな、といわんばかりに


「じゃあ、今日は練習みたいなものやな。


ええわ。100円で。


100円やったら、よく負けて1万円くらいやろ。」


と言い放った。


て、ことは、よく勝てて1万円かあ。


まあ、いいや。


そんなふうに軽く考えていた私は


本当にほんまもんの大バカ野郎だった・・・。


 なんにもわかっちゃいなかったのだ。


麻雀がはじまり、Yにょを「かもる」なんて気持ちは、消し飛んだ。


それどころではなかった。


「それは、通らんぞ!」


とか、最初は楽しそうに打っていたYにょも


だんだん無口になってきた。


対局の内容は、覚えていない。


ただ、私は、1度も和了できなくて、


ただの1度も和了できなくて


Yにょがひたすら和了し続けて


3時間くらい半荘3回で、マイナス120くらいになっていた。


私以外の2人は、私より「おりること」に長けていてので


そういう意味では、私の圧倒的な負け、ザ・一人負けである。


そしてYにょのひとり勝ち。


半荘3回目に、Yにょが


「もうやめよう。」と言い出したときに


わたしは、「こいつには勝てない」と思ってしまっていた。


なんてゆうか、レベルが違う。


最後の半荘も当然のように一度も和了できなかった。


発だかなんだか、役牌をしかけただけで、


他にはなにもできなかった。


チップとか、ウマとかを点数表にうつす。


わたしのスコアはマイナス194だった。


(これはいまでも覚えている)


麻雀のピンのハコテンは3,000円なんかではない、


チップとかとびとかで、6,000円くらいの払いになるのだ。


しまった。194ってことは、19,400円?


このあいだ、39,000円うしなって、今回19,400円?


しかも、チョーシにのって、カツドンの大盛りとかギョーザとかたまごやきとか、


そんなものを食べてたこともあって、


わたしには、手持ちが、9,000円くらしか残っていなかった。


しかも、ここの場代もある。


なにこれ?


こんなはずじゃなかったのに。


 


::::::::::::


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


 


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

ルールとレート [閑話休題]

 Yにょは、ルール説明をはじめた。


「まず、カンサキやからな。役がないとあがれんぞ。


ツモピンフはなし。チートイツは2000点。


四風連打はながれ。スーカン流れなし。


積棒は1500点。場に1500な?」


こ、こいつは何を言ってるんだ?


「西入りして、だれも、33,300点を越えてなかったなら西入り。


持ち点は25000点の30000返しや。チョンボはマンガン払い。」


聞き返すことも、もはや面倒だから、わかったふりをしておこう。


「赤は3.数えは14ハン。役満ダブルあり。飛びはマイナ10


あと、ウマやけどな・・・」


Yにょの呪文の詠唱が終わるあたりで、私はくちをひらく。


「そんなことは、わかっちょるわ。


で、レートはどうするんや。いくらや?」


ここがポイントだった。


Yにょの万札を巻き上げるためには、


このレートというのが肝になる。


どれくらいだと、どれくらいなのか、皆目検討はつかないけれど、


いくらくらい勝てるものなのか、が知りたい。


「レートは200円かな。


200円やったら、ハコっても6,000円やからな。


パチンコの大ハコ1ハコくらいやな。」


ん、ということは、6回飛ばせば39,000円返ってくるのかな。


とか、考えていると、


他の2人が、200円は高い、といいだした。


正確には「200円は高すぎる」と。


 よくわかんないけど、ボーリングでも1ピン100円だし、


あと、ビリヤードだって、1ゲーム100円やん?


麻雀はおとなのあそびなんだから、200円って相場なのでは?


などと、私は思ったけれど


よくわかんないや。Yにょが決めればいいんじゃね?


Yにょが自分ではいる墓の穴を掘ってるだけなんだから。


 :::::::::::::::::::


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

 



mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

たまごやき [閑話休題]

 


コーラをちびちび舐めながら、


Yにょがおいしそうにし食べているカツドンをみていると、


なんだか、モーレツにハラが立ってきた。


おれも、金ならある。10,000円。


ここで、Yにょに負けてはならない。


「あ、おれもカツドン大盛りで。


あと、ギョーザと、たまごやきとかも、ください。」


そう言い放って


10,000円札を、実のところ一枚しかない10,000円札を


Yにょとは違い、上品にテーブルに置いた。


この10,000円はシラケンの残してくれた魂の10,000円だ。


カツドンとギョーザとたまごやきを食べていると、


ほかの2人のメンツが入ってきた。


どちらも、よく知っている。


予備校生だ。


さっき、予備校の自習室にいました。


というか、友人である。


この2人もゲーセンの麻雀は達者だ。


だが、いかんせん、トーシローだ。


はじめての雀荘に、どうしてよいかわからず


おどおどしている様子が、手に取るようだわい。


4人そろったところで、Yにょが、ルール説明をはじめる。


みんな、Yにょに注目していた。


おもえば、この地点で、われわれはYにょの風下に立っていたのだ。


Yにょの提案するルールを疑う気持ちは


1ミクロンもなかったわけなのだから。


 


 


 


Yにょとの旅打ち、再録しました
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp

mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

いちじかん250えん [閑話休題]

 


とにかく、がらがわるい。


立てひざ、恫喝。


札束を、というか、札を糸で巻いてあるやつ、


を卓にたたきつける。


そういう、麻雀打ちのアウトローな所作に


もうしびれくらげである。


この雀荘をあとにするとき、


私は10万円くらい勝ってるんじゃないか?とか思っていた。


ダンジョンのような店内をさらに奥へ。


冷たい空気のセット麻雀のエリア。


まだ、Yにょとわたしの2人しかここにはいない。


ほかのメンバーが来るまで、ここで待機だ。


店員のおじさんが、たずねる。


「あんたたち、学生かね?」


うなずくYにょ。


「そうかね。」


「学生やったら、麻雀せなならん。麻雀が一番大事や。


若いときに麻雀を打っとかんと、あとでえらいことになる。


よし、あんたら、今日もこれからも、


1時間250円でええで。」


と 、店員さんは続けた。


Yにょは、うなずいて、


「1時間みんなで、1,000円や。


ビリヤードやカラオケより安かろう?」


とわたしのこぼして、


調子に乗って


カツドンとギョーザを注文した。


「おかね、置いとくばい。」


これみよがしに、シャツの胸ポケットから


裸の1万円札の束をだし、


その中の1枚をテーブルに置く。


わたしは、学生向けのサービスという体でだされた


コーラをちびちび舐めながら、


大学生ではない自分にほんの少し、もの哀しさを覚えながら


Yにょをまるはだかにする、というゆるぎない目的を再確認した。


 


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

ギョーザ定食 [閑話休題]

 


Yにょの青いマシーンが、タワーパーキングに飲み込まれてゆく。


偉そうなそぶりで、キーを駐車場の係員に渡すYにょが、こにくらしい。


駐車場の壁に貼ってある、「駐車止め放題1,500円」の表示が上から目線だ。


1,500円あれば、魚町銀天街のコロッケが37個食える。


そう考えて、シラケンの失った39,000円を思い、背筋がぞくっ、とした。


いいなあ、この刺激・・・。


駐車場から少し離れたところに、「スポーツ麻雀」の看板が見える。


いわゆる「ブー麻雀」のお店だ。


すこし、入店に勇気が居るその店の自動ドアを開けば


牌の音と、罵声と、タバコの煙が雰囲気を盛り上げる。


店内は、長方形のダンジョンのようだ。


奥が見えない。


左右2列に卓が、それぞれ5台づつ並んでいて、


きれいな原色のチップや、1,000円札が乱舞している。


「マルA!」


「チンマイ!」


「ダブケン!」


「オロヤク!」


「ギョーザ定食とビール!」


最後のギョーザ、以外は、まるで宇宙の言葉だ。


ギョーザはおいしいので、よいとおもいます。


私は、はじめての喧騒に、懐かしい感覚を感じながらも


2列の卓の間を、どうどうと通過するYにょのうしろに続いた。


 


 


 


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

麻雀で取り返す。 [閑話休題]

 わたしは、シラケンがパチスロでぶち負けた


39000円のことを考えていた。


麻雀、といえば・・・


そうだ。


「お金を賭けるはず」だ。


エラソーに大学生である「Yにょ」はきっと


調子こいてバイトなんかして、


わたしよりもお金を持っているはず。


それを巻き上げることはできないか、と、ふとよぎった。


シラケンがやられた金額を、わたしが麻雀で取り返す。


そして、それをシラケンに報告するのだ。


シラケンは驚くだろうか?


「あのときのお金、もういいから。


おれ、麻雀で勝ったから。」


そんな風に言ってみたい。


そう考えると、そういう未来を想像すると


愉快で仕方なかった。


自習室に置いてある勉強道具を片付けて、


私は、体を折りたたむようにして


「Yにょ」の新車の軽に乗り込む。


押し付けられる窓ガラス越しに、大きな靴の模型。


シラケンのホームである


パチンコ屋ワシントンが見える。


私は、大学のこととか、勉強のこととか、


もうそういうことは完全に忘れ去ってしまっていて


とにかく、得意の麻雀で「お金をかせぐ」ということに、


そういう無頼な感じに、たまらなく痺れていた。


自分の力で、金を稼ぐ。


このなんともいえぬ男らしさ。


私は、博打でパチスロで、ボロボロになっていた


シラケンのことを、忘れていた。


39,000円を失って、何の情状酌量の余地もない


「博打で負けること」のその意味がわかっていなかったのだ。


まあ。負けることなんて考えるはずもない、のだが・・


そんな18歳を歯牙にもかけず


五月の空は、言葉に出来ないくらい青く澄み渡っていた。


mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

シラケンと大三元 [閑話休題]

 



車で予備校に乗り付けてきて


「おう、麻雀打つぞ!」


と、私に声をかけた。


「麻雀かあ。賭けるんだよあ。」


そう思ってすこし睥睨する。


その友人の名前は、Yにょ。


Yにょとは、トランプやボーリングやビリヤードで


よく賭けていたけれど、負けたことはない。


Yにょには負ける気はしない。


それに、麻雀には、実はとても興味があった。


シラケンに憧れている私は、アウトローな世界は勉強している。


そういう意味では、Yにょよりも、麻雀においてもクロウトだ。


それに、シラケンから「男の麻雀」について、教えていただいている。


しかも、一度、セットの雀荘にも連れて行ってもらっている。


・・・・・・・・・・・


「麻雀で、一番すごい役って何なん?」


予備校のコーヒーの自販機で、カフィを買い、


たむろしている仲間。


その群れに加わり、シラケンに訊ねる私。


「国士無双?」


返事のないシラケンに、重ねる私。


シラケンは、おおきくたばこを吸い込んで、


サイコーにイカス決め顔で、


「ばっか。国士はトーシローのねらう役よ。」


と、すこしためて、


男の役満はな。大三元よ。」


と、すんげえイケボでこぼした。


むふうう。


大三元。知ってる。


ゆうめいだもの。


よく知ってるよ。


よくお昼に「中華を食べに行くレストラン」のとなりの雀荘の名前だ。


植田まさしの漫画にも出てた。


白と発と中。


これを集める。


そうか、大三元か~。


いつか、いっぱいいっぱい


麻雀を打つことがあったなら、あがってみたいな。

・・・・・・・・・・・・・・


おれは、シラケンのソウルを受け継いでいる。


雀荘にも行ったことがある。


Yにょごときに負ける理由など、見当たらない。


しかも、おれはゲーセンで毎日麻雀を打っている。


ホンモノの麻雀と言っても、イナズマリーチ棒や、牌交換券がない、だけだ。


それに・・。


わたしは、シラケンがやられた39000円を思い出していた。














mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

博打の怖さ [閑話休題]

 


シラケンは、わたしのほうを見て、


一瞬驚いた様子だったけれど


すぐにいつものスカシた雰囲気に戻り


「おうっ」


と手をあげた。


心配そうなわたしを気遣ってか、


チョー色男な笑顔を見せて


預けていたカードと通帳を手渡し


「つかさ、ちょっと借りにしとくぞ。」


と、くぐもった声で言った。


わたしは、現在必要のないわたしの貯金よりも、


シラケンのほうが心配だった。


けれど、うだうだ言っては、


これまたシラケンの立つ瀬がない。


「うん。」


正確にはわたしのお金を増やすため、


にシラケンは打っているのだから、


負けたとしても、シラケンがその負債を背負う


必要は「理屈では」ない。


けれど、それではシラケンの男が廃る。


わたしは、パチンコ店を出て


とぼとぼと帰路につく。


途中、公園のベンチをみつけ


腰掛けて、通帳を開く。


50,000円あった残高は、11,000円になっていた。


39,000円負けている。


1,000円、2,000円の話ではない。


通帳の記載はその日だけで何行もあった。


2,000円とか、3,000円とか


何度も何度も、下ろしている。


一番最後の行では、10,000円おろしていた。


きっと、シラケンはわたしの気を使いながら


何度も何度も、銀行へ足を運んだのだろう。


打つことをやめれば、負けが確定してしまうから。


その様子を想像して、わたしは本当に


パチンコって、博打って恐ろしいな、と思った。


予備校生で、おこずかいなんてもらえない身空で


39,000円とは、気を失うくらいの金額だ。


もう、どのみち予備校で勉強するしかない、


とおもっていたので、正直お金はあまり意味がなかった。


失った39,000円も、シラケンが勝った時に


返ってくればいいし、返ってこないなら来ないで


別に大勢に影響はない。


予備校帰りに、ゲーセンで遊ぶ数100円があれば、


それで構わなかった。


11,000円もあれば、不便はない。


博打は怖い。


シラケンでさえ勝てないことがある。


それを思い知った4月。


あれほど、勉強する気持ちで満たされていた季節もいつしか終わり


「なんだ、まだ、受験まであと1年近くのあるじゃんか。」


と「勘違い」が生まれる頃、ゴールデンウイークの入り口。


高校の頃の友人が、


わたしと違って大学生である友人が


車で予備校に乗り付けてきて


「おう、麻雀打つぞ!」


と、私に声をかけた。










mqvbE8Uc_400x400.jpg


                                                             


 ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0)