So-net無料ブログ作成

タンピン国士無双 [麻雀]

訳あって再録です。


南2局。 画像の捨て牌で、ひろりんが⑤を切ってリーチ。


11.jpg

九①西9⑨五 タンピン系か、チートイ。 ドラの北を二枚持たれている可能性が高い。


我々は、必死で受ける。


ひろりんが、一発でツモらなかったということは、ロン和了狙いだ。


そして、終盤。窮して離したどいんの四枚目の東が、国士無双に突き刺さる。


48,000点。 なぜ?なぜ? この状況で国士狙いなどありえない。


我々は、狼狽え、ひろりんに問い詰める。


我々の、問いにひろりんは粛々と答える。


もう過ぎ去ったこの1局を完全に再現する。


我々の失策も露呈する。


とにかく、東場から、わしの形はよくない。牌が動いていない。


また、みんなの形もよくない。


全員の捨て牌が、そう教えてくれちょるじゃろ?


強い牌の周りが全然動いちょらん。


南場に入ってからもそう。仕掛ける絵が来ない。


特に、国士を狙う直前の1.2局は、シュンツ手を狙うことが難しいと、牌が教えてくれちょる。


じゃから、親番は、国士とチャンタとチートイ、そして国士の天秤。


何牌がツモッてみるんじゃが、強い数の周りが動かんので、


最終的には、国士無双のテンパイ。


配牌で、8種9牌じゃから、国士を狙う。


そんなのは麻雀じゃなかろう。


誰にでもできるポンジャンゲームじゃ。


そんな楽な麻雀はつまらん。 わしは、そう思う。


もっと、大きく大きく捉えなさい。


目の前にある物が全てじゃないじゃろ?


この国士も単なる結果にすぎん。


そこに至る過程を大事にしなさい。それが麻雀じゃ。


4枚目の東で、国士無双に放銃したどいん。


ドラといつのチートイも注意して受けていたが安牌がなくなり、


迷惑をかけまいと止めていた東を切る。  


今でこそ、「あの東はぬるい」と笑いながら話せるが、当時はたまったものではなかった。


ひろりんの思考を尋ねて、我々は恥ずかしくなる。


和了そのものよりも、その理由。1牌1牌が、とてつもなく重い。


ただ、牌を絞っていただけの「自分たちの努力不足を」心から恥ずかしく思った。


ひろりんが、なぜ、ノーレートで、そこまで魂を込めてくれるのか、今はとてもよく解る。


ひろりんは、我々に自分の大切な「麻雀への想い」を本気で伝えてくれようとしていたのだ。


信じられないくらいの勢いで麻雀に心酔していったあのころの私。



 ↓ランキングクリックよろしくお願いいたします。
麻雀 ブログランキングへ


最強の紳士ブチョリーナ→http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

チャンタとドラと、西ヨーロッパ

 


 


チャンタを多用するその理由のひとつ。


たくさんの種類の牌を手組にして、


他家の仕掛けのやすめに差し込むこと、もある。


けれど、麻雀の王道は、


「ツモ和了」


しっかり、和了をめざしてみたい。


東1局 北家


ドラ⑧


一一二三①②⑤⑦⑧2468


ドラが1つあって・・・


2468西ヨーロッパ。


これは形はそれほど悪くない。


サンワン、⑦と尖る牌が2枚。


第一ツモが、どの色であっても


上か下ならチャンタを軸にせざるを得まい。


手牌がチャンタになりたがっているものを


リーチドラ1には、できない。


③だったら、ピンズのイッツーもみるのだけれど・・・


2468が埋まれば、リーチドラ1.


何かがおかしくなれば、三色とかあるのかないのか。


でも、仕掛けることも視野にいれるなら、チャンタがいいんだけれど・・


1ソウ、もしくは9ソウツモでお願いします。


おねしゃす!


とおもっていたなら、第一ツモは二ワン。


わー、難しい牌がきたなー。。


 


 


 ブチョリーナ特集です。ぜひ遊びに来てください。↓


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


 
 

 


                 
               

 


 


nice!(0)  コメント(0) 

読みの精度

 


「実際、強かったよな。?」


問いかけると


「そんなことねえよ!」と


Hは、少し上気した様子で、続ける。 


「ただ、あの頃はね。


読み乗っかれてたんだよね。


自分の読みにね。」


「あと、オーラスかな。


よくさあ、おりてりゃトップなのに


なんでおりないの?なんて、いうやついたじゃん?


あれ、違うからね。


そりや長い目で見れば、まくられることはあるかもしれない、


けれど、トータルだと、トップ目は攻撃あるのみだよ。」


頷く私に


「あとさ。金賭けると、人間がわかるんだよ。


心の強さが出る。


だから、金賭けたほうがおもしれーんだよな。」


と、こぼし、くいっとグラスをあおった。


確かに、Hの場の状況判断はずば抜けていた。


瞬間的な判断能力が高いのだ。


また、合わせてオーラスへの組み立ても長けている。


あと、お金への執着がないことも、彼の強みだ、と思うのだ。


30年近く時を渡って、瞼を閉じると、


私とHと仲間たちが、卓を囲んでいる。


一打一打に目を白黒させている私と、


そこも含めて読みを入れているH.


その様子は今思えば、滑稽だっただろうな、と


ふとほほえましく感じる。


ただ、あの時の私は、30年前の私は


Hは「度胸があるから勝てている」のだ、と思っていた。


「度胸があるからツイテイルのだ」と。


そんなわけあるまい。


もう少し、Hの成績の理由を真剣に考えていたならば


私の麻雀も変わっていたかもしれない。


Hはどんなに勝っても嫌われることはなかった。


麻雀に花があったからである。


印象深い。


Hも忘れているHの和了を、今でも私はいくつもいくつも覚えている。


また、人柄も温かかった。


だから、私も、Hを通して


Hの麻雀を通して、たくさんの友人と出会えた。


どういう内容の麻雀を打ったか?


で、その人の価値は決まる。


現在の私は、年の離れた友人たちにとって、


意味のある麻雀を打てているだろうか?


そう自問自答してみずにはいられないのだ。


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


 
 

 


                 
               

 


 


nice!(0)  コメント(0) 

かっちょいい作法

 


自分が、強いな、と思っている相手の作法に惚れることもある。


学生時代に、どんなに高いレートでも平気で打ち、


ピン雀で学費をたたき出していた。


とにかく圧倒的な成績を残していた友人H。


点5の仲間内での成績も、朝まで打つと、+700とかになる。


その戦術と戦略は、また後日掲載するとして、


この友人H。


1.まず、まったく止まらない。


 すべてノータイム。


 役満振り込んだりしても、動揺しない。


 時間軸の違いが、強さを演出していたのだろうか?


2.リーチをかけると、手牌を伏せて


おそろしいほどの無駄のない動作でツモ切る。


彼のツモッた手が、河ではなく彼の手牌のほうに


引き寄せられたなら、それはもうツモ和了だ。


職人みたいによどみがない。


当時、これらを「かっちょいい!」とおもい、


めっさ、練習して、習得した。


けれど、最近の雀荘では、「手牌を伏せること」はNGだから、


2、は実践できないんですよね。残念。


あと、オープンリーチへの所作もかっこよかった。


リーチ!


オープン!


とかいって、流れるように手牌を開く。


んで


カン6ソウとかなんだけれど、


「え?そんな待ちなの?」とか他家に思うイトマも与えず、


それを一発でツモって、


オープンを入れて8本おれて、


8000オールのチップ3枚、とかかましていた。


本当、いろいろな意味で圧倒的だった。


年末のピンの麻雀大会なんて毎回優勝してたし。


少し前に、友人Hとお酒を飲む機械があり、そのころのハナシをした。


彼が、25年前、何を考えていたのか?


実に、納得のゆくハナシだった。


つづく


 


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


 
 

 


                 
               

 


 


nice!(0)  コメント(0) 

一炊の夢

 


疲れた時には、15分の仮眠を取るといい。


神楽坂先輩の教えを守って、


どんなに予定が詰まっていたとしても、


きついな、と思ったら


昼食後は、15分の仮眠を取るようにしている。


これは思いのほか効果が絶大で、睡眠後は


頭が冴えわたり、午後にだれずに済む。


不思議なもので、このわずかな睡眠時間でも夢を見る。


夢を見るのだ。


そして、当然、夢の中では夢だと気が付くことはない。


::::::::::::::::::::::::::::


西風荘にむかっている夢。


他のお客さんが待っているから、


はやく店に行かないと、と思い


新幹線に乗って九州へ急いでいる。


小郡を過ぎて、関門トンネルを抜けて


パチンコ屋の駐車場を駆け抜けて


階段をかけのぼって店につくと


店内は満卓だった。


というか、5卓稼働の店だったはずなのに


フロアが広くなっていて16卓くらいある。


ますたぴょんが、


「なんとか、回ってるよ、ありがとう」


と。


店内ではつかさ会の仲間が、麻雀を打っていた。


拾牌してからの打牌。


点数での申告。


捨て牌を少し下げたり、つかさ会の作法を


そのまま実行しながら


西風荘のフリーの常連や


過去の私の同卓者たちと、麻雀を打っている。


「みんなマナーいいじゃない。


つかぴょんが一番マナー悪いんじゃない?」


と、ますたぴょんが笑いながら、コーヒーを入れてくれた。


何とも言えないしあわせな光景。


みんな楽しそうに麻雀を打っている。


ここにいるすべてのひとの麻雀を


おれは知ってるんだよなあ。


本当にありがたく、光栄なことだ。


ふと、こみあげそうになった。


その光景を噛みしめながら、


私が、ますたぴょんの美味しいコーヒーを飲もうとした瞬間、


アラームが鳴った。


は!


ここどこ?


会社じゃん?!


夢?


わずか15分で、よくもまあ、こんな夢を観れたものだわ。


しかしまあ、本当におれは、西風荘が好きなんだなあ。


 ははははは


 



麻雀 ブログランキングへ


IMG_20171217_093932.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

3枚ツモってみよう!

ビリヤードを習っていたときに、


とりあえず、しっかり突いて、自分の玉にしよう!


との言葉をもらった。


なんだか、気に入って麻雀でもそれを取り入れている。


アニメなんかも、とりあえず3話までは、観てみるし、


食堂も、よほどのことがない限りは、3回までは足を運んでみるようにしている。


当然麻雀にも、それを取り入れている。


とりあえず、しっかり3枚ほどツモって


自分の麻雀にしよう!と。


配牌が哀しくて、悲しくて、色よい未来が見えにくいとき、


他家との開きを感じざるをえないときには


私はいつも、「目をつむって3枚ツモる。」ようにしている。


手牌にときめきがない、


ということは、ツモが有効牌となる可能性が高く


何をツモっても、わくわくできるのだ。


例えば、


親番で、


一二四八①⑧1467東西發中 


こんななんとなく 絶望横丁を思わせるような配牌だとしても、


三ワンとか!


3ソウとか!


とツモることができたなら、すごく嬉しいし、


東や發や中が重なっても嬉しい。


配牌が悪いとどんあツモでも、だいたい嬉しいし、


しかも、そうやって少しずつ手牌を成長させていくことが、また


麻雀の醍醐味なのだ、と思う。


手牌が哀しいときには、とりあえず3枚ツモってみよう。


「どんな牌がやってくるのだろう。」


そのときめきをなくしてしまえば、麻雀は色を失う。 


だいたい配牌5シャンテンも4シャンテンも大差ない。


とにもかくにも、136枚のうちの13枚は


自分のところにあるわけだし、


このあと20数枚をつもってくるわけだから、


30枚近い牌は自分とともに戦う牌、というわけだ。


3枚ツモっているあいだに、


いろいろなことを準備する。


他家は何を考えているのか?


自分の捨て牌はどうみえているのだろうか?


相手に不利益な情報を与えるためにはどうすればよいか?


自分の手牌が(序盤)ではどうにもならないのであれば


どうすればよいか?


どうにもならない、と思われないほうが「さくせん」としては


すぐれているのではないか?などと


本当に最初の3つをツモルる間に、たくさんのことを考えるのだ。


麻雀は準備のゲーム。


序盤の備えこそが、未来に響く、そういうものだ、と思うのだ。



麻雀 ブログランキングへ


IMG_20171217_093932.jpg

nice!(0)  コメント(1) 

規格外な手役

 


すべての色や形を破壊する手役。


すべての牌に等価の価値を与える手役。


和了のためには、字牌は3枚必要、


という常識を真っ向否定してくるあの役。


そう、チートイツだ。


たくさんのチートイの戦士たちに


くるしめられてきた。


西風荘のますたぴょん。


にしぐたん。


ととろん。


チートイマスターが同卓していると、


牌操作と卓操作がままならなくなる。


このチートイツの存在が、麻雀をとてつもなくおもしろくしている。


2枚あればよい。


チートイツという役が存在するかぎり、


場に3枚見えている牌、以外は安全とはいえない。


チートイの最大のメリットは


ドラも1枚あればいい、ということだ。


ドラ単騎を曲げてツモ和了すれば、3000.6000


もしくは、6000オールである。


チートイツの単騎探りのこつは、やはり


「色や形にとらわれず、場にこぼれそうな牌をみつける感覚を養うこと。」


これだ、とおもう。


手牌と、全体の捨て牌を一枚の絵としてしっかりと捉えて


とれそうな牌をみつける感覚。


自分にはこの感覚が足りない。


チートイツ、という役を


とてもむつかしくイメージしてしまっているからだ、と思う。


だって、


雀頭にされていたら、


とか考えると、もうどうにも不安で仕方がない。


涼しい顔をして、中張牌をバンバンツモるひとを見ていると


まじスゲー、と思う。


私は、場に2枚切れの字牌待ちしかリーチ打てない。


ツモリにいくべき麻雀で、地獄単騎ってどうなのよ?


場に1枚切れの牌をツモリにいくって言ったって


すでにその地点で残り2枚しかないんだよ?


だったら、確実に1枚こぼれやすそうな牌のほうが、とか


考えてる自分がイヤだし。


で、結局、チートイを戦術に組み込めなくなる。


 さらに規格外も規格外、規格外の王様の手役。


それは国士無双だ。


場に4枚目の字牌が和了される可能性がある、という


とんでもない手役だ。


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0) 

字牌の使い方

 


麻雀は、他家の不要とする部分で、手を組むこと、


このことが一番大切。


そうできなかったとしても、


そのように意識するか、しないか、で未来は変わる。


字牌の扱い方について質問をいただく。


これについての答えも、


場に対して字牌はどうなのか?ということ。


まずそれを判断することからはじまる。


ホンイツがいる場や、ドラ含みのチャンタがいる場。


字一色や四喜役や三元役にいる場では字牌は


決して攻守に長けた牌、とは言いがたい。


けれど、タンヤオ無双な昨今の麻雀においては、


字牌は役牌ではない限り、河に落ちやすい。


今回は、そういう一般的な場の状況において考えてみよう。


すなわち、役牌ではない牌。


他家にとって役牌ではない牌こそが攻守に長けた牌となる。


それは、どういう牌だろうか?


1、自風


他家にとっては、オタ風で自分にとっては役牌


2、場に一枚切れた役牌


他家にとっては、役牌ではないが切りにくい牌


3、場に一枚切れたオタ風


攻撃力はないが守備力の高い牌


という順番になる。


これらの字牌を大切にしながら手役を重ねてゆく。


ホンイツやトイトイやチャンタを重ねてゆく。


また字牌だけの特定役についても、


コントロールできるようになりたい。


三元役や四喜役の可能性はいつもゼロではないので、


それを場に残しながら字牌をはらってゆくか、


もしくは、逆にその可能性をはやめに消して


字牌をひろってゆくか?


発を仕掛けたいなら、中や白を早めに切り出すとか


そういう感覚も大事にしたい。


 


私は役牌はあまり重ねずにはらってゆくことが多い。


基本自風や、オタ風を守備の要として


手牌のほかの部分で値段をつけるスタイルだ。


最大限の守備を整えることなしに


食い仕掛けを決断することはできない。


また、これらの字牌のロジックを完全破壊する手役が存在する。


すべての色や形を破壊する手役。


すべての牌に等価の価値を与える手役。


和了のためには、字牌は3枚必要、


という常識を真っ向否定してくるあの役である。


 


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 

10倍の勇気

 


他人の麻雀を観ていて、


自分が一番注意していることは


手組の正確さ、とか、そういうことではない。


局面に備えての心構えがあるか?どうか?である。


配牌をいただく前から、そのことを考えているか、どうか?


たとえば、麻雀において、ゼンツ可能な局面など存在しない。


またベタおりなんていう、安易な選択が許される局面も存在しない。


麻雀をそういう風に平面で捉えていては「もったいない」と思うのだ。


もちろんルールにもよるのだけれど


点棒を持たないラス親は、攻撃よりに組むだろう。


だがしかし、たとえば、他家に高得点の兆しが見られているのに


それに対してゼンツなんていうのは、麻雀ではない。


絵合わせポンジャンゲームだ。


誰にでもできること。


そして、それは、勇気ではなく、自分のことだけを


何の根拠もなく信じている浅はかな無謀な行為だ。


もちろん、敷かれているそのルールにもよる。


素点に価値のあるルールであれば、振込みは咎である。


また、おりていればトップだと、ベタオリを選択する。


これは一見賢明にみえるけれど、


横移動がないかぎり、必ず失点に終わる。


麻雀、自分が和了すれば他家は和了できない。


また自分が振り込んでしまえば、自分は和了できない。


であれば、振り込まずに自分が和了すればよい。


和了ありき、ではなく、振り込まないこと


すなわち守備ありきの麻雀を身につけることだ。


つかさ会でも、何度も繰言のように


「相手に安全なエリアで手を組むこと」


をおすすめしている。


例えば、他家がマンズを嫌っているように


みえるのであれば、


マンズを軸に手を組めば、


こちらは振り込むリスクなく、なおかつ和了しやすい。


こういうことは意識しないと絶対にできない。


与えられた配牌を丁寧に組むこと。


そのまえに、その局の方向性を整えるべきだ。


麻雀は、振り込んでしまえば、その局は終わる。


そのことをやはり恐れなければならない、と思うのだ。


 


 


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


 


しのぶんのてきとにっき↓


nice!(0)  コメント(0) 

迷走中

 


西家スタート


東1局に積まれて


東2局は捌く必要があった。


そこからはいる、場況の精査こそが麻雀の思考のはじまりだ。


時間制限のある対局なので、積まれるとオーラスまで辿り着かない。


半荘の途中で、終局となること、そのことがたまらなく嫌だ。


個人的には、時間内にオーラスに辿り着けないゲームは


麻雀として成立していない、と考えている。


麻雀は、他家の親をいかに落とすか?がとても大切。


自分の親をいかに消化するか?ことよりも


とても大切なことなのだけれど、なかなかままならない。


 まだ、つかさ会の多くの仲間は、「麻雀が、半荘単位」のゲーム


であることがよく理解できていない。


親は積めばよい。


親には振らないほうがよい。


そのステージを越えることができていない。


親はメリットばかりではない。


親に振らないようにすることよりも


親に振らないようにしなければならない


局面をつくらないことのほうが大切だ。


最近、温度の高い参加者が数名いるので、


余計なことを口に出しそうになる。


麻雀は、ひとぞれぞれで!


他人の麻雀に口出しは、諸刃の剣で!


本気で厳しくやると、きつくてだれもついてこれない!


(自分もきついし)


そういう気持ちはマイナスで、だれもしあわせになれない、


ということは、もうイヤというほど思い知ったのに


それでも、気持ちのどこかで、


そういう麻雀を求めている。


一局、一打でもいい、全身全霊を賭けて挑みたい。


混じりけのない真っ白な麻雀。


楽しくはない。


楽しくはないけれど、何かの真実に近づいている


あのなんともいえない充足感と、高揚感。


そして、その日々こそを、楽しかった、と思う自分がここにいる。


あの呼吸すらままならない、緊張のなかのあの麻雀こそを


求めて止まない自分がいる。


何が本当なのか、自分でもよくわからない。


楽しいことが楽しいのか、


苦しいけれど、挑戦することが、結果楽しいのか?


わからないのだけれど。でも、


けれど、現地点では、仲良し麻雀や、楽しい麻雀が、


自分の麻雀の「本当でないこと」だけは間違いがなさそうだ。


でもね、自分の麻雀を強要したり、それ以外の麻雀を


否定した地点で世界は終わるから。


肯定の先に自分の麻雀を重ねたい。


でも、どうすればいいのか、わからない。


だから、ただ、現在は、


いつか起こるかもしれないレゾナンスを信じて


ひたすら静謐に、他人の麻雀を見つめることしかできないのだ。


 


 


 9vgofw8p554lkxy.jpg


 


 66677777.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)