So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

麻雀を楽しむ チートイマスターへの道

 


チ-トイツという役を覚えた。


どんな時でも、どんな牌でも


「価値のあるもの」に変換できる。


面前である限り


あきらめないで、手を組むことができる。


諦めずに済む


このことが、やってみると実に楽しい。


:::::::::::::


配牌が本当にこなごな。


役牌もなく、シュンツもなく、ドラもなく


トイツも一つもない。


純粋にテンパイまで、それも困難。


一四六八①②④⑨28東南北中


でも、一枚ずつ重ねていって


終盤には、チートイツをテンパイすることがかなう。


最初は、13枚×3で、39枚の有効牌(平面上)


トイツが一つできたなら、


11枚×3で、33枚


2つできたなら、


9×3枚で、27枚。


3つなら


7×3で、21枚。


4つできたなら、


5×3で、15枚。


5つできたなら、


イーシャンテンでも


3×3で、9枚。


もちろん、他の人に使われてたり


すでに河にならんでたり、ということを考えると、


全然こんなにたくさんの「有効牌が残っている」わけはないけれど


思っていた以上にテンパイしやすい役なのでは、と。


この、1枚1枚重ねてゆく感じが、たまらなく楽しい。


チートイツ、楽しい。


チートイを覚えたうえで、食い仕掛けを考えたとき、


精度のあがった選択肢を持てそうで


それもまた、楽しみ。


現在は、、可能な限りチートイツを学びたい。


 



麻雀 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 

チートイ戦士と大七星

 最近食い仕掛けがきつい。


なんか、反応できないし


手牌短くなるの嫌だし


毎局毎局前につんのめっているのってどうなの?


とかまで思ってしまう。


なんだか、冬眠前のクマさんみたいだわ。


最近、面前でしか成立できない手役について


考え込んでしまう。


ピンフ・・・


リーチ・・・ふんふん


いーぺーこー?


 


チートイツ。


 


チートイツ!


そうだ!チートイツ


すべての色や形を破壊する手役。


すべての牌に等価の価値を与える手役。


和了のためには、字牌は3枚必要、メンツは3枚必要で


4ブロック1雀頭、という大正義を


麻雀の常識を真っ向否定してくるあの役。


思えば


たくさんのチートイの戦士たちに


くるしめられてきた。


でも、それはわたしがチートイ戦士でなかったことが原因ではないだろうか?


西風荘のますたぴょん。


にしぐたん。


ととろろん。


チートイマスターが同卓していると、


牌操作と卓操作がままならなくなる。


このチートイツの存在が、麻雀をとてつもなくおもしろくしている。


2枚あればよい。


チートイツという役が存在するかぎり、


場に3枚見えている牌、以外は安全とはいえない。


チートイの最大のメリットは


ドラも1枚あればいい、ということだ。


ドラ単騎を曲げてツモ和了すれば、3000.6000


もしくは、6000オールである。


チートイツの単騎探りのこつは、やはり


「色や形にとらわれず、場にこぼれそうな牌をみつける感覚を養うこと。」


これだ、とおもう。


手牌と、全体の捨て牌を一枚の絵としてしっかりと捉えて


とれそうな牌をみつける感覚。


自分にはこの感覚が足りない。


チートイツ、という役を


とてもむつかしくイメージしてしまっているからだ、と思う。


だって、だってさ


雀頭にされていたら、


とか考えると、もうどうにも不安で仕方がない。


涼しい顔をして、中張牌をバンバンツモるひとを見ていると


「まじスゲー、エスパー?」とか思う。


私は、場に2枚切れの字牌待ちしかリーチ打てない。


それでも、ドキドキしている。


ツモリにいくべき麻雀で、地獄単騎ってどうなのよ?


場に1枚切れの牌をツモリにいくって言ったって


すでにその地点で残り2枚しかないんだよ?


だったら、確実に1枚こぼれやすそうな牌のほうが、とか


考えてる自分。


チートイ戦士たちは、


「ツモりにいくからこその単騎待ちですよ!」


と言う。


このあたりは感覚の違いだろうから


自分もチートイ戦士になれば、その世界の景色は変わるかも。


さらにチートイは様々な役と複合できる。


タンヤオ


チャンタ


ホンイツ


チンイツ


そして、字一色


中国麻雀に東南西北白発中をそろえる


七星(チーシー)という役があるらしいのだけど、


それのチートイツだ。


大七星。


大三元とおんなじくらい かっこいい!と思うのだ。


わたしもいつか、チートイ戦士になって


大七星を和了してみたい。


 


ゆかりん.jpg



麻雀 ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0) 

13面待ちへ [閑話休題]

 


ツモってきた牌を開くと1ソウだった。


一四六①⑥1469東南西発中


打⑥


ツモ北


もうホンイツはないですな・・・


河への意匠とか不要。


チャンタっぽくみせて


他家の国士無双関連牌が


河に落ちないようにするくらい。


とにかくツモ筋を変えられたくない。(オカルト)


打6ソウ


 一四六①149東南西北発中


ツモ白


打4ソウ


一四六①19東南西北白発中


チーシー(七星)完成してる。


ツモ⑨


打四


一六①⑨19東南西北白発中


うわあ、12枚なに引いてもテンパイ・・


ツモ七


ちがう、ちがう。


打六


マンズの上が動いてる?


なんでもいいから、はやくてんぱれ。


国士無双はスピードが命なんだから!


ツモ山に手を伸ばして思わずもーぱい。


こ、これわ。


くまんばち


九ワンきた。


一九①⑨19東南西北白発中


こ。。こんな漫画のようなことが・・・


打七


国士無双、ストレートに組みあがった。


だま。


ツモ八ワン


河に六七八とならぶ。


そういうの、いらないって。


ああ、和了できないとやだな。


と思ってたら和了できた。


国士無双13面待ちは、3回。


1度目は、30年前


東海大学前の雀荘 白で。


バイトの仲間と打ってるとき。


しびれあがった。


2度目


 4年前、海老名のげらげらで


セットで打ってたとき。


もともと、国士無双よりチャンタになってしまう


そういう打ち方なので、国士無双狙うことが少ないこともあるのだけれど


まあ、13面待ちは美しい。


なにが美しいって


「ちびっこ大三元」


「ちびっこ小四喜」


で組みあがった夢のコラボの13枚。


それにすべての色の


はじまりの数と終わりの数。


美しい。


理牌していて牌こぼしちゃ嫌だから、


きれいに並べた姿にはできなかったけれど。


mqvbE8Uc_400x400.jpg


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

メンホンチートイCоCо壱の会 [閑話休題]

 


月に数回、仕事終わりに有志で集まって


カレーを食べて麻雀の話をしてそのテンションを持って


いろいろな麻雀を打つ。


毎回テーマを持って、取り組むので とても楽しい。


今回もリーチなし、食い仕掛けなし、の麻雀を打ち、


赤牌1役ダウンの麻雀を打ち、通常の対局に移った。


通常の対局での私の今日のテーマは


「牌を動かす!」


これだ。


強そうな色や形を見つけて


配牌をひたすら壊して組みなおす。


家を新築するときには


解体して、整地をしなければならない。


創造的破壊、ってやつですよ。


(ちょっと違う。シュンペーターに怒られるわ)


でもね、新陳代謝は大事。


麻雀も同じ事ばかりやってたんじゃダメだ、と思うの。


感性に水をあげないと。


南1局、南家。点棒はひらたい。


一四六①⑥469東南西発中


ドラ⑨


南家


・・・


尖牌1枚もない。


トイツ・・


ひとつもない。


バラバラ。


第一ツモで決めよう。


思わず力がはいるもーぱい。


(もーぱいはしないほうがいいのだけれど)


⑦?


678?


ツモってきた牌を開くと1ソウだった。


一四六①⑥1469東南西発中


ホンイツ


チャンタ


チートイ


せめて


一四六①⑥⑦469東南西発中


これなら、まだメンツ手に組もうともおもうのだけれど・・


 


 


:::::::::::::::::::::::::::


 


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(1)  コメント(0) 

後には引けない戦いにしちゃおう [閑話休題]

 


試合とか、大会とかには基本参加しない。


集中力が持たないからだ。


半荘1.5回くらいで力尽きてしまう。


ああいう試合をガンガンこなせるプロは本当にすごい、と思う。


全ての手出しツモ切り、


全ての捨て牌、


そういうものをすべておろそかにしないで打つ。


そこまでの力が自分には、ないからだ。


プレイヤーでいたい、とはもう思わない。


仕事とか家族とか、そういうものを


全て投げ打って麻雀の世界にとびこめなかった


自分にプレイヤーとしての資格はない。


自分が望むことは、「自分の好きな人の麻雀」が


誰かに喜ばれること。


「〇〇さんは、本当にいい麻雀を打つね。」と


なんて仲間の麻雀を褒められた日には、嬉しくて


歌いだしてしまう、まである。


そんなこと言ってくれたその人のこと大好きなっちゃう。


逆に何にも知らない他人に


仲間を中傷されると、心の底から気分が悪くなる。


おまえらにそんなこと言われたくねえよ!


無責任なことばっか言ってんじゃねえよ!


そこまでいうなら責任取れよ!


と、心の奥底で、こっそりこんちくしょう、と思う。


(攻撃はしないけど)


ともあれ、


それでも、リーグ戦にでてみようと、おもった理由は


何よりも仲間の麻雀を観たかったからだ。


毎週毎週、サークルに参加してくれているみんなの


ここいちばんの打牌を見たい。


日ごろのつかさ会が練習であるなら、


本番はどこだろう、いつだろう、とおもっていた。


サークルのなかでそれが開催できることを


夢見ていたけれど、いかんせんみな目的が違うのだから


そうそう私の思い通りにはならない。


だから、いろいろな大会にみんなと出たいと思った。


言い訳の効かない甘えのない対局のなかで


みながどのように戦うのか、知りたかった。


結果ではなく、内容。


でも、内容があれば、結果はそれなりにまとまる。


必死で打った結果に包まれた敗北感。


そういうものを味わって必ず人は成長する。


そして、それは自分に対しても同じこと。


誰かの勉強とか、そういう建前のない真剣勝負。


そういうごまかしのできないところに


自分を追い込んでみたい、とも思っていた。


なんとなくだらだらしている


だらだらと続いているサークルと自分と麻雀の関係に


良くも悪くも、風穴を開けたかった。


 一人で打つ麻雀が本当なのか?


仲間と打つ麻雀が本当なのか?


本当のところはどうなのか?


自分の麻雀への想いを他人にあずけているんじゃないか?


 


そういうことを確認したかったのかもしれない。


自分自身もこれまでに自分が謳ってきた麻雀に


矛盾しないように打たなければならない。 


参加した地点で、それはこれまで中途半端だった私にとって、


後には引けない戦いなのかもしれない。


:::::::::::::::::::::::::::


 


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

メンツさがし

 フリー雀荘にゆく、勇気もお金もない。


けど、麻雀はモーレツに打ちたい。


そんな頃。30年近く昔のはなし。


友人のHヤシと一緒に


10時開店のパチ屋「ラスベガス」に突撃。


スーパープラネットのモーニングを取る。


フルーツゲームを消化。コインを流す。


1,000円→5,700円


この4,700円で一日遊ぶ。


スーパープラネットというパチスロには


ビックボーナス終了後に、コインの減らない


フルーツゲームという仕組みがついていて


このフルーツゲーム中に、またボーナスを引けば


4,700円が、10,600円に、なんてこともあった。


とにかく、遊ぶ金には困ってなかった。信じられないあの頃。


パチスロのメダルの換金は、11時からなので、


それまで、羽台でお茶を濁す。


11時。


「麻雀打ちたい」


やっぱり、打ちたくなる。


毎日打ってるのに、それでも飽きない。


わたしがそうこぼすと


Hやしは、仲間のいそうなパチンコ屋へ車を走らせた。


ケータイのなかった時代。


メンツを集めるだけでも、たいへんだった。


仲間の行動パターンを熟知してなければ、ならない。


5軒目のパチ屋で、


ひからびたトカゲのような顔でパールセブンに


現金をぶっこんいる友人を発見。


いかん!彼はパチンコを打ってるつもりだけれど


実はお金をどぶに捨てているだけなのだ!


保護しなければ。


13時30分。確保。


予備校の自習室で、受験勉強なんかしている友人を発見。


彼は、勉強をしているつもりだけど


ホントウは麻雀を打ちたいはずなのだ。


俺はそのことをよく知っている。


勉強よりも麻雀のほうが楽しいに決まってるんだから。


「息抜きも必要だよ」と誘い出す。


確保。


14時。


4人揃った!


はやる気持ちで、雀荘へ。15時スタート。


卓を立てるまでに4時間!


だけど、それでも麻雀が打ちたかった。


思えば、今思えば


そういう麻雀のメンツを集めることも、


麻雀の楽しさの一つだったのではないか?


とも思えてくる。


麻雀ひとりじゃあ、打てないから・・・


:::::::::::::::::::::::::::


 


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

えぬぐたん「居酒屋教室」(再録) [S場会にて]

 えぬぐたんは、居酒屋でコークを発注する。


こと、「コーラの力」を信じて疑うわないコーク好きである。


よいどれは、よいどれの分際でルービー3杯でばたんきゅー。


キャラが迷子になっている。


飲めない私は、コーラを発注。


:::::::::::::::::


今回、本当に苦しい戦いだった。


捌かれても捌かれても、懸命に食い下がったつもりではあったのだけれど、


内容も含め惨敗である。


私は、ととろたんに感想戦をお願いする。


なぜ、私のあのリーチに向かって来ることができるのか?それを訊ねる。


「教えてください、シャース。」


TTRは、はあ?何言ってんすか?ネタですか?


と言わんばかりに


「え?バレバレですよ?(何言ってんすか?正気っすか?)」


と答えた。理由は以下の太字である。


これらの原因は、全て私の所作にある。


すなわち


優勝できるツモだ、ほぼ最強だ、と笑みがこぼれる。


このリーチを受けて、下家が、ノータイムで打四ワン。


私の顔が引きつる。


ととろたんは、私の表情や癖から、「ノーテンリーチ」であることを判断した、という。


まず、リーチを打つ際に、私が「少し笑っていた」ということ。


これが、おかしい。ふつうのリーチではない。


そして、四ワンを打たれたときの反応もおかしい。


通常のリーチではない。明らかに困窮している。


通常のリーチであれば、他家が危険牌を切って勝負にくることは望ましいこと。


その状況を望ましい、とまでは思っていなかったとしても


「顔が引きつるほど困窮する」ことはおかしい。


これは、攻められては困るリーチ、すなわちノーテンリーチと推察できる、というのだ。


他家を抑えつける効果も鑑みてのリーチ。


だがその効果を得ることができない、ことからの困窮。


これは一択だという。


「すべての手出しとツモ切りをガン見していました。


無表情でリーチを打たれていたなら、読めなかったですけどね。」


と、ととろたんは、補足した。


私は、テンパイ即リーチを打てないときには、テンパイを悟られないように細心の注意を払う。


けれど、フリテンリーチを打ったのち、


それを「フリテンだと悟られないように注意するという意識」は持っていない。


リーチを打ったところで、そういう意識は働かなくなっているのだ。


人読み。


これは、当たり前のスキルである。


私の自身の「フリテンリーチ」に対する意識の低さが、エラーなのだ。


結果、局面を揺るがすほど致命的な情報をととろたんに与えてしまった。 


挟撃され、的に掛けられ、感情のコントロールがうまくいかず、そのことが


卓上にこぼれてしまった。


自分本位過ぎる思考により視野が狭量になってしまっていた。


6ソウを引いたときに、5ソウへのくっつきテンパイのイメージが脳内に膨らみ、


優勝のテンパイの結果は「4ソウツモだろう」と感じていた。


その4ソウを、食い取られた。


あまりにも、未熟である。


DSC_0160.jpg


:::::::::::::::::::::::::::


 


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

おみそれ最強リーチ(3回目) [S場会にて]

 


のうみそに星空が広がっている


暗黒宇宙麻雀拳の使い手、TTR.


 いらっとくる捨て牌は無視したほうがよいのだか、


捨て牌大好き!な自分としてはそれができない。


「なにやってんだろ?」とおもったなら負け。 


そんなおり、また最強リーチの話がでた。


5年前の対局だよ!


おぼえておるわ!


 まあそういう意味では


忘れることのできない対局。


わたしの「最強リーチ! 」が捌かれた対局。


まあ、「最強!」とか言っちゃってる地点で


だいぶん自分も脳がおかしいけれど。 


TTRは、かんたんにいうと「よくみている」ように見せるタイプ。


「よくみているひと」対策は、たくさんの情報で


「よくみていること 」が機能しなくなるくらい


「どうでもいい情報」を与え続けることなのだけれども、 


 「どうでもいい情報」を与え続けられている、ということまで


見抜かれているとおもわされていることが多くてこまる。


::::::::::::::以下再録です。  


確か、フリテンリーチがばれてたとか、そんな理由。 


その半荘のおーらす。


ドラは5ソウ。ラス親。


六八⑤⑥⑦55678北北北


ドラが5ソウなので値段的には充分だが、⑧引きを待ちたい。


もしくは、六や八が重なり、さらにソーズを組み替えた


六六⑤⑥⑦55667北北北


八八⑤⑥⑦55667北北北


などのテンパイに組み替えてもよい。


いずれにしても、ファーストテンパイでリーチを打てるほど、


このオーラスはわたしにとって軽くない。


前局の結果としてのエラーを生かさなければならない。


オカルトだけれど、ひとつ前の半荘のエラーはドラの軽視である。


このオーラスではドラの引きを大事にしたい。


この2つの理由から、ダマにする。


次巡、ドラをもう一枚引いてくる。


六八⑤⑥⑦555678北北北


ここから、八を切る。


六⑤⑥⑦555678北北北


五を引けば、8を切り


五六⑤⑥⑦55567北北北


でリーチ。


また、ソーズを引けば、かなりの確率で多面待ちとなる。


9ソウがフリテンだが、4ソウ引きが望ましい。


次巡、6ソウツモ。六切りリーチ。


これは、優勝できるツモだ、ほぼ最強だ、と笑みがこぼれる。


⑤⑥⑦5556678北北北 ドラ5ソウ


このリーチを受けて、下家が、ノータイムで打四ワン。


私の顔が引きつる。


何故打てるんだ?その牌?


次巡、トイメンのととろたんが打4ソウ。


その4ソウを追って打ち出された7ソウをととろたんがポン。


私のツモる予定の4ソウは、無残にも上家に流れ、そのまま霧散する。


なぜだ?「フリテンリーチ」を読まれているのか?


それ以外に、考えらえないのだが・・


私は、ドラを大事に、和了の色と形も丁寧に組み上げたリーチを、


コンビネーションで捌かれた。


 


z3051.jpg


::::::::::::::::::::::


 


つかぴょん個人ブログ↓


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

点数計算かかり [閑話休題]

 


仲間内で、セット卓を立てる際に、必ず必要な友人。


点数計算ができるひと。


だってそのひとがいないと、値段がわからないんだもん。


なんとなく、ザンク!


とか、


マンシュウ!


とか、


そういう言葉を使ってはみるけれど


実のところその意味はよくわかっていない。


::::::::::::::::::::


我々の仲間では、Hヤシ。


Hヤシだけが、ごっぱとか、なななな、とかいう


ちょっと上位ステージの点数申告スペックを持っていた。


Hヤシ(理系)がいないと、


マンシュウ、とハネマンシュウ、とコクシ


以外は、全てザンクになってしまうリスクしかない。


点数計算ができないチームである私たちは、哀しき予備校生。


4月下旬から、麻雀>勉強であった我々は


とにもかくにも、Hヤシがいなくても、点数計算ができるようになる必要があった。


麻雀を打ちたくて仕方ない。


点数計算わからない。どうすればいい?


予備校生だから、自宅で「麻雀の本」なんて読むわけにはいかない。


図書館に「麻雀の本」なんか、ない。


 


そうして、ほんのちょっぴり悩んだすえに


たどりついたところが「ゲームセンター」。


1ゲーム30円で打てるゲームセンターを見つけた。


駅前の「カジノ」。


ここで、麻雀を打ちながら、


点数計算を覚えてしまえばいいではないか?と。


ひとつ、わたしが理解できていたことは、


「鳴いたときはザンク」。


これです。


仕掛けると、テンパネはしない。


だから、仕掛けて3役はすべて3900


これだけは、たぶんあってる。


ただ、ゲームセンターに足を運んでしまうと


それはそのまま受験戦争への勝利を放棄するようなものではないか?


このあいだ、雀荘で麻雀を2時間打ったことだけでも、


モーレツな良心の呵責にさいなまれたというのに。


当時、私は毎日800えんをもらっていた。


予備校でのお昼と、おやつ代。


これが、わたしの全てだった。


このお金でやりくりをしなきゃならん。


麻雀の本なんて買えるわけもない。


ただ、そもそもHヤシにできることが、わたしにできないわけがない。


だけど、Hヤシに点数計算の教えをこうことだけは、死んでもいやだった。


本当は勉強をしなければならない、大切な日々ではあるのだろうけれど


実のところ、わたしの頭の中は、「麻雀」しかなかった。


その朝、その日の受験勉強の支えとなる800えんを


親から受け取り、そのまま予備校にかばんだけ置いて


街中の古本屋をめぐることにした。


「麻雀の古本」であれば、有り金で何とかなるかもしれないからだ。


当時は、街中にたくさんの古本屋があった。


ゲームセンターよりは、こころが痛まない。


麻雀の本を見つけて、点数計算を覚えたなら


そのあとは、猛勉強をするつもりでいた。


大学にいって、いっぱい勉強して


社会を知って、ジャーナリストになりたい、とおもっていた


私は、自分が「麻雀」に捉われて


足を踏み外すとは夢にも思っていなかった。


 


::::::::


つかさ会ブログ↓


http://tsukasakai.blog.so-net.ne.jp/



 ランキングに参加。クリック!クリック!


麻雀 ブログランキングへ


旅打ちしてます。
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


高砂様.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

シャンテンわたり。その牌の意味 [閑話休題]

 


一三四五六八九⑧345南南 にツモ⑦


東1局西家6巡目 ドラ8ソウ


前回の記事、牌姿まちがってました。修正しました。


食い仕掛け、そして、打点を加味すれば


イッツー狙いの⑦ツモ切り?


ここで、考えて欲しいのは、このひとが


⑧を残した意味だ。


⑧の意味


・それは、⑦引きのA級両面⑦⑧ターツ。


・⑨を引いてのチャンタ(そんなのないよ!)


チャンタの可能性は極めて少ないけれど


なくはない。超マイノリティな選択肢だ。(ないかな?)


一二と八九、南南と3ソウそして⑧⑨


で、ターツとしては数が足りている。


(足りてはないかな?)


そして、⑧ダイレクト引きの「ヘッド振り替わり雀頭移行」だ。


今回この⑧は⑦を引くことによって、一つの手役の可能性をみつける。


ピンフ。


一三四五六八九⑧345南南 にツモ⑦


マンズの部分


一三のターツ二の受け。


八九のターツ七の受け。


六八のターツ七の受け。


六と九の仕事がかぶっている。


だから、「ピンフ移行」をみて九を切る


一三四五六八⑦⑧345南南 


こうすると、二が入っても、七が入っても


一二三四五六⑦⑧345南南 


三四五六七八⑦⑧345南南 


となる。


これが一番ありそうな選択だ。


けれど、わたしは、この手牌に夢を見る。


一三四五六八⑦⑧345南南 


イッツーの見える手役はタンピン三色になりやすい。


ただ、この形には遠くタンヤオそして、三色が


ほんのすこし、ほんのり見える。


ツモ、八ワン(もしくはツモ六ワン)打南


一三四五六八八⑦⑧345南南


ツモ③(もしくは④⑤)打南


一三四五六八八③⑦⑧345


ツモ④(もしくは⑤)


三四五六八八③④⑦⑧345


ポイントはシャンテン数をさげずに


13枚役にピンフを軸として、タンヤオ


三色を重ねてゆくイメージ。


1牌1牌の意味を考えて最高形を創造して


効率をほんの少し犠牲にして組み立ててゆく。


答えは、たくさんある。


ただ、自分がどの道を歩いているか。


というだけだ、思うのだ。


::::::::


つかさ会ブログ↓


http://tsukasakai.blog.so-net.ne.jp/



 ランキングに参加。クリック!クリック!


麻雀 ブログランキングへ


旅打ちしてます。
http://wing6877.blog.so-net.ne.jp


高砂様.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -