So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

後には引けない戦いにしちゃおう [閑話休題]

 


試合とか、大会とかには基本参加しない。


集中力が持たないからだ。


半荘1.5回くらいで力尽きてしまう。


ああいう試合をガンガンこなせるプロは本当にすごい、と思う。


全ての手出しツモ切り、


全ての捨て牌、


そういうものをすべておろそかにしないで打つ。


そこまでの力が自分には、ないからだ。


プレイヤーでいたい、とはもう思わない。


仕事とか家族とか、そういうものを


全て投げ打って麻雀の世界にとびこめなかった


自分にプレイヤーとしての資格はない。


自分が望むことは、「自分の好きな人の麻雀」が


誰かに喜ばれること。


「〇〇さんは、本当にいい麻雀を打つね。」と


なんて仲間の麻雀を褒められた日には、嬉しくて


歌いだしてしまう、まである。


そんなこと言ってくれたその人のこと大好きなっちゃう。


逆に何にも知らない他人に


仲間を中傷されると、心の底から気分が悪くなる。


おまえらにそんなこと言われたくねえよ!


無責任なことばっか言ってんじゃねえよ!


そこまでいうなら責任取れよ!


と、心の奥底で、こっそりこんちくしょう、と思う。


(攻撃はしないけど)


ともあれ、


それでも、リーグ戦にでてみようと、おもった理由は


何よりも仲間の麻雀を観たかったからだ。


毎週毎週、サークルに参加してくれているみんなの


ここいちばんの打牌を見たい。


日ごろのつかさ会が練習であるなら、


本番はどこだろう、いつだろう、とおもっていた。


サークルのなかでそれが開催できることを


夢見ていたけれど、いかんせんみな目的が違うのだから


そうそう私の思い通りにはならない。


だから、いろいろな大会にみんなと出たいと思った。


言い訳の効かない甘えのない対局のなかで


みながどのように戦うのか、知りたかった。


結果ではなく、内容。


でも、内容があれば、結果はそれなりにまとまる。


必死で打った結果に包まれた敗北感。


そういうものを味わって必ず人は成長する。


そして、それは自分に対しても同じこと。


誰かの勉強とか、そういう建前のない真剣勝負。


そういうごまかしのできないところに


自分を追い込んでみたい、とも思っていた。


なんとなくだらだらしている


だらだらと続いているサークルと自分と麻雀の関係に


良くも悪くも、風穴を開けたかった。


 一人で打つ麻雀が本当なのか?


仲間と打つ麻雀が本当なのか?


本当のところはどうなのか?


自分の麻雀への想いを他人にあずけているんじゃないか?


 


そういうことを確認したかったのかもしれない。


自分自身もこれまでに自分が謳ってきた麻雀に


矛盾しないように打たなければならない。 


参加した地点で、それはこれまで中途半端だった私にとって、


後には引けない戦いなのかもしれない。


:::::::::::::::::::::::::::


 


 http://wing6877.blog.so-net.ne.jp/


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。