So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

たどり着けない景色 [TSUKASA会]



どこにも届かないオーラス。


どうすればよいのか、


目的もみつからない。


けれど、そういう時こそ


真価が問われる。


驕らず、ウマぶらず、真摯に自分の麻雀を打つ。


「尊敬されたい」とか、


「恥をかきなくない」とか


そういう薄っぺらい「欲」に負けない


清廉潔白とした姿勢。


自分が「そうではない」ことを


自分でよくわかっているからこそ、


それをいつもいつも心がけていなければならない。


重ねた時間が長ければ長いほど


得体の知れない自己顕示欲がアタマを擡げる。

:::::::

賭け麻雀で、麻雀を覚えた自分は、何年経っても


何十年経っても、その毒が抜けることはない。


なら、どうするか?


ひろりん師匠はわたしに、ことあるごとに


言っていた、言われ続けてきた


「あなたは、いつもデカウーピンで打っている


つもりで、打ちなさい。」



賭かっていないこと。を理由に


きっと甘えるであろう自分に対しての


とても厳しい言葉。


:::


南4局


西家


時間制限のある対局で


現在の局とあと一局。


1発裏なし。和了止めなし。


30,000点以上+加点と、素点に価値のあるルール。


東家 34,500点


南家 34,400点


西家 17,900点(わたくし)


北家 33,200点


南家と西家は仕掛けている。


9巡目


ドラの⑥は場に2枚。


わたしに


チートイツの北待ちのテンパイが入る。


1,600点


リーチをかけて、3,200点。


他家に直撃しても、30,000点以下に


落とすこともかなわず、


本当にどこにも届かないテンパイだ。


素点の価値しかない。


このテンパイ。


どうしたものか・・。


納得のオーラスには、とてもたどり着けそうにないテンパイだ。







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。