So-net無料ブログ作成

最上位クラスの麻雀。 [TSUKASA会]


まぁじゃんよつばさまで、


某Mリーガーと同卓させていただき


昔の対局を思い出しました。


きっと、みんな色々な場所から、


それぞれの想いを持って


同じ頂きを目指して歩を重ねているのだと。


そんな感覚にとらわれました。


Mリーガーの笑顔とY氏の笑顔が重なり


胸が苦しくなります。


牌を信じて和了を目指す。


あらゆる手段をこうじて、バランス良く。


麻雀を通して伝わってくる想い。


もう8年前の対局になります。


再録となります。



Yさんとの対局。


私もにしぐたんも、全神経と持てる力を総動員して、臨む。


丁寧に局を重ね、頭がひっくりかえるくらい工夫をする。


そして、器用に捌き、にしぐたんの親番を残すのみの、オーラスとなる。


Y氏との差は、45000点。 役満直撃以外、変わらない。


Y氏の、手の内から、北が二枚続けて出て、そのあと、手出し⑤。


チートイではない。


三色くずれ、というよりは、親の連チャン期待の牌の溜め込みだとしか思えなかった。


Y氏が無意味な和了をするとは、考えられない。


この局、見に回ると考えてよいだろう。 そう思い、にしぐたんとの一騎打ち。


にしぐたんとは、57000点差。 1.2局は、突っ込める。


ドラのカン3で、リーチ。


にしぐたんは、18000、リーチ。


二三三四四②③④23466 お互い、Y氏のことは、もう気にしていなかった。


結果、私の待ちである「かん3ソウ」が打たれ終局。


Y氏が、ことりと、リーチですか? と、私に、問いかける。


「ええ、親に、1.2回ささっても大丈夫なので・・・。」 と、答える私。


「危険ですよ。いやいや、リーチが悪いということではなく・・・」


Y氏は、静かに、手を開く。 国士さんである。


唯一の逆転の条件、役満直撃を整えていた。


全然、気がつかない。


というか、安全牌の北より、後に危険牌の⑤や⑦を切るなど、ありえない。


けれど、その決死の切り順が、国士無双を煙幕に包む。


「まあ、テンパイ止まりじゃ意味がない」 そう、韜晦して、笑うY氏。


「いや、国士に気づかないこと、そこが問題です。」 と、返す私。


気がつかなかったことは、無理もないんだよ、とフォローをしてくださるY氏。


完敗だ。最後の最後にやっちゃった。 気づかずに、リーチにゆき、気づかずに和了できた。


ただ、たまたまY氏こ国士無双の発が、先にいなかっただけである。


和了されなかっただけである。 私のレベルが低いから、とれたトップだ。


私は、点棒ばかりに気にとられ、


麻雀の本質である相手を見抜くという大切なことを おろそかにしていた。


点棒に意味はない。相手を推察しない麻雀に意味はない。


また、怖いものを知らない麻雀も無意味だ。


はずかしい思いと共に、私は、師匠であるひろりんの麻雀を思い出していた。


あの人も、本当に毎回わくわくさせてくれた。


想像を大きな麻雀。牌の奇跡。


ここ数年で、一番よく打てたと感じていた対局が、一番恥ずかしい対局となる。


昔なら、気づいていた。 自分の不甲斐なさを、ひろりんに申し訳なく思う。


にしぐたんと、反省会をする。 「いやー、たのしかったですねえ」 と、


こぼし、コーラをぐいっとやる、にしぐたん。


わずか一局ではあったが、本当に久しぶりにドキドキした。


また、本当に、これほどの力の差を感じたことは久しぶりである。 世の中は広い。




yjimage5.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。