So-net無料ブログ作成

奇跡な魔法もあるのかな? [閑話休題]

 私のカードが一枚、彼のかごに入る。


その次の半荘もいきなり軽い手が入った。


調子のよい日というのはこんなものである。


もっとも「調子がよいという思いこみ込みが


事の運びを楽にしているということもあるのだろうけれど。


軽いけれど12000点はある。


三四六七②③④⑥⑦⑧⑧発


ドラ⑧


場に1枚飛んでいる発を打ちだしてリーチ。


16000点にする。


下家の彼が、私のリーチ宣言牌を鳴いた。


そして、ちょっと私のリーチにはきつい牌を切る。


なにか根拠があるのかな?


ドラの⑧は2枚私のところにあるし、赤も2枚知れているし・・・


一発消し?


そんな無粋なマネを彼は選択しない。


なんだか、薄気味が悪い。


そのあとも、彼は今までとは違い強い牌を切る。


そして、カン八ワンをツモリ、500,1000で、私のリーチを捌いた。


私にとってものすごく感触の悪い和了。


八を食い取られた形になっていることもその理由だろうけれど、


なんというか、そう、「嫌な予感」というヤツだ。


その次局、彼は追っかけリーチでカン3ソウを一発でツモり、裏をのせて4000オール。


その半荘、彼はトップとなる。


その次の半荘、彼は浮きの2着。


その次の半荘も彼のトップ。


めだつ和了はないものの着実に連帯してきている。


かわりに私がじり貧となる。


結果、彼はほとんどの負債を目立たず取り返していた。


対局後、彼は私にカードを返す。


「どうして、カード、借りたの?何の意味があるの?」


私から、カードを借りた理由を訊ねずにはいられない。


彼の、答えは以下のとおりだ。


博打は、ついている人間の持ち物を借りると、ツキをわけてもらえる。


だから一番ついていた人間(私)のカードを借りた。


これは、博打の常識だ、と。


そんなバカな?


そう思ったけれど、そうだ、と言える理由が存在しないのと同様に、


そうではない、と言える理由も存在しない。


そんな魔法みたいなハナシがあるものだろうか?


けれど、彼の奇跡的な麻雀の成績を考えると「もしかして?」と思ってしまう。


その後、彼がついていて、私がじり貧の日があった。


彼に


「カードを貸してくれ」


と頼んだところ、


「絶対嫌です。」


と、鬼のような顔で、断られた。


世の中は、世知辛いことこの上ない。


私は「人生の厳しさ」をも合わせて彼に教えてもらった。


 


 


 


ランキングに参加。クリック!クリック!

<→
麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。